東方やる夫スレ纏め&胡蝶のやる夫

やる夫スレで東方のキャラがメインで活躍している話をまとめるブログです。(東方以外もまとめる事になりました。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示

01123456789101112131415161718192021222324252627282903

やる夫は無限のソウルのようです 目次


1◆GV1zPRS/Lk:2009/08/14(金) 07:29:30 ID:9WTCwKJs

          ________         ,、
        |||||r' ̄ ̄ ̄`〉//     _,ノソ!,-,
        ||||      ///  /l .,ノ〃ソ/< ___ _
        |||     ///  | ;, 7 / ,〃,,,,,,, 、、 、.,,, ヽ、
        |!     ///  -‐',, <  ,,;;_,,- ─ - '''、,,,ヵ;;;;;;,ヾ.、
            ///  〉!  ,,;;;〃'        L._''';;;;;;;;,,ヽ
             ///  _7?,,;'/            ~ ヾヽ,;;,;ヘ
              ///  !/ 7 /'                     ヽ ;;;;,ヘ
   ___      .///.. _  <_,/. _        , ─ 、v´ヽ    ._y;;;;;ヘ  _     [ PRESS_START_BUTTON ]
   !-//    ○//.. │|..|   │|      ," ,-‐-、ヾr'.  ..│|;;;;;;ヘ │|
    //    .「|,/   .|│||  |.│|      .l l   l l    │|;;;;;;;;| │|
.   /ム,l     .|_|    」_| |l、 .|| 」_|      ヽ ヽ- ",ノ    」_|;;;;;;;;} .」_|
   ̄ ̄   ///        ヾ ,||           ̄ ̄      〃;;;;;l
.       //〈_________,ll|||、                      〃;;;;;/
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ、                   /;;;;;/
                   \ヾゝ、-、_       _, -‐"''_/
                    `‐-、_ ` ‐ - ‐ " _,,-‐ "
                          ゙̄ ‐──‐"


原作はコーエーより発売されたフリーシナリオRPG
ジルオール』(PS/PS2/PSP)です
やる夫板からの移転にあたり、一部修正して最初から再投下します


※ スタート地点はPS2版から追加された「始まりの地」ですが、
   他のルートが絡んだり、シナリオ進行を大幅に変更する場合があります
※ 没イベント・没ルートを元にした展開もあるかも……
※ 登場キャラクターの多いゲームなので、出てこない人が
   いたり立ち位置変わってたりしますが御容赦ください




※管理人よりお知らせ
こちらの作品はエター作品です。
完結していませんので閲覧の際はご注意下さい。


まとめ終了(エター)

第1話「自由なる冒険者たち」
第2話「猫屋敷の賢者様」
第3話「どろぼうクマーの惑星」
第4話「黄金色に輝く畑」
第5話「ノーブル伯就任」
第6話「ロストール人形探し」
第7話「リベルダムの時計塔」
第8話「激闘! ドラゴンゾンビ」
第9話「砂漠にビーズを落としたと少女は泣いた」
第10話「死者の代弁者」
第11話「天動地鳴」
第12話「城塞都市の怪異」+嘘予告
第2章1話「ディンガルの新皇帝」
第2章2話「闇の神器」
第2章3話「永遠の乙女」
第2章4話「ロストールの休日」
第2章5話「ノブレス・オブリージュ」+番外編
第2章6話「心をなくすもの」
第2章7話「ロセン陥落」
第3章1話「あなたの魂に安らぎあれ」
第3章2話「色惑の瞳」
第3章3話「大地の巫女」前編
Intermission「闇落ち」
第3章3話「大地の巫女」後編
Intermission2「歴史に現れた無限のソウルたち」
番外編「続・ナナリーのアルノートゥン日記」
第3章4話「禁断の聖杯を求めて」+短篇2本
第3章5話「過ぎにし薔薇はただ名のみ」
第3章6話「Fly Me to the Moon」
第3章7話「運命神の微笑」
第4章1話「エンシャントの罠」
第4章2話「アキュリュースの守護者」+嘘予告
第4章3話「久しき邂逅」
第4章4話「スノウ・ホワイト」
第4章5話「一方通行な人々」
第4章6話「毒の果実」
第4章7話「青い死神」
第4章番外編「クマクマ団と虹の山脈の冒険」
第5章1話「ココロノヤミ」
第5章2話「いざなうもの」
第5章3話「白虎軍の進撃」+埋めネタ
第5章4話「人魚の耳飾り」
第5章5話「かめくん」
第5章6話「人形つかい」
第5章7話「語り手の事情」
第5章8話「Wish You Were Here」+intermission
第6章1話「光の王女」
第6章2話「魂吸いの指輪」
第6章3話「勇者たるもの」
第6章4話「縛る女」
第6章5話「解かれた封印」
第6章6話「殺戮に至る病」前篇
第6章7話「殺戮に至る病」後篇
第6章8話「まだ人間じゃない」(最終)


主な登場キャラ(東方)
メイン:チルノ
ゲスト:博麗霊夢・上白沢慧音・アリス・マーガトロイド・十六夜咲夜




中古PSPソフトZill O’ll~infinite~Plus

チルノと仮想現実

345円

やる夫は無限のソウルのようです 第6章8話「まだ人間じゃない」(最終)


191◆G8TAIIz1OE:2012/05/08(火) 00:26:03 ID:hwCBiMhA0


┏───────────────┓
│  第6章第8話 まだ人間じゃない  │
┗───────────────┛


          「 空中庭園の惨劇から一夜明けた、神聖歴1203年2月5日未明。

            ロストールから遠く離れた、ウルカーンの断崖では…… 」




                        |
                   j_ 人l、
               j、ノ¨{⌒}|
                 /^'| ̄ト=イト、j、
              /{ニ7丁 ̄入仁!
             ト}人{⌒}TT{⌒}j个:、
            rイΛ:八_ノl冂lゝノ:{::!:{Λ
              /:/':/:::丿/て(工{:ヾ\::`ヽ、
....._         /ノ::´ノ/:ノ:丿}`つ):ハヾ`ヽ、_\- ‐- ...___
:. :..` ⌒ヽ..._::_''´ ''"´`⌒:⌒゙ ''= ‐-((,,..=''⌒::⌒ ´ ゙̄''::ー - 、... _ ̄
、 :: :: :. :. .゙:. : ..`⌒::ー ‐ ‐- - -=ニ´ -‐_,,.. -‐ = ニ '':: ー- 、... __ ⌒
: `::ー =ニ..⌒ ‐、_::- -..ニ ⌒゙''::ー =、::'' ⌒:)`ヽ -ー ''"  ̄..⌒゙ ヽ、_ __
::.::.::.:.. :: : ヽ ‐:、 )...,. -=、':⌒ー:、く(´ ::.  ' .... )::ニ ⌒ヽ_,,. - ‐‐::‐-
.:''⌒丶、 ::_ ,,...、ー 、' .:  :.‐=、 .....`ヾ、.... .: .:`⌒::ー 、´      _ ..... __
::.:.:.:. : : ',_ :.:. ` 、 `ヽ   ,. ':´ '`ヽ'´:. :`ヽ   :  '; .._´`:⌒´__....... _ `
`:, ::.:. : .  丶. _ : ; .: .: .: . :   : :. :' ⌒、ヽ':´::.‐ =‐‐ - 、丶. "´ .: .:: :: __....
::. 丶; :.:. : .   ´ 丶ー- 、 ー 、.. -‐:: =、( く .: .:. _ ... __ : : 丶 ``丶='´ _,,...
::.:.  ゙:, :.:.:. :. : . . .. .. `丶 `丶..__ :`丶).:'´ : , :' ⌒ ヽ :.   , .::''´ . : : : .. ..
  ::,,..=、':ー:、.. ::.:.:. :. .. .    ... :: .. .:丶  ⌒:."´.:,.. =  ..:.:`'' ‐ -.. .:.: .:: ___r、――‐
::.  ::.:.:.:ヽ;._ `ヽ―--、__ '"´:::.:: . // .: .:  .:.:.´    ::.: __,. ―ァ'´ ̄|   \゙r―――‐
::.:.  ::.:. .. `":..._`丶、.._  ̄'¬‐--'′.:.: .::   :: ,. -_ァ''´ /  r'――‐| ̄ ̄ ̄!
:::.:.:.:..:...::.:. :..  ::. `´  ::`...: .: :.:`丶.: .:._,,. ‐''フ'"´r''――l´ ̄ ̄|


192◆G8TAIIz1OE:2012/05/08(火) 00:27:04 ID:hwCBiMhA0

       ____
     /     \
   /::::::::::::::::    \ _
  /::::::::::::::::       || |
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ      あ、いや、そういうわけじゃないけど、
  \::::::::::::::::       | ー ノ      ちょっと色々、思い出したんだお。
   | :::::::::::::::    | i j
   |  :::::::::::::    ゝ__/        言葉様が無事ならいいんだお、
  (__(__   ヽ         それじゃあ、また。
  /  ,_/  ___ノ
  `ー'  `ー'




                                 ______
                               /            \
                              /            \
                            /               \
         ______  ピッ       /                 \
        i"||  = o   |          /                      \     ……空中庭園の事件の流れ、
        | :|| | ̄ ̄ ̄| |         |                         |      前回と、変わってるお。
        | :|| |      | |         |                         |
        | :|| |      | |          \                        /
        | :|| |_____| |           \                    /
        !、|l、__j──‐j_,j            〉,_,r-‐──
       i ̄`)_) ̄ ̄ )_)         /⌒ヽ、
       | i´ " ̄ ̄ ゛|          ,イ´     ゛\
       | | El( (r'⌒ヽ、        {     `ヽ、 `ヽ


やる夫は無限のソウルのようです 第6章7話「殺戮に至る病」後篇


102◆G8TAIIz1OE:2012/02/05(日) 22:00:17 ID:oe84wIqY


=================================================


              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、 _:::::\::::\:::::',       ( 飛び抜けた才は無くても、純真で明るかった従兄。
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>        血筋の重圧と、心ない周囲の目が、
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>        彼の心を卑屈に歪めてしまった )
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



  '. l    \ ト   \! \  /'ゝトV/   /    | !
   '. l! 、   ヽlL!    ヽ      _ィ /イ  , '    ∧{
   } ハ ヽ 、 : ハ           /  /:   /\
   |′ハ ヽ. ヽ:.:ハ    '       /_ ィ´. : :   /               レナ
       ヽ \ \:ヽ    '`   /'´  /: :イ:   /           ( 彼が私を、他の貴族たちとおなじように
       ハ トト、`: :` - ..___...、  // /: ./ ,′
       ハ | .} . : : : :|: / |/  '. !' /. : :  {              打算と欲望の目で見るようになってしまったのは、
        }! .l . : : : ム' ── - ' ´ {: : : : : l
          l . : : :〃         l : : ハ: :!              いつからだったろう。 )
           jイ: :/,′           l: : :l ヽ:}
          ' // j . . :       ハ: : |  \
          |' , .:. :    ,..   ノ ヽ: !    '.
          /     /        ヽ{   '.

=================================================


103◆G8TAIIz1OE:2012/02/05(日) 22:00:35 ID:oe84wIqY

=================================================


             _,..―=―=..、__
          ...ィ7'´|//ヽ|/.`ヽ ーー、_
            //  // //    /|/`ヽ
       /// /ノ/ /     /ヽ|/ |/ヽ
      //  // // // /|// /|/ // .l  ヘ
      .// /// / /|/.// /// /|/ // .lヽ .ヽ
     llノ//|. / / // // // /|/|/ | } l ヘハ
      {/ /// / /|/N/  / .// /|/ // .l lヽ .ハ
     ',lノ//|. //  // // // /|/|/ |  } l ヘハ      ( 子供の頃から、控えめに好意を寄せてくれた従兄。
      ',l`ヽ// /ノ/ / / . _,,,≠-‐N/.l |ヽ ./
      ',N,r、///ーtュテ、/// / ,-‐tュチ|/|//} |/            レナ
       ',l{ ハヘ' ` ¨´|/´ i´  ` ¨´/|//l/          でも、私が政敵の娘である以上、その立場を超えて
        ハ、_ハ\       |        /l/
         >、 ヘ,         | ,      /ノ 、          想いを告げてくれることは、決してない。 )
      / ',lヘ|'\.               イl/'  \
      /    .',l/l,. \.  ´ ̄`   /|/リ   ∧
    /       ',.}  ',, \     イ  .} }     ∧_
, r '´/        .',   .',,  `ー‐'     lヽノ     ∧`''ヽ
  /          ',   ',        / /       ∧   `'''ー-、
 ./             ',    ',         l          ∧     ハ




    ヽ! ヽ ヽ.    \\                  /   /    /
       ヽ  \     \ '、                /  /    j/
          \  ` 、   \       !:.       /_ . イ:.:..     八
          \ 〃 ` ー-.:ヘ.      ‐-       ,.イ/:.:.: /: 〃/          ( そう理解かってしまったのは、
             /   .:.:.:.:.:.:.ヽ、             / /:.:.:.:./: /: /
.           ,′   .:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.|.:l:┌-  . _ ,. '′ ':.:.:. /: /jノ¨ 'フ フ'" ̄ ̄      いつだっただろう。)
          l   |:.:.:.:.|:.:.:.::.:.:.:レ'"´_」レ'::.::.::.:ヽ.   |:.:.:./: /::.::.:://′
          |   .:|:.:.:.:.|:.:.:.:/rf'"´.::.::.::.::.::/ }  |:.:./!:.:/::.::///
          | l  .::|:.:.:.:.|:/ |::.| |::.::.::.::.::.::.:{ . -- 、|:./ jノ:://.::/
          り! .:.j:.:.:.:/l   |::.| |::.::.::.::.::.::.:{==== l/::.:://.::.:ノ
===============================================


やる夫は無限のソウルのようです 第6章6話「殺戮に至る病」前篇

※管理人よりお知らせ
今回の投下分に東方のキャラは登場しません。



7◆G8TAIIz1OE:2011/11/06(日) 21:41:32 ID:g7xRaAeA


                   _,,,...----..,_
                   ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
                  /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
               /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
              <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
              Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
                `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′       ( 物心ついて間もなく、親父は死んだ。
                  !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/
               _r<   ヽ    - / '′           病死? まさか、そんなわけない。
               /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/               毒を盛られて、殺された。
             f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、
             /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i                 殺ったのは、親父の弟。 )
            i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l
            /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l
           i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l
         .  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!
           l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;r'i;:::::::ヽ:::::`!
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!;;!::::::::::ヽ::::l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!';;:::::::::::::ヽ:l





   |:::::|:::::|l::::::ハ   、        !:::::::::::|::::::::|
   |:::::|:::::|:!::::::λ    、_,, ィ   .|:::::::::::|::::::::|
   |:::::|:::::|:ヽ:::::::>、   ヾ__ノ  ,/!::::::::::|:::::::::|
   |:::::|:::::|ヽヽ:::::ヽ::::> 、___, ‐''"""|::::::::::|:::::::::::!
   |:::::|:::::|. ヽヽ、:r '''''ヽく___, -─.|:::::::::イ、____!:i
.   !::::|::::::!  /::/ ´ ̄`(__(─=-|:::::::::|ミ::::/:::`ヽ、
.   |::::|::::::| ノ‐'ヽ__,ニ=7 l `ヽ.、_ |::::::::|ミ::/::::::::::::::ヽ         『 そう、彼は公爵の地位目当てに実の兄を殺し。
.   |:::::!::::::!∥ ./ 〃/  |  ヽ`ヽ.|::::::/ミ/:::::::::::::::::::ヽ
    !:::::!::::::!! ./ 〃/   |  ! ヽ  !:::/ミ:!:::::::::::::::::::::::::ヽ         幼い貴方を田舎領主に封じたのです。 』
.   ヽ::::l::::::レ  / /   |   !. ヽ l::l ミ:{::::::::::::::::::::::::::/
    l:::l:::::|.  / .∥---- |  i. ヽ ゞ":::ゝ::::::::::::::::::::ノ
     !::ト:::|. ∥ ∥:::::::::::::::!  i.  ヽ::::::::::/7:::::::::::;;::::ヽ
.     !:!ヽ|/{__,ノ:::::::::::::::::::!  .! ,ノ::::::/ ゞ"='"-‐i''"
     ! }!  ヽ::::::::::::::::::::::ゝ--'::::::::く_.   /   ヽ
      / !,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、/     ヽ


8◆G8TAIIz1OE:2011/11/06(日) 21:42:00 ID:g7xRaAeA


                 {:イ:/:八/:.∧:.:∨:./:./:.:.:. |:.!
                 |:.:.//:.:.:|乂:ハ:.:|ハ/:.:.}:. i:l八__
                   V:.{:.:. ∀rtァミ}、:.|、:.:W:.从:.:{ ドミ
                  ヾ_マヾ!¨’   V }イ:./  V|ア }:| `丶
          .r ,         ゝ 、 _,、  ./ |/   / | |.   ゙ト、
         / /'1          アヾ’  ム     /  .|/    :|  丶
       ./ / /          「   `T´  {ヽ /   {    |   \    ヽ;,、
       / / /          .}     }⌒ドミ、_ム>、 !     |     ,,-――)ノ――-,,,、
        リ  /|> 'つ       |    > |ミ!//マ   7   ___/   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       〈  “´,ィ彡,      r┤   「  | }///   .′ <    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      }  </ /      |     、}  | |77{    ′   .`7 ,;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽヽ
      |   /!         f     ',  .| |//.l   .      /;;;;イ;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;ヽ
      |  、 ヽリ       /       八 .| |//,l  ′   /  /;;/!;;;;;;;/;;;;;|;;;;;;;;;,|;;;;l;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;ハ
        .}     }、     _/     /  ',|、!//,|  .′ ./  |;/ |;;;;;;;l;;;;;;;l;;;;;;;;ハ;;;;|;;;;;;;;;ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ハ   ./| L_  f /        二X }///| ′ ./  ヽ|' |;;;;;;;l;;;;;/!;;;;ム_ヾト、;;;;;;!_x;;;;;;l;;;;;;;;l;;;|;;|
      ヾ)  /,イ | `ヾ{       f´ / }V!///,V  , イ    ‘ー|;;;;;;l;;;;λ|;;jrャz,、     ,rャェ、ヾト、;;;;l;;;?
                                 .       l;;;j'l;;;j_ム∨ト苅     ト苅` リ,ヾ;l∨
                                       ヾ!ヾ;;`ハ ´  ̄   ,l     ̄ ` !ン|リ
                                        ヽ ヾ|. ヽ    `   u  /"´ノ
     ( 叔父は、息子の月にエリエナイ公を継がせた。           ヽ、 ´ `   ,イ
       アイツ                                    イjフ > - < |`ヽ
        月は、俺の地位を横取りした。                 , イ レ'      `i  \
                                 .          //  |         |   ヽ\
       なのに、誰も異を唱えないどころか、            ,.イ   ト、 ‐-   -‐ ,|   ヽ >-、
       あいつと比較されて、出来が悪いと馬鹿にされる。 )   \ ト、二ニ二ニ=ニニ| ,へ、\  \
                                            ,/>| ヽ    j  K´|   ̄`   ,j|
                                    | l {    〈,  | ヾ   ,j'  | \     l , /|
                                    ! ヽ j     l,o |   j  /   | o |   |! j! / |
                                   |!    |     | |     !'   |  j    i '   |


やる夫は無限のソウルのようです 第6章5話「解かれた封印」


849◆G8TAIIz1OE:2011/08/28(日) 20:58:26 ID:VH3aLGQc


┏──────────────┓
│  第6章第5話 解かれた封印  │
┗──────────────┛


              、__,              ..,,, -‐―=ヘ
        γニ二 ヽ{i:{`Yフーrrrrェヘ,,,.,.,.,..-.‐'"´rしヘゝィ´ー=ゝ、
       (( i==ミヽムYノ:.:.:/i:i:i:/ .:.::.:.:.:.:.: κ;ノ=ミ三ニ=:.:.:.:.:乙}
      /ヽヽ〉}く;ノ:.:.:.:/i:i:i:/:.:.:.:.:.:. r=ミ乂    \三ニ=:.:.て}}
.      / /}ゝirヘ}:.:.:.:.:/i:i:i:/:.:.:.:.:_彡′   ヽ    \ニ=-:.:{ゞ}
     ,   i}i川i}マ{:.:.:.:/i:i:i:/:.:._!う‐'       l      ?{:.:.てノ
      |i  /ヽイ仁ゝ:./i:i:i:/:.:.:}ノ// /   l   l      V:.:.:う}
      |i i斗l |(? 〈i:i:i:i:〔λフ// / /  '   '  / ,  'Yく:ソ
      |i l リ |〈ゝ:.:.{i:i:i:i:{:.〔〉 l十;- l 、/ / ′ / ,  , };ノ
      |i l  l |{κ:.:.}i:i:i:i|〈) j,l_l,,,l-/ / // / / / / / / ′
      |i l  l | ゙廴刈i:i:i:lリイf斧抃ミ癶// / /丁7'/ / /
      |i l 〈_j}ヽて)《薔》ミ代zツメ   `´ ´f斧ヽイ / /         あなたが、あくまで私に生きろというのならば。
      |i |  |  `ミ癶!刈{ム`¨¨´     {じ;メムイ'//
      |i |  |   ゞミヽヽ\ヽ      ' `¨ 从;|j/          永久に、永劫に 私とともに在ってくれるのですか?
      |i |  | ‐=彡'_l'"\ヽヽー=ミ ‐ ‐   イi:川
      |i |  |    }:.:.:.:ー:\ヽ Y j、_  イ〈i{ノ i |
      |i |  |   ノゝ=-ゞ'"´:`ヽ 》i:i:i:i:i:〉 ヽミ从
      |i |  | /´:.:.:.:.:.ノ:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:マi:i:i:/}  ?ヽ`ミY
      |i |  l |:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:マ:〈从   } 川j
      |i |  | }:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V≦フ__j_ノ_ノ
      |i |  | |:.:.:.:.:.:./:.{:.:.:.:.:.:.:.:-=ニ二:Vニ厂二ニ=i}


850◆G8TAIIz1OE:2011/08/28(日) 20:59:19 ID:VH3aLGQc


            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',          それは、出来ないお。
     l     \          /    .l          やる夫には、まだやることがある。
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./          それに、やる夫も、いつかは死ぬ人間。
     / \      l   人   l    /\          ここに残ったとしても、問題の先送りにしかならないお。
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ




                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ        そう、でしたね。
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !|ト!、| |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、|ヽ! | /:||\ i   イ  /  .′ !::::\         ……すみません。
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  | rzぇ::zrゝ 乂::ノ / 'ヽ /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  │ 夊f_少'   /レ')/ゝ/) イ  /  イ:| |:|⌒)::::)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |           ィzテ7/ ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ            v夕 /レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        . j   ∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     - 、    イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/


やる夫は無限のソウルのようです 第6章4話「縛る女」


739◆G8TAIIz1OE:2011/08/14(日) 21:29:04 ID:KWjZMhiM
┏───────────┓
│  第6章第4話 縛る女  │
┗───────────┛



            「 春まだ遠き、神聖歴1203年2月。

             でっていうと別れ、新しい仲間を迎えて賑やかさを増した
             やる夫たち一行は、ウルカーンへと辿り着いた 」



                        |
                   j_ 人l、
               j、ノ¨{⌒}|
                 /^'| ̄ト=イト、j、
              /{ニ7丁 ̄入仁!
             ト}人{⌒}TT{⌒}j个:、
            rイΛ:八_ノl冂lゝノ:{::!:{Λ
              /:/':/:::丿/て(工{:ヾ\::`ヽ、
....._         /ノ::´ノ/:ノ:丿}`つ):ハヾ`ヽ、_\- ‐- ...___
:. :..` ⌒ヽ..._::_''´ ''"´`⌒:⌒゙ ''= ‐-((,,..=''⌒::⌒ ´ ゙̄''::ー - 、... _ ̄
、 :: :: :. :. .゙:. : ..`⌒::ー ‐ ‐- - -=ニ´ -‐_,,.. -‐ = ニ '':: ー- 、... __ ⌒
: `::ー =ニ..⌒ ‐、_::- -..ニ ⌒゙''::ー =、::'' ⌒:)`ヽ -ー ''"  ̄..⌒゙ ヽ、_ __
::.::.::.:.. :: : ヽ ‐:、 )...,. -=、':⌒ー:、く(´ ::.  ' .... )::ニ ⌒ヽ_,,. - ‐‐::‐-
.:''⌒丶、 ::_ ,,...、ー 、' .:  :.‐=、 .....`ヾ、.... .: .:`⌒::ー 、´      _ ..... __
::.:.:.:. : : ',_ :.:. ` 、 `ヽ   ,. ':´ '`ヽ'´:. :`ヽ   :  '; .._´`:⌒´__....... _ `
`:, ::.:. : .  丶. _ : ; .: .: .: . :   : :. :' ⌒、ヽ':´::.‐ =‐‐ - 、丶. "´ .: .:: :: __....
::. 丶; :.:. : .   ´ 丶ー- 、 ー 、.. -‐:: =、( く .: .:. _ ... __ : : 丶 ``丶='´ _,,...
::.:.  ゙:, :.:.:. :. : . . .. .. `丶 `丶..__ :`丶).:'´ : , :' ⌒ ヽ :.   , .::''´ . : : : .. ..
  ::,,..=、':ー:、.. ::.:.:. :. .. .    ... :: .. .:丶  ⌒:."´.:,.. =  ..:.:`'' ‐ -.. .:.: .:: ___r、――‐
::.  ::.:.:.:ヽ;._ `ヽ―--、__ '"´:::.:: . // .: .:  .:.:.´    ::.: __,. ―ァ'´ ̄|   \゙r―――‐
::.:.  ::.:. .. `":..._`丶、.._  ̄'¬‐--'′.:.: .::   :: ,. -_ァ''´ /  r'――‐| ̄ ̄ ̄!
:::.:.:.:..:...::.:. :..  ::. `´  ::`...: .: :.:`丶.: .:._,,. ‐''フ'"´r''――l´ ̄ ̄|


740◆G8TAIIz1OE:2011/08/14(日) 21:29:30 ID:KWjZMhiM


                      _ _ __ _
                 ,.  '"´       ``ヽ
              ,.  '´              ``ヽ
            / /  //   /   / ハVハ     ヽ
           /  /    l l  l   / !ミミV彡! l  l ヽ
             /  / ! !  l l  l  /  !   l /  l  l  l
          l  / ! ! __」_l /l / l .!   l_/L__/  l  l
          l: /l  ! !   Nメ、l/  |ヽ|<__l/ l /   l  /      で、なんでわざわざウルカーンなんかに?
          l/! ヽ ヽ  l: :::〒 \|  〒:::</ l  /l. /
           !/\\\|辷ソ      l:.:.:.:.ノノ l / く/       こんな辺境、来たってなんにもないだろ。
                l/  \\|   '       ̄   l/ l
                 ',   マ ̄ ̄ノ    __ ノ
                  ヽ、  ` ー‐'   / l/
                   `丶、 ___,. '´  L
                    r-ィ´l    ,. -‐┘l
                __,. ィ´/  /  rく     L
            ,. '´    /  ∠__ノ  l    / `ヽ
           /      /__ l/___7    l , ィ´     \





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)               うわ、いきなり根本から否定しやがった。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }               なんにもないは言い過ぎだろ、
.  ヽ        }                立派な温泉も、精霊神殿だってあるしさ。
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


やる夫は無限のソウルのようです 第6章3話「勇者たるもの」


663◆G8TAIIz1OE:2011/06/27(月) 21:58:21 ID:c2giLB8w


               (  それがいつのことで、彼が誰であったのか。 )



  ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
  ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
  三三三二ニ=-―   ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨   ―-=ニ二三三三
                      彡'}〉 ヾ!     ヾ    イリ人ヾ
                      ノイ`r 、   丶    /父!ヾ
                       イノソ´l!ヽ. ‐ -  .イノ} ト、!ー-- 、
 ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`',   _/´  乂|ヾ{ >- ´ j! |リ `   ,/\
 ! 皇女エスリンの息子? l r' ´ ,       |  \    ノ   !   /  ヽ
 \               / / ヽ l       }  /´}  /、   |  /     }
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,'  ‘,     レへノl`´{ \ |  !      |
                 |    !        〈{ }〉   `¨ l、  ノ _ヽ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`',
                  j    ヾ      ヾ jY      ヽ  /  `! そうか、お前も… l
                  /   ヾ }        l |         }/ ,-‐'´ ̄\            /
               _ノ      `|          l }   _.   -┴='´ ̄`    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ,|`ヽ、   {       _, -‐''¨´               ‘,
               〈_   `=='}  _, - ´        ___         }
                  `lー‐- 、___ノ' ´     /!"¨´ ̄ /   ̄`ヾー―=='
               ノ   / //   _  - ''´ | {    /        }
  三三三二ニ=―-   _____               ______    -―=ニ二三三三
  ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
  ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二


664◆G8TAIIz1OE:2011/06/27(月) 21:58:43 ID:c2giLB8w




                ( 今となっては思い出すことさえできない。

                  まるで、明け方の夢のように。 )



  ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
  ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
  三三三二ニ=-―   ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨   ―-=ニ二三三三

        /    λ( |,リ jソ'     / ,.イ :! j| |    ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`',
       ∠ ィ      \リ| /     ノ'´ |!|j j'リ     !  ……が消えても、 l
       / , i  l  i、|ヘ         _Y|/       !  忘れられても。.  l
      イイ /! j' i ト、 |  \     ‐=,‐'´ jノ       \             /
  '' ̄ ̄ /!´ /ノ!/lノ ヾ     > _/´             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |  '´ リ  \   ノ リ\从
       |      /⌒ヽ,´{ヽ ,.-<j\_                ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`',
       |     ノ\ O | ,- |( \!ヽ、 ̄`ヽ             !  この世界に     l
       ヽ=- ''´   \ |  }ノ ノ \_j    ノヽ          !  未来が残るなら。  .l
            、   i {  ,}' '       /  |         \             /
               j ヽノjソ       /    !            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  三三三二ニ=―-   _____               ______    -―=ニ二三三三
  ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
  ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二


やる夫は無限のソウルのようです 第6章2話「魂吸いの指輪」


600◆G8TAIIz1OE:2011/05/01(日) 22:41:15 ID:80FgpJo.


┏──────────────┓
│  第6章第2話 魂吸いの指輪  │
┗──────────────┛


           「 ロストール上層部が内部分裂を起こしている間にも、
            ロセンでは着々と戦争の準備が整えられつつあった。



                 A                               A
              / \           iコ          / \
.          _/      \__        |       __/      \_
           |=|=|=|=|=|=l/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\l=|=|=|=|=|=|
          \        /__________.\           /
             | 田 田 田 |エエエエエエエエエエエエエエエエエエエ |田 田 田 |
.   〔二二二二二〕 |    〔二二二二二〕ヨ 田 田 田 田 〔二二二二二〕    ! 〔二二二二二〕
__|      ::|____|      ::|_______|      ::|____|      ::|__
TTT.|   l⌒l  ::| TTTTTT|   l⌒l  ::| TTTTTTTTTTT|   l⌒l  ::| TTTTTT|   l⌒l  ::| TTT
.TTTl     ̄  .::|TTTTTT l     ̄  .::|TTTTTTTTTTT l     ̄  .::|TTTTTT l     ̄  .::|TTTT
TTT.|      ::| TTTTTT|      ::| TT/ ̄| ̄\TT|      ::| TTTTTT|      ::| TTT
.TTT|      ::|TTTTTT |      ::|TT |   :|:   | T |      ::|TTTTTT |      ::|TTTT
TTT.|      ::| TTTTTT|      ::| TT|   :|:   | T |      ::| TTTTTT|      ::| TTT
.TTT|      ::|TTTTTT |      ::|TT |   :|:   | T |      ::|TTTTTT |      ::|TTTT
TTT.|      ::| TTTTTT|      ::| TT|   :|:   | T |      ::| TTTTTT|      ::| TTT


      「 青竜将軍カルラは大々的にロストール王国攻略を発表し、
        前回の侵攻の痛手から立ち直っていない王国軍に、激しい動揺を与えた 」


601◆G8TAIIz1OE:2011/05/01(日) 22:41:42 ID:80FgpJo.


          / ::::::::::,、_/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::...\
         / ::::::::::r._!、!ノニニニニニ,ニニ_l_);;;;;ヽ、:::::::::. ',
         ヽ、_ /r' '´_,, -,= ''´    ヽ |ヽ、;;;;;ヽ:::::: ノ
           -;,==!::::::::l     ・    l!   \;;!‐'
             /,' ・ | : : : |         ノ     ヽ         戦いにはド素人のリベルダム商人どもとは違って、
          / !  .ノ   ヽ    _ ノ |       '、       腐ってはいても、正規軍相手でありますからな。
           /.::|l ノ       ̄    |        !
        ! ::::! ´              |          |       やみくもに拙速を尊ぶより、まずは心理戦で先手を取る……
     、   | :::::::'、    __, ─,-`    |           !       さすが将軍は戦巧者であります。
      !'、  i ::::::::::\   `ー_'´     .::::'、       ノ
     _ !:::!_ ヽ、::::::::::::ヽ、......................::::::,, ,=i=i‐l-、- '´
    i、__')l |   ` ー‐ ' _,,r`ノ T! iフ !二/!_!_!_',..i.!!
    r __ '、 !      /_!,!'、./  _ .,>::::::::::::|:: ',
    |-、_) |、     ノ//_,, = ''´   ::::::::::::::l:::::. l          【 ロセン総督 ケロロ 】
    '、ー`::ノ `ヽ、__/'´ '' ´        ○ :::::::::::',::::: '、
    ヽ、 /..... ノ  〈 ○.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::. ',
     !´::::::::/:::::::::::::ヽ__,, r── i──-- 、__ /:::::::: 〉
      `ヽ 、_::::::::::::::l__,,,l──‐''─── - 、!:::::::/
           ` >´    ,          \


やる夫は無限のソウルのようです 第6章1話「光の王女」


515◆G8TAIIz1OE:2011/01/16(日) 22:00:29 ID:EOFCcQZc

╂────────────╂
│  第6章 虚無への供物  │
╂────────────╂


 ┏──────────┓
 │  第1話 光の王女 ....│
 ┗──────────┛



           「  あらゆる悲嘆を置き去りにして、歴史は、時代は容赦なく進む。 」




                                  ,,,.;;:;ii''''ji;;;;,,,...、
                                ;-''~^:;''~^:;''~~^'i:、';.
:  :  . . ,j!⌒i                      ';ヽi~П=ロ=ロ=__,.:;i
     ,....i ,i! |`i,,____,,.....,_____,..,____,....,___,.._,、       _/i~~i.m,|_|m,||=,n,,h、
_________/` ,.l,;il,.i'ノ;;;;;;Yiilli;; ,,;;lll!  `y'iir' llllll\,,_____/i~|m|_|ППП|..|n||m|h
 ̄ ̄ ̄ ̄ r' ,i ! l_ ̄ ̄j⌒il,_ ̄ ̄ ̄ ̄ 、 ̄ ̄ ̄ . |,-''~^、、   i, / , , _,,┘
; ; ; , ,   _l| | | ji   ,j i! ll i     , , ;     , , ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
 ; ; ;. , , _i!,;ii| j!   ,i! ,! ;i!,ト   , , ; ;    ; ; , ,  . . . . : :
絲絲絲  ,/' ,! !l  /;ソ ,/  , , , , ; ; ; ;   __  . . . . : : : :
⌒i!絲絲 l! ,;| !.ト,.r';j!r'ノ'  , , , , ; ; ; ;   /..::::::::::::::..\ . : : : :
i ;l l!,.ソ  ,ィ',;;ll| i!i /ソ",.,.,.;.;.;. ;. ;.;.,.,.,.  ,/..:::::::::::::::::::::::::.\
                     /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                     | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                     ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                    ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


516◆G8TAIIz1OE:2011/01/16(日) 22:00:58 ID:EOFCcQZc



               「 アキュリュース陥落後、できる夫将軍率いるディンガル白虎軍は
                 アルノートゥン攻略の準備を進めており―― 」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ∧∧    ☆ アルノートゥン                                   ^ ∧ ∧ ^ ^>
マ ^  ^       ..,,,.,:;;;;:;;;::;;;;;;;;:;:;;:;:;;;;;;;;:;::;;;;;;;;;:,..,★ テラネ                    ∧  ^ `ヽ-ッ
 \ ^   /\  ..,,,.,,,::;;;:;;;;:;;;:;,,.:,,,..  .. .,             .,,::;;;:::,:,.            ★ ウルカーン {
  "て_ /   \ ..,,,:,,;;;,:;,;:;,;:,..,. ,               ..,,.:,;;;:;:,:;;;:,,.            ^    ∧ ∧ }
     {, ̄|  | ̄                         ..,:;::,,..    ★ ロセン    ^ ^ ^    ^ ^ノ
     j_; |__|                 ★ エンシャント         j^~゛)       ^^ ^      /
     ,,ζ ★ アキュリュース ∧     ;;:;;;     ;:;;;;::;:;;z/~`-^~⌒“ヽ_/  i"  ノ´⌒`\         |
    /"`"    ^    ∧ ∧^∧ ∧  ◎ 猫屋敷 ,..{          {_.,ノ^~     V^}  ノ~ヽ、 ノ
    }     ∧ ∧∧ ★ ドワーフ王国          ~ヽ-ッ ,ノ^ー'へ_ ~         ~`‐'   i_j~
    ノ ^^  ^ ∧ ∧∧        ∧  ^∧ ^ __r--'" <      >
   ,,,) ^ ^∧ 分^ ∧断^∧ の ∧山∧ 脈  .{^~      `゙ー^ヽ-'~
  /~       ∧ ^ ^ ∧   ∧ ^ ^^     }
 t~  ..,,:;:;;:;;;;::,..;;:;;.,...:;::;;:;,..,..,..^^    ∧        ^{_
 ^} .::;;;:;:;;:;:;;;:;;;;:,...,. .,,::;:;:,,.,.                 ~^ヽ、_   _._._,-ヘ_
 ,.〉 ...,,.:,::;;:;;;:;;;;;:,,.,...:,:;;;:;;:,,.,..            ∴∴∴    “ー-~"★   \,
 }_ri, ...,.,,:;:;;:;;;;:;:;;:;  .,,:;;:,,,.    ロストール ☆ ∴竜骨の∴∴∴  ^ リベルダム {       _,、
  _.}          .,:,:;;:,,..           ∴∴砂漠∴    ^  ^ ^ ^ `‐'^`-'^ヽ-'~ ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★…ディンガル領


         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \
    |       ___'___    |
    \       |il!|!il|  /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄


             ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
           (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
           (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
            ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
          (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
          (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
           ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
         (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
         (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃


やる夫は無限のソウルのようです 第5章8話「Wish You Were Here」+intermission


386◆G8TAIIz1OE:2011/01/03(月) 21:29:35 ID:kJZGttSg


┏─────────────────┓
│  第5章第8話 Wish You Were Here  │
┗─────────────────┛


~ 前回のあらすじ ~



      「 攫われた巫女たちを救い出すため、やる夫たちはラドラスに乗り込んだ 」


        ___
     _,. '´      ̄`、 ;;
   :; /          \
   ,   \, #;;; ,/   ヽ
   |  (○)   (<)   |
   、    (__人__)    / ;               / ̄ ̄\
    ,"ヽ、   ´ー'´   '´ `、               /# ヽ、_  \
   /               ゙ヽ、            (○)(< ) u |
 : |   `-、、            ヽ           (__人__)    |
  \    ヽ        ハ    ヽ          (`⌒ ´  #  |
    ヽ    l        l ヽ_ ノ      .     {           |
   :;  ゝ_ノ       |                {        ノ
    ,i            .l、 :;               ヽ     ノ
   /              ヽ               i        、\ ;
  /       ,r´ヽ      `,              |   !    /__} ;
                                ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
                               {_ i、___,l   |    | ;
                                )ソ(___i)---|    |
                                      ゝ-i--i´ ;
                                        `-゙

      「 しかし、虚無の子フレデリカの猛攻の前にひとり、またひとりと力尽きていく 」


387◆G8TAIIz1OE:2011/01/03(月) 21:29:55 ID:kJZGttSg


      「 これまでかと思われたが、腕輪の守りのおかげで唯一無傷だったチルノが
        思わぬ才能を発揮してフレデリカを驚かせる 」


                          _
                        ,∠   \
                     r   ̄ ̄´  ヽ   }
               . -‐┴‐- _ \      /
                 /          `丶ヽ   ∧
           /              \⌒ヽ ヽ
            / / /  / ./       ヾ⌒)_ハ
         / /  /   / //   ,   i     V\ `丶.
        / /{     / イ /  /|   !    l  ヽ    \
        / / ,    ハ { l | /  _!_/    }  ハ     \
        |/  '   !7ヽ | / 二 | ハ     ハ O 。ハ      ヽ
        |'   ハ  代リ    ハ、)ア }  / | ヽ   ハ    ∠   -――,ァ
   _       /∧ {     ゞ- / /   / |\\_人_/ 、    ,   ´/
  ∧` 、     { { 〉、ヽ 丶   ∠/ .イ.::i レ'` 、\ /    > ´  /
  / / `Y ヽ     、V /\|丶 -r / / /:: ノ |   >,´  ,  ´  l /
 〈-' 、__」、 |     ヾ/ /ハ| ヽ /__∠. -/::::   /,   ´   ! ´     /
  丶、| /       { ,′ !/'---、 ヽ/  / \   l    _ ´
     `´        V /  /  ノ/ ヽ /       \ / _  ´
「ヾ)  r、         {    /   ヽハ  |      / ´
ヽヽヽ } ヽ         ハ、  {,. -‐、  } |   _ _´、-‐  ̄| ̄ ` 、
  ヽ ´   }        //ヽ辷i_ {  ノ ハ´ ̄    \-―,'   ̄/
   ヽ  ヽ      { Vハtソ7__>)ヾ  /´ ̄ ̄ ̄ ̄/   '  , ´
    \∥ ` 、  !  ∨   ハ/ /` 、   / __,',  ´
        丶、    `  、/   /    /\\ /`  、
           丶 、     /    ∧  \       \
            l 、  /    / ハ   \      \


           「  勢いに乗り、反撃を宣言したチルノだったが…… 」


Nextpage Allarchives

東方やる夫スレ纏め&胡蝶のやる夫 ( https://touhouyaruosure.com/ ) by 人間の里の住民