fc2ブログ

東方やる夫スレ纏め&胡蝶のやる夫

やる夫スレで東方のキャラがメインで活躍している話をまとめるブログです。(東方以外もまとめる事になりました。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

やる夫が中華民国総統になるようです 第4.5話(番外編)


940◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:01:11 ID:TUmUWkvU0
__________________________________________
|━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ....  ェ =ュ   '' -ー'_    ≧ 、_    ___     |
| やる夫が中華民国総統になるようです    ....   ,_ -― 、_, _ ニ、-( ィ'" ̄    ̄"'''''ー'"゙ー--t---.|
|                                 ,_  (ニィア = : ,  ,              _......ィ-ァ--''.|
|    『 番外編 第4.5話 』      . ..... ㍉ァィ'"''゙゙~-'     _        ''"    ゙フ!  ノ ''ー|
|━━━━━━━━━━━━━━━━━━. ┌'゙,-ヾ、  ィニ> .(〈             _,、,.イfィ'"  .    |
|          ゙ヽ    _,__ ,イ         . γ"゙"~!、_,=ニコ  _           !゙ ャィ'"       |
|   ..,       ヾ 、 i゙ ._ 」_,          /"       ヾ、 ヾー--、.iヽ、 / \/ |           |
|     '         ゙ー- L,  _,"'       : !         ゝ, -'_______L/    \/_____」    ......|
|                ゙┐ ゙"ヽ、     ゙ゝ- - 、      / ヽ. _/  ____.  \ /      .. |
|               ' l"    '゙ー-、        〈   , γ゙   <二二二二二二二二フ    .. |
| ,.               ヘ,      ,イ        !    l ; ィ  __|::Π:::i::::L-」::l:::Π::i__|      |
|     '             ゙!    _ノ           .!   i" i_/ . /   ハVV∨VVlハ. `、   ☆.......|
|              '      !   丿          ヽ _ノ    ,′ / ・    ・   ',  i        ...|
|                  ! ,ィ             ~     { i i     ワ    i  |    ........|
|                 l ソ .,_                  Vl ヽ           , rゥ.     ..........|
|                  "''  .  . '                /\__>        ,.イ// l       |
|                  ,ィ'''"        ______,..、,...-ー/,  ..:::::>‐--‐<〆/  ヽ     ........|
|   _,..  -ー─'ー-─''''''"゙~"''" -''" ,...、 .,, -‐'''"          ノイ ..:::〈 ̄{二口二}./::::..   \ ニ"...|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::〉/:| <,ノL> |::::::::::ヽ::::\_> ̄~
                                       |:::::l:〈〈:::j:::::::::::::::::〈::::l:::::::l\:::|  
                                       \ハ:::>'::::::::::::::::::::∨:::l:::|  iノ  
                                         /::::::::::::::::::::::::::::Vノノ     
                                        〈ヽ.,.人.ノヽ.,.人.ノヽヽ       
                                        `‐ァァ========ァァ'′     
                                    ...............__(/____〈/__................


941◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:01:54 ID:TUmUWkvU0
                  /!    /|
                ト、 /  |   / !/|
              _| > ┴─-<  /__
               \/::::::::::::::::::::::::::\/
             _/:::::::_____|__\__
           r_,,.. -‐::'''"´::==:::::::::::::::::::::::::::「\
            |::::::>''"´ 7´ ̄ヾ´ ̄ ̄`"'<|:::::::\
           |/    ,ハ:::::::::::ハ          \:::::\    本日は番外編として
            , '  ./  ./  |::::::::::::|_ \   ヽ.  \:::/
             /   |  / -‐ |:::::::::/|__ 、 ヽ   ',.  Y     「清朝末期の人々」
         ,'     ! ./ ァ=、八::::::7´ ァ‐‐、ヽ |  !.  |
         ,' ./    |./'7 l´ハ  \|  |ノ ,リ〉∨  /   |       「蒋やる夫の学校武勇伝?」
         レ'|   ./:;ハ. j__ソ       ゝ‐゚' !:::|/    !
            .| /|::::7"     '       ""|:::'、       ',        「中華思想はどこからきたのか」(及び、どうなったのか)
       「|   ∨  |:::八     r´ ̄`ヽ   八::::\     '、
       |_|       /::::/\    、_ _.ノ /|  \:::ヽ.    ヽ.       の三本立てで講義をしたい
    _,rァ 7´|   /:::/ .  |>、,_ _,,. イ| /  ,ハ:::::::|      \
  r〈_|_/_/  !  /::::::::|/   |__/「  /:::>‐ァ'"´|:::::/、        ' 、     
   Y  (   /  |:::::/-─rイ´:::::/ /::::::/ /:/   |/  ' 、        |
   ヽ.,_   |.  レ'/   |/:::| |::::::!_/::::::::::/ /:::|        \.    /  ___    どれも本編で書ききれなかった内容だな
     |    | /  ./:::::ゝゝム7::::://:::/         .〉./ | // ̄ ̄ \
     |    .!/   ./::::::::::::://| \イ::::::::〈      _」 ‐‐く/  ./ //  出   `rーr===┐
     |.   ト 、  .|::::::::<_//|    >::::::::〉、__,ゝ'´      ヽ./ .//  席    / /    /
      |.     !\\ヘ::::::::::::|/:::∨ ̄::::::::::::::|// / \      \//   簿   / /    /
      !    .| /./〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::/  /    |\     //        / ./´|`ヽ、/
     ',     / ̄./:::::::::::::::|:::/:::::::::::::::::::::::::::| /    /   \   ̄ ̄`ヽ_/´|/ / ./ /
     ヽ-‐'  \/::::::::::::::::::|/::::::::::::::::::::::::::::::|     /    /> 、.,_ /´      ' '/



942◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:02:37 ID:TUmUWkvU0
                                                  /
                                               \/              r、.,____,,..へ.
                                               /\      ト.、..,,__     !::r--‐‐ァ::/
                                                  \    i:::::r-‐、\  /:/ [] ;':::/    . /´〉
                                                        ';::::', l:::] |::| ,'::/ /] /:::/   (ヽ/ 〈_
                                                  ×      \\__」ソr'!::L__// 、  . i `ヽ!_)
                                                         イ        `"' 、  /´ゝ-‐イ
                                                       /   ,'           ';/    /      \   /
                                               __人__     ;'  ,' .-   ! ハ ハ、_!_´'、, /    /       ×
                                               `Y´      i ! ,ハイ_」/ !ムァr_」_./| . /    /      ./  \
                                                      L_!_/!. ァ‐、   '´ ,.,.7! /    ,.'!
                                                        ,ノハ"   _ -、 く /    / !ノヽ.
                                          おー!          く_ /、  ヽ  .ノ, /    /くメ.,__」
                                                        ,'` _`>,-rァ´! /    /  ', ,ヘ.
                                                     「`ヽ' /´ |:|ヽ,ハノ|:|    /|丿  ',// .>
                                             \/     └-/    |:|  |。 |:|   / i   〈ハ/
                                             /\      /    . |:|  |。 |:|  / _!ノl   ;
                                                    /    _,| λ  |。 .λ  / L lソ   ゙;
       iヽ、
     ____」____ゝ'´/':\ /|
     ヽ. _/___/___::\/
      <Y---r二二二二ハ.フ
       ,.L__:::::|::::i::::L-」::l::7>
     /     ̄' 'ー---─' `ヽ.
    ./   ,.      ⌒ヽ.     ',
   ,'  / / ‐/- i:::::::::::i   `ヽ!
    i   i  !/ア!-;!、ハ:::::::ハ-!、.i . i       まずは、「清朝末期の人々」からいこう
   |  ハ .! ! !__r! ' レ' ァ!‐;!、i i |
   |  i レ' ! "    ,   !.rハ/レ'ヽ!         ここでは、1.5話の中国近代史で出てきた人物達の
   |  ! .|ハ、   、..__   "/:::| .|
    | ./i  |::::!>、._  _,,.. イ .|::::| |  ,.、    __     語られなかったエピソードや、その最期を紹介していくぞ
   .| ./ !,..-|::::|'´/ヽ二ン`7ー、|:::|. | i !,,.-''" ノ
   |/ /  .|::::|〈 イ::::V:::::::::!〉:`i:::ト、! .! ヽ -=ニ__
  .!r〈_   !,ヘ!:::ヽヘハ::::;イノ:::::;ヽ! ヽ,!   !  ‐--,'
  !.ゝr、__r、i::::::::::::/ ハ Y::::::::::i  r/ ヽ   ー,--'
  !/  、/ヽ;::::::〈  ハ ',:::::;イ、_ /!   7`  ̄
  .〈    ヽ、/:::::::::ヽ/Vヽ、〉::::! !`ー,ヽ-'
  .レ\ ,.イ`ヽ:::::::::::::ハ::::::::::::ハ、 |ノ


943◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:02:55 ID:TUmUWkvU0
                                                    モコ      ,ヘ   ,へ、
                                                          く< 'ゝ-イ/ |<   ,ヘ,  ))
                                                         , '!`ヽy)_,,==イ!  / /
                                                       .,'  ! !  、 、 ヽ ',/ /.     モコ
                                                 ((  ,ヘ,  i  ,'./-λル-i-イ i/ 人_
                                                    '、 '、‐iルLi ○   ○ `'λ,;ケ-ネ
                                  おー! 楽しみだぞ!      >、ソフモコ""r-‐‐┐""イ`´゛-イ
                                                    <-、ソ,/ノ:|,:ゝ,ヽ、__,ノ_ノ,」/', ,,,.‐'
                                                     `-r'_,.,__i.r' /LY_ノ ./`  /
                                                         !〈 i   |:  !i-- イ ',
                                                モコ       ノ iλ. . i: λi |j i',/ヽ
                                                        }>]ノi/:::::v:::::/ヽ:),-:' ;   モコ
                                                        }><{,'ヽ/:::i:::::ヽ/:ヽ i<{


  ./    ハ   i |::::::::::::::',   ヽ.   ',.  i
 /   /ヽ、!,___,!イ:::::::::::::::|'´ ̄i`ヽ  i.   |
 i  /|  ,.!-─-、';:::::::::::::,',!-'─!、ハ.  |  |
/|  /::i ア i´`i  ヽ::::::::/ i´`i  ヽ!  |  |
 レ':::::|,ハ  ト__j   ヽ/   ト__j  ノ|ヽ.|  |      ・・・・・・・・・・
  |::::::ハ ヽ-          ‐ ' |::::::|   |
i.  |::::::|::', ""     '    ゛゛  |::::::|   |
|.  |::::::| .ヘ,             ,.イ|::::::| i  |
  /|::::::|  |>.、    ^    ,.イ .| |::::::| |  |
 / |::::::|  !  i`>.、.,_,,.. <i  | |.|::::::|. |  |
  .|::::::| !,,..イ::::ヽ、  /::::::i>、.,_|::::::|. |  |


944◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:03:20 ID:TUmUWkvU0
                                             ,ヘ   ,へ、  wktk wktk
                                            く< 'ゝ-イ/ <
                                          , '´`ヽy)_,,==イ、
                                          ,'  , ,  、 、 ヽ ',     なんだそんな顔して
                                          i ,'./-λル-i-イ i .i
                                          iルLi'´`.  '⌒'ト.-i |      はやく、はじめておくれよ
                                          .レ〈人. ー  "ノイ| . | 
                                           |,:レr`T ";く_/,」 |
                                           i.r' /LY_ノ ./`ヽ, ',
                                           !〈 i   |:  !i-=イ イ
                                          ノ iλ . i: λi  ', i',/ヽ
                                         }>]ノi/ ̄v ̄/ヽrーヽ),-:'
                                         }><{,'ヽ/ i  ヽ/し,_ノ i<{



            _>r-、,>'::::::::::::::::::::::::::::::::::';ヽ,/ //
           ∠_ンY7=r'─--- 、:;;__________!__ヽ//-‐ァ
              ,ハ:::::|l:::::::::r-┐:::::::::::::::::::::7::二7,/
            ,.:'" ヘ.,_!!______::::::::::::[]:::l]::::::/::::::::/、
           ,:'  ,      /  ̄ ̄"''' ー-'-‐ ''"^ ヽ.
         /  / /  / ; !:.:.:.:.:.:.:.:! ', ヽ.  、    ':,
        ,.イ   ,'  ,' 、,_!_/」,.ハ:.:.:.:.:.:.ハ _!__  ',  ':,    ',.
           |   !  ! /|/  |./ ';.:.:.:/ |.´ハ  `ハ   ',    i   
         !   !  レ'r‐'ァ‐-=、 !:.:/  !/_,」_/_ !   i.   |
          ',  ,.! ハ ヽ ! Jリ  レ'  7´ i´ Jア'ァ  ,' i   !     わ、わかった・・・
           V`'レ'|:.:.:!  `ー '       '、_,ン イi  ,ハ |   ! 
             ! .|:.:.!'"'"     ,      ,.,.,. ハくタく!   |      では、始めよう
             | .|:.:人      ___       /:| |  !   |        
.              .! .|:.:.:.| `: 、   ` 二フ u ,ィi:.:.:| !  :   !       (おかしい・・・なぜかやる夫相手と比べてやりづらい)
          ,'  |:.:.:.|  | .>.、,    ,. イ  |:.:.:.! i  i   |
          /  ハ.:.:.!  ! /r'|、_`ニ_´  ,ィ|ヽ.|:.:.;'  |  !   ',
         ,.'‐'" ̄';.:.!イ"く /__     __/|:::::::レ'_____!_ !    ',
        /     レ' /、!::::::ヽ、   ン:::!7"´i /   `ヽ、,  i
       ,:'      、/:::;ヘ:::::::::::i-イ::::::::::|]::::::!}        ヽ. |
     rく       !/::::::ヽヘ/ムヽ!:::::::::!7::::::::i/       ':,


945◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:03:53 ID:TUmUWkvU0
  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛

         『 清朝末期の人々 』

  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛




                    |\1 |_/ , -≠─ァ
                   \ \f_Y´__/
                       >+ <
              _「二二「二二}ト、
              \______/ゝ
              , - ヘ_____/ ̄}、
              /              \
            /                    \
             ,′  /_| i     ∧ !   ヽ   ハ
             ! l ,ハ「∨}、  / ナメ、| i  |   l      それでは、まず第一に
              ト、!∧rf心  ∨ r=テミx| ノ   |
            >´くr弋リ、_r==tり l //1  |       清国の漢人官僚にして救国の英雄!
             /-┐ヽゝ--'、   ー─'Nイ  l    !
          l  {7了>、 r_、   __/∧  !  |         この人物から追っていこう
          l   ノ |  ` r─ ´l /   l 1   !
         /j  「 !_|__ イ     !}  / ノ、  ト、
        /, ´  /:::| |∨!   7:l  7 ̄`丶  ! ∧
       / /   /:::::,| |f{| /Y/ /::/::::::::|   ∧
    ,  ′ /   /::::/::| |ゞ1´Zソi /::,'::::::::::::::l     ∧
   ∧   ,′ /:: /::: | |_(__)、_ 7 /:::::!:::::::::::::::\ ト、 1∧
  ∧  /  ∧::::|:::::::\:|、 1| \/´:::::::/:::::::::::::::::::::〉 l ト、丶
  / 、  /    /7´\:::7  ノ ∨ ヘ,\::::>、__/,! 1 '. \\
  |!| l   _/    /:::::|/:::::::::\| ̄:::/{{__ノ 、_}} /1 l  '.  \ 、
  | ! l、 ̄      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::1  |   |  /  |  l   1 '.
   ∨ ヘ ,1 、 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} /   / ∨  | 7    | }
    \ ト、|i、 ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨  ./,/    l/      !/


946◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:04:05 ID:TUmUWkvU0
               ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
           ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
         ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ         
        〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ       
        レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ      
        l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}      
        リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}      ───────────────────────────────
      、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i     
       彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ         太平天国の乱鎮圧で功を挙げた曽国藩は
        V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(      
         ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV         戦後は湘軍を解散させ、官僚という文民に戻り
           ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ     
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ          漢人官僚で初めて、官僚では最も高位である直隷総督まで出世した
             .゙、        /   _ノノ:\       
              ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ         以後、.洋務運動に積極的に関与して清国の近代化に貢献する
               `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\      
               ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\   ───────────────────────────────
              / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、 
              {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
              い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
            ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
           /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
          /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
          /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|
      ┏──────────────────┓
                   ソウコクハン
         清国漢人官僚  曽国藩 (1811~1872)
      ┗──────────────────┛


947◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:04:48 ID:TUmUWkvU0
                    ,.-──‐- 、
                 ,.'´        \
                 /         _,,、-ーヽ
                 /          ,ィ<    ゞ`,
              !   <カ  ,.'´  `ミt、   ゙i                 ユコウ  タノ
              ,>、 _ _,,ィ´ ヽヾ      、_イ!     「君子は千万人の諛頌を恃まず
             ,イ   ,ィイハ、 ト、`三ゞ、  ミ彡ij                          セッショウ
               l/l/ ,N'゙ _,ィ ` 、__,ニヾー-、 ,r、,i〈                  一二の有識の窃笑を畏る」
              l/Vハ, 冖イ  `≡=、  ル' / j !       
                  `i   j       '゙,イ ,ィイ
                  ヽ 、 ゝ<      / ノ爪リ    
                /^(、  ̄`'ー=' /  イ/、     
                 /   \_ _,/  _/Y  >、            意訳 :皇帝は、数千人の賞賛よりも
             _, イ´      /!`ヽイ`\! ,/ |                  数人の有識者の忍び笑いを怖れる
     _,,、-ー<二´ (´  ̄ ̄`ヽ  / i  j 「  ,!/  L _ _                困ったもんだね
   / ー-、    丿`ー----‐イ_/ 、」 ___,,、ィいヽ ヽ    ̄`''ー-、
  ,/     ヽ   ノ ` ̄つ   |ヽ       !  ゙,    ̄``ー- 、 _ト、
  /         L (  ` ̄つ   |´         !            / ヽ
. /           _,イ  `二つ   |        i  「にk        /  i
/      ,ィ''" ̄  ,,、ーつ  _」        !            /    |

 ──────────────────────────────────────

   曽国藩は、清国を滅ぼせる才覚の持ち主と呼ばれる程であり

   清国宮廷や満州人官僚からも、その才能を怖れられ、野心を疑われていた

   しかし、本人にはその意志はなく、湘軍を解散させてまで宮廷に忠誠を示している

 ──────────────────────────────────────


948◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:06:45 ID:TUmUWkvU0
                , . .:.:.:.::::::.:.``ヽ
                 , '´.:.:.::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ     
              !.:.:::::::::。:::::, -──‐く      
              `ハ、__,.ィィ;:,ィノハト、:V.:.::;,               ナ    タダ コウロン
              〈 ィィソィイイ‐' ,r乍`i;:;;;!      「収穫を問う莫かれ 但だ耕耘を問え」
               从ハ;;! `ー'  f'ー'` リイ     
                ゙,;;,ぃ    , !   ,シ′           意訳 : どれだけ結果が得られるかばかり気にするよりも
                ゙,;;;;}.、   __''_ /                      まずは目の前の作業に集中するんだ
               /(  ヽ   ー /             
            _,.. イ::::'、'__ `ー‐く::ト、
      ,  . ..:.:.:.:.:::::::::::::',:::::::.ヽヽ``ヽく|;;;;;`''ー- 、、_      
     /;:;:;;;;;;;;;:;:;:;:::::::::::::::.',::::/;;;`,  i リ,!;;;;;;::::::::::::::::::.:.ヽ             
      /,;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::V;;;;;;;;;`ー一';:;:;::::::::::::::::::::::::::::.',        
     ,',;;;;;;;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',        「耐冷、耐苦、耐煩、耐閑、不激、不躁、不競、不随、以成事」
    ,!;;;;;;;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;:;:;:::::::::::::::::::::::::::「7::::::::::::::;;:::「',
   ,!;;;;;;;;;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::(Q::::::::::::::;;;;:|ハ             意訳 : それがどうした!
    |;;;;;;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::: ノ1:::::::::::::;;;;;;;ヽ」         
    |;;;;;:;::::::::::::::::;;;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:: 川::::::::::::;;;;;;;;;:::::.ヽ      
    |;;;:;::::::::::::::::::;;;;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::.ヽ.        
    |;:;:;;;::::::::::::::::;;;;;;;;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;::ヽ     
   |;;;;;;;;;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -─- 、:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      
__|;;;;;;;;;;;;:;:;::::::::::::::::::::::::::::厂 ̄` Y"´r─   `ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!____ 
   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:::::::::::::::L_   し'´-‐tュ、  ノ;;;;;;;;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::/      
.:.:.:.:.:.:ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;ノ ノノ`ー─一'   ̄ ヾ;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                            
────────────────────────────────────

   また、曽国藩は、政治家や政治家としてだけでなく

  文学や書道、儒教にも長じた文人でもあり、様々な分野で業績を残している

   近年では再評価され、その組織論や人生観にも注目が集まった人物でもある

────────────────────────────────────


949◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:07:38 ID:TUmUWkvU0
 ――― 曽国藩が遺したこの言葉が、彼の置かれた立場と心境を、もっとも表しているのではないだろうか

            ス::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ
          ,ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!
         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;〈カ;!
         /;:j;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:::::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:.:.\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ハ
         リイ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..゙ゞ、、.;__,ィ'.:.ヽ
        ,イj:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/´ , Yj;:;:;:;,r'゙´ '"´ゞ''゙´Yイ!;.;.;.;..:.!
       /,イ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;! イ ノリ;:;:r'     ̄``ヽ、 !;:;:;:;:;/
       i/ィイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙, Vゞ !;:r'    `ゞt‐ァ´iイ;:;/           センセイスイトウ      キンカイカッタツ
        _ヾ仆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;入, .:. .リ′       ´〈 '゙´           「盛世垂統之英雄、以襟懷豁達為第一義」
      /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.ヽ            ヽ       
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィイ、 .:.:.:i          、_   〉       「末世扶危救難之英雄、以心力勞苦為第一義」
    广::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:. . .           厂´       
  /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.\:.:. .      ̄`Y´
_/.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.ヽ、:::::.:.:.\.:.     /    
.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:`丶、.:/ヽ:..  _/        意訳 : 建国当時で国力が盛んな時期の英雄は自由奔放にやるのが大事だ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.`ヽ「         
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,、_             だが、滅亡間際にある国家を救う英雄というものは、辛苦に耐えるのが大事なのさ


950◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:08:00 ID:TUmUWkvU0
                      ,、-'"´ ̄ ̄ ̄`丶、     
                     /            `ヽ、
                   /                \  
                   /                   ヽ       Zzz.....
                  ,!                    ,イ 
                  i                  /;;゙i            
                  |                 / ,;;;;゙i
                _,、-!               ,r'´ ゝ :.:.:!'``ー-、、_      
            ,、-‐'"´   ト、      ,kカ〕    ,r'´.:.:.:.:.ヾ.;;:;;:;|       ̄`''ー-、
          ,r'´          ゞゞ、          , ィ´.:.:`ゞ.:..:.:.:.:゙、;:!、           ゙;、
         ,!             .ヾ,ノ /ィー----‐イイノム.:ヾ`、ゞ.:.:.:,、イ l``ー-、_       ゙;、
         ,!         _,、-‐'"リ.:.:.:,ィイ.:.:.:シイ!.:,ハヾ、:.:ゞィ`ヾノ j'  l``''‐-、_`''ー-、   i
         !      _,、-‐'" _,,,、  ゞイイ,ハ_ ,イ/_,ィ   ゞ="´ ,リイ ,ィヽ.i     ヽ   `ヽ、,!
        ,!   ,ィ´i_,,.、-‐''"  ,!  `リラゞj  ̄     、   / ,} | i l |``''‐-:、,_,!    ,j;|
        |  /  |!      /.   |    ヽ    ゝー'   ./  | ヽ' :| ̄`''ー-、_   / |
        |  .!   |!_,,.、-‐''" _,.、-|    ,イ`ヽ、 '''ニ"´ /   /\  ,!       ¨` !  ,!
        |  |   ,リ _,.、-ー'''"  .|  ,/ヽ  イ` ー一'´`ゞ/   \!        ,!  ,i
        |  |   、ミ、.       |/  | \ ,{  i!  l ヽ,イ j|            ,!  |
        |  l    `ミ,             i   `'ー'゙ー''"´  ,!            /   |
        |  i     ヾj          l          |   ,r-、ゞ      /   ,!
        |   l      ゙、          |          |  ,jゞ'ソ     /     ,!
        |   |       \        |             |  ,! ji'     /     ,!
        |   ゙i         \      |           |  l il    /       |
        |   ゙i      _,rー─'-、      |         |  ,」__ll_   /       l
        |    ヽ   ,r'´      ヽー‐-、_        |,r'´ヽ  `ーュ'      ,!

     ──────────────────────────────────────

         1972年、同治11年、同治帝の親政開始の2年前・・・

         曽国藩は両江総督の在職中、死去する

         その遺志は、元幕僚の李鴻章や左宗棠ら漢人官僚達に引き継がれていった

     ──────────────────────────────────────


951◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:08:16 ID:TUmUWkvU0
       __,.-^'、     _,.-'"iヽ
      く く <] ヽ、_   i /」 l |
       ヽ,\ ロ_ゝ)-、// //
        ,.ゝ、_γ`ー'"ゝ-'"ヽ、
       , '  ,.         ヽ      一国の城主になれる才覚はあったのに、
      ,'  , ' ,' 、/__,. ハ , i  ',
      | / /.イrf=!、イノ l ,!_,ノ ノ l     その誘惑に乗らず、辛苦と苦労に耐え、祖国を支え続けた!
      i `レ _,.イ!ヒ_r!  ,ir=!,イハ」  
      i    ハ""    ヒ_!i/ノ|       カッコイイ生き様だねえ~
      ,' λ 〈L 〉,  ワ  "从i..|
    _「/ / _,.,.イニ>r-r;='´レ┘l
    ,' /_r'r'"ヽ、!i'ーY-イiヽ、,.'-!、_
    i ,/γ, 、ヽ、_)ノ,  :  l|r/ / , ヽ
    ノ ,'/(ゝヽン'ノl    :  iヽJ、/_イ
    レ l、 ゝ-イ/ l|.   : ____iヽ、_ノ
    | / i`ー'"ゝ'"r─''γ´Ll,」'、| |



       /!_/!,.へ、ー/|/!  /!
      /!/ ./:::::::::::\::::`ヽ/ |
     .〈  /_,,..-::r7' ̄ ̄ 7`"''ー!、_
     _>''"l::-‐::'::::::::::::::::/::::::::::::::/
      !::!:::_;: -''""  ̄ `""'''ー- 〈
      >'  i´`'ー.、ヽ ヽ、   `ヽ.     そのせいで、革命を是として専制を非とする
.     / / ハ  ハ ハ_,.ィ ハ  ', ',
      i イ i、!_ヽ、| ,ィ' ̄'iヽ! ! ! |      後の革命政府からは「清朝を延命させた」として批判されてきた
.     | i  i ;:=-   ゞ-' ´ |,ヘ | |
.     | !ヘハ| ,,  _    " ! !/  |._ノ´)    今もなお、評価が分かれている人物でもあるな
      Vレ'.| !、  ヽ ̄ノ  ,.イ  | /´  ,イ、
.        | | |.`>r-=.<!7  i'"!   、ヽヽ、
     ,.、 | | |イ:::!ヽ/:::::::/ /  iヽ、`ヽヽ.ン´
     | | | |>、|く7、ハ::::::::! /  !ヽ、>-'´
   ,.イとヽ|. /  /ヽ/ムヽイレ'ヽ、___ン´|
   l  ノ` i !、_,.!:::〈/Y\〉::ヽ、/  ハ |
   `'く  ヽ'  〉::;::::::::::::::::::::Y::! / レ'


952◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:10:18 ID:TUmUWkvU0
                                                         ,.へ、__      __
                                                       __//\ |     ,.へ\
                                                       \\  ヽト,.--,./   > >
                                                         ゝ、> ヽ「7´ー-  _//、
                                                        /    ̄'ーへ    l |  ',
                                                       /   /___ ハ   `ー==┘  ',
                                                       イ / イ,t、/ ! ハ__!__ i ヽ   i
                                                       Lハ._.ハ' トj   レ'ォ=ーr、ハ  ハ   |
                                                        'Y7,, ´     ヒ_ソノ7レヘ」  |
                         もし、曽国藩が清国に反旗を翻していたら      /人   、    "/ /|/ i  |
                                                        く,.ヘ/ヽ.、__  _,,.〈  /  ハ.  |
                          清朝は滅亡していた?                 7 /´!7  ̄ソ/7 、/ヽ ! ! [!<{
                                                         !〈 /  T  l〈    〉 |  |
                                                        }>|7 Y   |・  ヽト、.__,.ヘ! [!<{
                                                         〈 、〉  !・    !〉   〉 |
                                                         /iヽr'-、_!・___,,..rく____ /  [!<{
                                                       }>[! ,イ`ヽハ.,___〈______7  i i


        _      ,ィ1 _
        \`Vハ /´ ̄/
         >‐.H  く
       r=====┐
       Y へ.冊  _Yく
     /⌒/   `⌒\  \    どうだろうな・・・
    / /  _i_   i_  ヽ   .
    l从 ´ ! ハ !ハ`  ト!  i   私としては、ちょっと過大評価され過ぎているようにも思える
     乂 / TT八ノT TVノli   |
     |ハ l..l.   l..ノ |  |   |   実は、曽国藩も指揮官としては天才という程でもなかったようで
     | 入"" .  "",|  |   |           ネン
     |  | `ニニi ´}. |  |   i   例えば、※捻軍鎮圧では防衛に失敗して
     |  |/ /只ノ !  !   l
     |ハ|.__//  ∨ |ハ|  i !   欽差大臣を解任されているし、年齢や寿命からして可能かどうかは疑問だな
.      /  || `ー‐'⌒Vル'  l |
    /   〉── --'ヘ  l l |   
.   / /l /       \ハjハノ
   レ' /          \
.     /二フ rk __   <二\           ※太平天国と同時期に河南省や安徽省で起きた大規模な難民らの反乱
    /二フ__ \\_/ .> <二ニ.\           騎馬隊を組織して太平天国軍と連携するなどと清朝を苦しめたが
.    ムイ´ム`ト.\__//rヘ.___メ´              太平天国滅亡から2年後に鎮圧される


953◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:10:41 ID:TUmUWkvU0
                                                                    ,.へ
                                                                r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                                ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                                ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                              , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                             /           `'ー===' ',
                                                             ,' / ,-+ 、,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                             i ,'. ', r;ヽ.i__,/L-〈ー- ! ',  i  i
                                           そーなのかー         i'LLゝi ' ヒノ   r;=-;、イ. i', i .| .|
                                                             ' ,イ.イ"   .    ヒンi く_/ i  | .|
                                                             /  .'、  、   ""/ / ,' イ   |
                                                             レ、_イ__ヽ、    ., " , '  / i .  |
                                                              / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                             / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ i   |
                                                            ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                                  '     i/    〉,   |


       /!_/!,.へ、ー/|/!  /!
      /!/ ./:::::::::::\::::`ヽ/ |
     .〈  /_,,..-::r7' ̄ ̄ 7`"''ー!、_
     _>''"l::-‐::'::::::::::::::::/::::::::::::::/
      !::!:::_;: -''""  ̄ `""'''ー- 〈
      >'  i´`'ー.、ヽ ヽ、   `ヽ.      それでも、太平天国から清国の窮地を救い
.     / / ハ  ハ ハ_,.ィ ハ  ', ',
      i イ i、!_ヽ、| ,ィ' ̄'iヽ! ! ! |       清国近代化の先鞭をつけた英雄なのは間違いないな
.     | i  i ;:=-   ゞ-' ´ |,ヘ | |
.     | !ヘハ| ,,  _    " ! !/  |._ノ´)      では、次は曽国藩の元幕僚を紹介しよう
      Vレ'.| !、  ヽ ̄ノ  ,.イ  | /´  ,イ、
.        | | |.`>r-=.<!7  i'"!   、ヽヽ、
     ,.、 | | |イ:::!ヽ/:::::::/ /  iヽ、`ヽヽ.ン´
     | | | |>、|く7、ハ::::::::! /  !ヽ、>-'´
   ,.イとヽ|. /  /ヽ/ムヽイレ'ヽ、___ン´|
   l  ノ` i !、_,.!:::〈/Y\〉::ヽ、/  ハ |
   `'く  ヽ'  〉::;::::::::::::::::::::Y::! / レ'


954◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:11:01 ID:TUmUWkvU0
            ト、                  / 。 。 ロ  し' l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
            i´`Yヽ,            /  r, ・ ,r,  ゚ ロ l`ヽ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
            |  .} .l          ./ 。ム  シ ・ ・ .l::::::::ヽ;.:.:.:.:.:.:/ /
            l -}. -}          l  ソ  。 r,   l:::::::::::::}:.:.:/ /
            l  .}  }          / 。 ・  ー-、   .V::::::::::}/ /
            l -}. -}         .〈 ,...ィT:::Tー-、 . .ヽ   V:::/ /    ────────────────────────────────
           ,r-}、 }  } ._        )  .l.|:::::| //fヽ、 ',  /´ /
          /ヾ、 `-r=''''´ .\     / /'`ー' ./.:.`゚、ヽ、r../  f        太平天国の乱で曾国藩に見出され
          { 、 \ 'ー-イ  .Y    (_/  /F /.:.:./  ``-<r,.-/         ソ
          .Y.ヽ ´ Yー} ,rヽ  }-=≦´,/  / .l ヽ;/. ´'、 .、Y´¨          楚軍を編成して活躍した漢人官僚の一人
          l  ヽ::}`Y./   /::::::::::::::::`ヽ、i_ ヽ ヽ_,,, ヽ/`
          ヽ     |′   }::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、\  Y´             福州において船政局を建設した洋務派でもある
           .{\  __,,,,_,..イ}::::::::::::::::::::::::::::::}::::::ヽ/|¨´
           }ヽ`ー--―'''´,ィ':::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::l`ー-、                                 センセイ   カンシュク
           / ・       }:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::/:::::::::::`ヽ、           戦後の1866年には清国西北部の陝西省と甘粛省を担当する
             / ・ r,   ロ  }:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::/,ィ'⌒`ー::::::\          センカン                        カイ
         /  r-,   ,_   .l:::::::::::::::::::::::::::::::/::'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,        陝甘総督に任命され、稔軍やイスラム教徒の回族の鎮圧に貢献する
        ./  l_ノ ロ ,    l`ー-==-、;;ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
        / ,r   ロ  / ゚   l      ,r-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     ─────────────────────────────────
       ./  。ro  ./ r-,  l r, /- /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      /       ./  r、  }    / \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

        ┏──────────────────┓
                     サソウトウ
           清国漢人官僚  左宗棠 (1812~1885)
        ┗──────────────────┛


955◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:11:55 ID:TUmUWkvU0

───────────────────────────────────

   左宗棠は、太平天国の乱後、ロシアの南下、日本の台湾出兵期の時期には
      
   主流派となった李鴻章らの海軍建設路線に反して、ロシアに対抗するため
                                 サイボウ
   陸軍を建設して新疆などの辺境を防衛せんとする塞防派の立場を取った

───────────────────────────────────

                      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,''''';;⊿ |;;;ヽ/〈|
                    /;;;;;;;;;;>--―--< △ヽ |;;;;/〈フ
                    !;;;;;;;;/|;;;| :  |;;;;;;| \々 |/「ン/
             .____.    .〉;;/|.└´ .:  |;;;;;;;〉く・).∨ }◇/      
         >"´ ̄;;;;;;;;;;;`>-/、 ヽ,....   .|;;;;;/.  `-!、.ノ_ |         「ロシア軍が回教の反乱につけこんで、イリ地方を占領?」
       /´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.. ヽ、 |    .|;;;;|    __ヽフ_;/
      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' ''''''''''''::::::::::ヽ ヽ   !、;;|   .ヘ`フ´             「戦争を起こしてでも取り返せ!」
  _ノ;;;;/,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ......:::;;;;;;;;;;;:::::::::i \ \|     ./´           
 丿;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: .::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;':::;;;ゝ \  ヽ─、/            
/;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'::::;;;;/;ヽ.  \___/         ,>-       
;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''::::;;/ヽ|;;;;ヽ´              i          「清国には海軍などより」
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''::::;;;;ノ /、;;;;;ヽ            \/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;/,、 :' ヽ、;;;|            /ヘ           「ロシアから辺境を防衛できる陸軍が必要だ!」
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>´ /.|/ .   `"\          / `´<  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>" ......::::: /i::..     .\       /ヘ<\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::''  ヽ_!:::::...      ヽ  /"´ ̄ _   ̄;   
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,/ | へ '::::...     ヽ/     \_ヽ.;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,└´   '::::::....     ゝ'';;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;''   
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, <';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,>  ';;;;;;;;;;;,,,,, ' ;;;''''''''';;;;;;;;;;;;;''',;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' ┌┐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,∧ i'ヘ    ,;;'    '';;;;;;;;;;;;;;;


956◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:12:12 ID:TUmUWkvU0
. ┌冖く> ┌冖┐  (_//、_) {;;;} く)   \ヽ:::::l ,ハ
  ニ ニ、   フ ,ニヽ    /  ;;; ー'  r;;;フ 、_}::::ヽl ^'|
 (0_厂)_)  `くー'丿  /ーく;;; __;;. -‐…‐=ミ ;;、:::::l く|
. ┌冖く>   /`>   /__/(__ノ´ ,..,r―‐-ミヽ(}\l;; |
  ニ ニ、  く く      /   /::::{ゝ`_ヽ \   }_,人
 (0_厂)_)   \_>   /   .イ::::::::::::>‐-、Oノ三ヽ._}_       
        r┐     / イ |:::::::::l′    ̄ ̄```<´ /     ──────────────────────────────
   ┃   l し┐   >l|  |:::::::::|  // ̄二ニヽ〈        
   ┃     、__,ノ  (  l|  |:::::::::| / /ーァ'´ `ヽ._}ト.       曽国藩や李鴻章と比べて、左宗棠は知名度では劣る
   ┃     「 L.   \| |:::::::::l ! ,ーァ′  /ーァ/ }       
   ┃      r'。ニ、 /⌒| .| |:::::::::|  /ー'   /ーァ'  ;       それは、太平天国の乱以後、対露主戦論派であった彼が
   ┃      ー' ̄ {   | :| |:::::::::| i|      ー'/ ; ,        
   ┃.  ┌冖く>   \ノ :| |:::::::::| li |        l / i        恩師の曽国藩や同僚の李鴻章と馬が合わず、次第に対立してしまい
   ┃   ニ ニ、   /⌒_丿|:::::::::| ll |_      |   l
   ┃  (0_厂)_)  {{「 ̄  |:::::::::| l| ト、 `ヽ. __ l   l        その結果、反主流派になってしまったからだろう
   ┃.  ┌冖く>  ',{.    |:::::::::l l i┤   {  }_i l 
   ┃   ニ ニ、   ',   |:::::::::l l |┤   {  トi l      ──────────────────────────────
   ┃  (0_厂)_) r―ヘ   、::::::::| l |┤   {  トi .l
  ┃┃┃      \八   ヽ:::::| 八ヘ、    ノ } l
.   ・ ・ ・         \\   ヽ::.、  \ ー彡ノ|
                | ̄  \   \ ー-`ニ二、/
               |      \   \_ . ⌒ヽY
            /⌒\| `ヽ   \         /
.           /   l  \         \    /


957◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:12:41 ID:TUmUWkvU0
─────────────────────────────────────

  このように武闘派の印象が強い左宗棠であるが

  文人としての才能もあり、曽国藩に負けず劣らず、文集や名句を遺している

─────────────────────────────────────

         l ヽ,/i
         |∴ト|  
         'iへ/!    
        _,i -イ、         「学如才識、不日進、即日退」
      (⌒`ー--''⌒ヽ.      
       ヽ  ~~⌒γ⌒)
      /::::ヽー―'^ー-'         意訳 : 才識というものは、日々学ばなければ、日々衰えていく
     |:::::::::::〉・∵∴|::|
     |:::::::::「`-、 _ ,-''7::|
    |::::::::::::{ \(_)/}::::|
    |:::::::::::::|:・∵|∴・|:::::|
   |::::::::::::/{・∴,イ:∵ノ::::::|
    |::::::::::/ (⌒) l ⌒):::::::|
   |::::::::/ / ̄ | (  ̄|:::::::|
   |/  /  | {   | \|
     /   |  |  |
     /   |  }  |
    /   |   }  |
     |⌒/   ( ⌒~\
     ヽノ     ̄ ̄ ̄


958◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:13:53 ID:TUmUWkvU0
               i        ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::!      _.i
                  iコ   /\ ',::::::::::::::::::::::::::::::::/   i‐、 / i
                i / 〉.\/ ..',:::::::::::::::::::::::::::/   i_〉\_i
                   i∨    _ iコ\::::::::::::::::/ /_〕   .{二i
                 i       ヽ \:::::/ ,      /{ i
                    i/ 〔〕..〔>  `ヽ Y , '    〔] ∨、i    
                   / . : ´\ ̄`ヽ、,|  . : ´ .7 ̄!\  ',
                     `、!´:i ∥ヽ__(;;)_>┴<_(;;)--′/i i:i',  .ノ
                    ',i:i .! i i´  ./,-、  `i / i i:i l〆
                   i:i .! i i  , ‐二‐、  .i i / i:i/
                      `イ , i i.  r.‐ ‐-i  i i ヽ〆
                    .,.i´ .', ',.i  ` ̄ ̄´ .i / / ',
                . :. ' /   .\ \/ ̄\/ , i  ',- 、
     _   _,==/__i__.i `丶、___. : ´/ / _|_`丶v-、__    __
   三三≧二≦三三三三三三三三>=-=、___,=-=<三三三三三三三≧=≦三三
      三ミ二三三三三三三三三三三三三≧≦〃三三三三三三三三三〃三三三
.    .ニミ二三三三三三三三三三三三三二i二三三三三三三三三三〃三三三三
     三三三三三三三三三三三三三三三|三三三三三三三三三三/三三三三

  ────────────────────────────────────
     左宗棠は、普仏戦争中の1885年、欽差大臣として戦争と和平交渉を担当する

           祖国の敗北に直面し、失意の中で病死した
  ────────────────────────────────────


959◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:14:47 ID:TUmUWkvU0
     \ヘ /               \  //
      `Y             、  、   './/
       |  /  !    i  _ , !  }  ト、∨
        i  l  ,」ニ-   !、     |  |!  Ⅳ
   ,.、 r1 |八 |  lヘ≠= | j ィ==z、 |1 |!|
.   '.ヘ | ! Y !{  ,ィたハ ̄  マんィソ}j  ノヘ        武骨で、血の気が豊富すぎて
 ~~ ・=ヘ '.=1'r1下'弋tソ 、   `¨´ |,イ'  ハ
    /二) Y j  ヘ"""       """/ !ヘ   !        ソリが合わずに遠ざけられてしまった
.   〈 イ  ,∧   \   ‘’   /!  j リ j!
     \   / ,ハr,>-` ー _,. イ'  !_! j           そんな感じがするね'.
     r'ー1 /, -─┬r ' 1   _>、       '.
    / ̄ 7'/  / / / ,」,.  ´   >z 、   |i  '.
    ,'    .i,/、  / /  ̄/ \/´ ̄7/   `丶、 !
   !   /  ヾ' /   /     //  /    〉 '.
  イ   j   i /  ,/     //  / !    /  ヘ
/ j   ,ハ  j!  /  ' 、  //   /    1    '.
  /      /!  i    `' //   /_、__,z≠ヘ    '、
  !   ,. ´ /   !      .//   /   ∨   ヘ   \
  `ー '    ,'    i      //   /    '.   ヘ    \
.        ,'    !    //    {       '._,、 ヘ     丶、



  ./    ハ   i |::::::::::::::',   ヽ.   ',.  i
 /   /ヽ、!,___,!イ:::::::::::::::|'´ ̄i`ヽ  i.   |
 i  /|  ,.!-─-、';:::::::::::::,',!-'─!、ハ.  |  |
/|  /::i ア i´`i  ヽ::::::::/ i´`i  ヽ!  |  |     左宗棠は「自分は諸葛亮の生まれ変わりだ(キリッ)」
 レ':::::|,ハ  ト__j   ヽ/   ト__j  ノ|ヽ.|  |
  |::::::ハ ヽ-          ‐ ' |::::::|   |     なんて回りに吹聴してしまうぐらいの自信家でもあったからな
i.  |::::::|::', ""     '    ゛゛  |::::::|   |
|.  |::::::| .ヘ,             ,.イ|::::::| i  |     豪快な人物だが、敵も多かったそうだ
  /|::::::|  |>.、    ^    ,.イ .| |::::::| |  |
 / |::::::|  !  i`>.、.,_,,.. <i  | |.|::::::|. |  |
  .|::::::| !,,..イ::::ヽ、  /::::::i>、.,_|::::::|. |  |


960名無しのやる夫だお:2012/04/15(日) 21:15:34 ID:aro1Bs260
陸軍重視と海軍重視で人によって意見が分かれるのかな、やっぱり


961◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:15:53 ID:TUmUWkvU0
    ,-へ,  , ヘ
    ,ヽ_,_i=/__,」
   ,'   `ー' ヽ     でも、陸軍路線ってのは興味深いね
   i <〈」iノハル.!〉
   i L>゚ ー゚ノiゝ      やっぱり当時の清国でも、日本の北進論や南進論みたいなのがあったの?
  i>i ir^i `T´i'i |
  .i>i !>^i`''´'iイ|
   i.ル'ヽr_,ィ_ァ'レ'


       /!_/!,.へ、ー/|/!  /!
      /!/ ./:::::::::::\::::`ヽ/ |
     .〈  /_,,..-::r7' ̄ ̄ 7`"''ー!、_
     _>''"l::-‐::'::::::::::::::::/::::::::::::::/
      !::!:::_;: -''""  ̄ `""'''ー- 〈
      >'  i´`'ー.、ヽ ヽ、   `ヽ.    その通りさ、当時の清国内の有識者では
.     / / ハ  ハ ハ_,.ィ ハ  ', ',                                        サイボウ
      i イ i、!_ヽ、| ,ィ' ̄'iヽ! ! ! |     陸軍を重視して辺境軍を強化し、ロシアに対抗しようとする塞防派と
.     | i  i ;:=-   ゞ-' ´ |,ヘ | |
.     | !ヘハ| ,,  _    " ! !/  |._ノ´)   海軍を重視して艦隊を建設して、日本を筆頭とした列強と対抗する
      Vレ'.| !、  ヽ ̄ノ  ,.イ  | /´  ,イ、
.        | | |.`>r-=.<!7  i'"!   、ヽヽ、   海防派に二分され、左宗棠の死去まで論争を続けていたんだ
     ,.、 | | |イ:::!ヽ/:::::::/ /  iヽ、`ヽヽ.ン´
     | | | |>、|く7、ハ::::::::! /  !ヽ、>-'´
   ,.イとヽ|. /  /ヽ/ムヽイレ'ヽ、___ン´|
   l  ノ` i !、_,.!:::〈/Y\〉::ヽ、/  ハ |
   `'く  ヽ'  〉::;::::::::::::::::::::Y::! / レ'


962◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:16:24 ID:TUmUWkvU0
        _      ,ィ1 _
        \`Vハ /´ ̄/
         >‐.H  く
       r=====┐
       Y へ.冊  _Yく
     /⌒/   `⌒\  \
    / /  _i_   i_  ヽ   .
    l从 ´ ! ハ !ハ`  ト!  i
     乂 / TT八ノT TVノli   |    この権力闘争も兼ねた論争は、結局は政府の中核
     |ハ l..l.   l..ノ |  |   |
     | 入"" .  "",|  |   |     つまり西太后に近い李鴻章ら海防派が勝利したが
     |  | `ニニi ´}. |  |   i
     |  |/ /只ノ !  !   l     その後の歴史の展開を見ると、左宗棠らの主張も
     |ハ|.__//  ∨ |ハ|  i !
.      /  || `ー‐'⌒Vル'  l |     あながち間違っていたとはいえないな
    /   〉── --'ヘ  l l |
.   / /l /       \ハjハノ
   レ' /          \
.     /二フ rk __   <二\
    /二フ__ \\_/ .> <二ニ.\
.    ムイ´ム`ト.\__//rヘ.___メ´
        、水イ1 ̄ ト水´フ
         Y-'ノ   Y´ ノ
         ~´    `~
                                                             ,.へ
                                                         r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                         ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                         ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                       , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                      /           `'ー===' ',
                                                      ,' / ,-+ 、,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                      i ,'. ', r;ヽ.i__,/L-〈ー- ! ',  i  i
                                                      i'LLゝi ' ヒノ   r;=-;、イ. i', i .| .|
                 その後も、ロシアとの国境紛争に苦労しているものね     ' ,イ.イ"   .    ヒンi く_/ i  | .|
                                                      /  .'、  、   ""/ / ,' イ   |
                                                      レ、_イ__ヽ、    ., " , '  / i .  |
                                                       / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                      / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ i   |
                                                     ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                           '     i/    〉,   |


963◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:17:48 ID:TUmUWkvU0
        `ヽ:::Y:::/::::::::::::::::::::';::ヽ//
         r─-'--=== 、..,,,_:|::::::i':/____
        _,,!_:::!]:::::::lコ:::::::::r-、`"'':::::::::::::::`ゝ
       /  `ヽ,.-、_;;:: -‐- 、::/〉:::::/::::::,'
      /'     /::::::::ヽ.  `ヽ.`ヽ/::::::,'     国家戦略論では
      i  ! /| ハ_;:::::::::::i   ',  ',  ',` ', ヽ
      i /::/ |/´_ ',:::::i::::ハヽ、!_ i  i  i ',     陸軍国と海軍国を同時に兼ねることはできないとも言われている
      i i:::ハ,r;ァ-!、ハ:::|/ ! ハ  |  |  | |
       i レ|:::| ! r} |/  'ァ='-!、ハ   |  i |     中国は、伝統的にも陸軍国でもあるし、やはりロシアと日本に対抗するには
      ヽヘ|:::!"  ̄      !__,r!/ i,へ!  |´ |
         |从    ,       " /::::|  !  |      内陸に引き込んで戦う陸軍路線がベターだっただろう
          |:::::|\  r-、    .//:::;'  ,'   |
       ノ|:::l:| .i`ヽ.,__ ,. イ |7:::::/ ./i  |       
      /_,.|:::l:|,.ァイ´ヽ、  _ |>':::::/  / |  |
      /´  ';:::ヽ:;:ヘヽ、 `ハンi:::::i`ヽ/  !  |
    /     〉::::i::ン\>7 ハ ',|:::/i` 7`ヽ!  |
    〉ン、_   レ'Y:::ゝ-'/ / | 〉:::::Y    〉 |



    ,-へ,  , ヘ
    ,ヽ_,_i=/__,」
   ,'   `ー' ヽ
   i <〈」iノハル.!〉
   i L>゚ ー゚ノiゝ   なるほど・・・
  i>i ir^i `T´i'i |
  .i>i !>^i`''´'iイ|
   i.ル'ヽr_,ィ_ァ'レ'


964◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:18:16 ID:TUmUWkvU0
        _      ,ィ1 _
        \`Vハ /´ ̄/
         >‐.H  く
       r=====┐
       Y へ.冊  _Yく
     /⌒/   `⌒\  \
    / /  _i_   i_  ヽ   .
    l从 ´ ! ハ !ハ`  ト!  i   しかし、当時の清国政府にしてみれば、異民族の住む辺境などより
     乂 / TT八ノT TVノli   |
     |ハ l..l.   l..ノ |  |   |   宮廷のある北京の防衛が第一で
     | 入"" .  "",|  |   |
     |  | `ニニi ´}. |  |   i   アヘン戦争やアロー号戦争のように、首都目前に上陸されないよう
     |  |/ /只ノ !  !   l
     |ハ|.__//  ∨ |ハ|  i !   まずは海軍を重視したというのも理解できなくはない・・・
.      /  || `ー‐'⌒Vル'  l |
    /   〉── --'ヘ  l l |   
.   / /l /       \ハjハノ
   レ' /          \     国家の内陸に引き込む戦略は
.     /二フ rk __   <二\
    /二フ__ \\_/ .> <二ニ.\  沿岸部の国民を相手国の軍隊の手に委ねてしまうという意味でもあるからな
.    ムイ´ム`ト.\__//rヘ.___メ´
        、水イ1 ̄ ト水´フ
         Y-'ノ   Y´ ノ
         ~´    `~


                                                       ,.へ
                                                   r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                    ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                   ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                  , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                 /           `'ー===' ',
                                                ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                                                i'LLゝi.'ー---  ー---、イ.i', i .| |
                               ・・・・・・難しいね       ' ,イ 7          く_/ i  | |
                                                 /   '、      u/ / ,' イ.  |
                                                レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                                 / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ . i   |
                                                ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                      '     i/    〉,   |


965◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:18:35 ID:TUmUWkvU0
    _、,、,、_
   `、r`=Y
   , ' `ー '´ヽ
   i. ,'ノノ ))) 〉      明治昭和の日本の南進論と北進論、陸海軍の路線の対立・・・
   | ii ゚ - ゚ノ|! -3
  と~k リ,_\_リiつ      そして、現代日本の専守防衛論も似たようなジレンマを抱えているな
 ̄   !k' ,./~),>, ̄|
 ̄ ̄´' " し'J~` ̄|      ――― いつの時代も国防ってのは簡単な問題じゃないのさ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                                                     /| 
                                                     {. |/ ̄>
                                                 , ─ 、-(二)<、
                                               {二ニニ、\\`ー┘
                                               /   \ \\
                                            ,  ´  ̄ ̄ ̄ ̄ \/¨´
                                          /  、/|   /l  /|    ヽ
                                         / ,ィ / | { | ヽ ナ|  !   l
     さて、そろそろ                            |/ /Y`∩|/ヽ| `∩ | ,/   l 
                                          / ノ ∪     .∪ |イ  !  l
      次の人物に移ろうか                        l(    、_,、_,   | /  l
                                          | > .. __  ノ| /   l
        この流れなら、次はこの人しかいないな          |/ |    , ´`y⌒V /    l
                                           |   ヽ ノ、_,、/|′     !
                                           | 「`ー(^ー' /:::L_     l
                                            | `¨ >ニ¨´:::::::::`::..、   l
                                            | /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ l
                                            ∨.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.Y
                                            〈 {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)〉
                                            ヽ`ー-、__::::::::::::::::__:::-‐'ノ
                                             ` ̄`ーァ >-ニ〒ー' ¨´
                                                 l {  | |
                                                 ヽ_).  | |
                                                     ヽノ


966◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:19:01 ID:TUmUWkvU0
                          ,.. -──- ..,_
                        /        \_
                       /`'ー─-、-─'''二二__ヽ
                      |´ _ニ-‐´ ̄ __   |       ──────────────────────────────
                      |´  __ニ二..,,,,__ ̄ ̄}
                 ヽ`'ニ-、_レ' ̄   ‐、 /    ̄ヽ{_,.-‐'´/      太平天国の乱で曽国藩の幕僚として戦い
                  `l  `ヽ'‐'T'‐- _ |  _ -‐-、__/ /! /       ワイ
                   `l,  <.| l____・>‐<・___/ .//  /        淮軍を組織して清国を勝利に導いた漢人官僚の一人
                    `l、 ヽ|   -‐´ |、`‐-  ./ | /
                     `l_|     lノ    /_,.‐'´ ̄`\      戦後は、清国の実質的な総理大臣、北洋大臣まで出世して
                   _,.-''´ヘ l'、.  ´ ̄`   /´-‐__,..-‐ 丶.
                  /´  ̄ ̄\L\___ ,...-‐´ ̄ ̄      ヽ    手持ちの淮軍を近代化させた北洋軍へと改組し
                  /      / ̄    ̄ ̄ ̄ ̄\
                  >、    //             ,..-‐'       その武力を背景に北洋軍閥や北洋艦隊を創設した
              ̄ ̄ ̄7 \  | ヽ         _,..-‐'´
                  \  \     -─一´ ̄ ̄             洋務派官僚としても江南製造局の建設などに寄与する
           ┏──────────────────┓ 
                        リコウショウ              ──────────────────────────────
              清国漢人官僚  李鴻章 (1823~1901)
           ┗──────────────────┛


967◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:19:24 ID:TUmUWkvU0
        , ー― 、
        i'二Xニ=l       ・・・ 。
       .i、!,-ー-=i,'!
  , -――、}__, --rt'-、____
 (r''-、= ,, _ ヽ、_,-ー- }、   ")       ──────────────────────────────────
  \ iヽ  "-.', ヽ、r''" }i   イ
    } `、 l .i  \ ノ |   |         しかし、日清戦争で北洋軍は陸海軍共々、壊滅的な打撃を受けてしまい
    |  i ノ  l   `ヽ |   i l
    ,|   i   ,! l  、  .l  l |         敗戦の責任を取らされ李鴻章は失脚する
  rツ.l  i`ヽ   |   l  ノ  | |
 .ノシ__|  .| .丶、 l   !   , l `i      ────────────────────────────────
. { /.::::|  /   ヽ l     |  !  .|
 "{:::/ /  i   \    /    ヽ、
  l/    /     \_ / l     }
 /   _     ___'__ヽ__ノ
  ̄ ̄"  ゛ー一"




  ――― 復権後は、ロシアと密約を結んでまで、日本と対抗しようとするが・・・

                 ,  ´   `ヽ
             /      ノ( ,
            .' _     ⌒- 、, -     「小日本め・・・俺の北洋軍閥を・・・ゆるさんッ!!」
           トィイ‐ヽ-、}ィ `´_ l/イl|
.            Vハ ィーミ,__r' ´,ノ´λ/       「こうなったら、悪魔の手を借りてでも徹底的に叩きのめしてくれる!」
               ヽ ゝ ̄ ム ̄ r/
.              ` ヘ  -=ヘ イ
              /{ ヽニ/ / ヽ_
               -/l ヽ   /     フー―――-、
       Y´   〈ー-=ミ  ィー ´ /          //>、
.     ,ィ´|      `ー―――‐ ´           ///, ヽ
    / ヽ |                         // // ヘ
.     {>//}                        /ゝ=======ヘ
.    }ゝイ |                      l: :γ===ヽ: : : ヽ
    ノ:.:/´}                       ∨///`ヽ: : :Y


968◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:20:00 ID:TUmUWkvU0
                          __
                      ,  '"´       ` 、       _
                     /            '.,   , ィ'"´ {ミ`ヽ
                  /                ','"´::::::::,ィヽ \ミミ\      「な、なぜだ・・・」
             {\   /            し   l::::::::/ イ ヽ ヽミミヽ
              ヽ \,ィl                  l ///::::ヽ ヽ ヽミミ',       「どうしてロシアは満州に軍隊を駐在させているんだ・・・!」
             __'.,\\',       u    ‐‐- 、, / / /::::::::::::V〉  ヽミl
.            /::::::::::,イヽ \ゝ  ィ/    u    ̄`ヽ' ,イ  /!:::::::::::::::} ; ; ; ; ; l         「これは条約違反じゃないか・・・!」
           /:::::::// u \ '`>トミ         , ィ ハ,〉/ |:::::::::::::::l ; ; ; ; ; ;|
.        /::::::::〈 l    \,ハ\`ゝ、_}__ ィ''´_ノ ム /  |::::::::::::: l ; ; ; ; ; ;l   _    /⌒Y⌒!
      /:::::::::::::::::',        \_',.  ̄二〃ム ̄  //  ,ィ/:::::::::::::;' ; ; ; ; ; ,'   〈'´ ヽ /_ /  /⌒!
     / : ::::::::::::::::::::',           '.,   _し -、,′/´ ,ィ'"´ /::::::::::::::;' ; ; ; ; ;,/   \lヽ〉'\/ヽ,ノ__,ノヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,.......__    ヽ  {二ニノ /,ィ'   /:::::::::::::::; ィ'"´ ̄フ'l´l ̄l,`´   l/l_/ムノ
  /::::::::; -- 、:::::::::::::::::::::::\      ̄`゙゙'''ゞ\__/''"    /::::::::::::::::;'ィ/ // l ムィ彡',        /
. /:::::/二二 `ヽ:::::::::::::::::::::::\          ヘ'     /:::::::::::::::::;' ,/ / Λィ彡彡彡ヽ     /
..〈::::/ィ'"´ ̄ `ヽ \:::::::::::::::::::::::`::::......、       }}   /::::::::::::::::::/ / / / λ彡彡彡彡ー,―‐'´
 У_,ィf竓芹ミメ彡三 ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::`:::::..、   リ  /:::::::::::::::::::::Λミゝミ {彡彡ヽ彡彡イ゙/
 {__,ィf竓芹ミメ三ニ=ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、,/:::::::::::::::::::::::::/ ヽミ三三三彡《'"´ヽ/
  \彡'"´ /ィf竓芹ミ__,ゝ'"´ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    `ー―――――'´
.   Y´  イィ'"´   / / ̄ヽ ,ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ'"三{
    /.; ; ; ,ィ'"´フフゝ| '´,... / ̄} ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::;ィ'"彡三三}              ─────────────────────────────
.   /; ; ; ./ .; ; ;.///| く ,'´   ゝ-,'::::::::::::::::::::;ィ'"彡三三彡'´:`ヽ_                密約の中でロシアに満州の鉄道敷設権を渡してしまい
  /; ; ; :/ ; ; ; ; { l l | ;;  〃 ノ   }:::::::::::::;ィ'"彡三三彡'´::::::::::::::::::ゝ
. /; ; ; ;/; ; ;彡'´{ l ハ ' ヽノ    /三三三彡彡彡'"´::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ            条約を歪曲され、満州領土を侵食される憂き目に遭う
. ヽ; ; ;.トミ彡'彡彡ヽヽ ヽ    ヽノ/三三三彡'"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::....、     ─────────────────────────────
  ヽミ ヽ彡彡彡彡ィー‐`ー‐―'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


969◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:21:39 ID:TUmUWkvU0
 ―― さらに義和団事変では、列強相手の屈辱的な敗戦処理を担当させられ
      1901年に北京議定書(辛丑和約)を結ばされる
        
         義和団事変で最も利権を得たのは、宿敵の日本と、味方だったはずのロシアであった

    _     | lヽ _,,..-___ }
 '"´_,,..-‐ | | |  '"´   |
 / ,.-'"´ | | |      |
 '"´,..-'"´ /| | |  _,,..-' __)
        ! | | |‐_,,..-'"´ l
       ',  .|、       ',                    ウツ
-―''"  /lヽ | }         ノ       「以北洋一隅之力、搏倭人全國之師、自知不逮。」
--――'  .| .i |/       /
        ヽ| |        |\       
        | |        lr-'          意訳 : 北洋軍をもって日本の軍隊に勝とうとした
        ヽ_j     /                    だが、俺は、勝てないとは知っていたんだよ・・・
,.-'"´`ヽ,.-、_ |ヽ     /
     `''-、`''-、ヽ./__
        ヽ 、  ̄   ヽ`ヽ
         ',  `ー‐'    \l.         ――― 北京議定書の締結日から三ヶ月後、李鴻章は病死する
                 | 〉
 ,.--..,,_             l /.
  __`ヽ,.----、 _,,..-――┴-..,,_,..-''"`ヽ.
    -―‐,.-'"´ ̄          / ,.-―― `''-..,,
                             `"''-..,,_.


971◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:22:14 ID:TUmUWkvU0
                                                                   ,.へ
                                                               r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                                ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                               ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                              , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                             /           `'ー===' ',
                                                            ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                            i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                                                            i'LLゝi.'ーc--  ーc--、イ.i', i .| |
                                    最後の方はまるでかませ役ね      ' ,イ 7 ー-   ー-- く_/ i  | |
                                                             /   '、      u/ / ,' イ.  |
                                                            レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                                             / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                            / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ.  i   |
                                                            ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                                  '     i/    〉,   |




  ./    ハ   i |::::::::::::::',   ヽ.   ',.  i
 /   /ヽ、!,___,!イ:::::::::::::::|'´ ̄i`ヽ  i.   |
 i  /|  ,.!-─-、';:::::::::::::,',!-'─!、ハ.  |  |
/|  /::i ア i´`i  ヽ::::::::/ i´`i  ヽ!  |  |    北洋艦隊で日本を挑発して、日清戦争の遠因を作るわ
 レ':::::|,ハ  ト__j   ヽ/   ト__j  ノ|ヽ.|  |
  |::::::ハ ヽ-          ‐ ' |::::::|   |     ロシアには満州を実質的に取られるわ・・・
i.  |::::::|::', ""     '    ゛゛  |::::::|   |     
|.  |::::::| .ヘ,             ,.イ|::::::| i  |     やることなすこと全てが裏目に回ってしまった感じだな
  /|::::::|  |>.、    ^    ,.イ .| |::::::| |  |
 / |::::::|  !  i`>.、.,_,,.. <i  | |.|::::::|. |  |
  .|::::::| !,,..イ::::ヽ、  /::::::i>、.,_|::::::|. |  |


972◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:22:40 ID:TUmUWkvU0
                                                                ,.へ
                                                            r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                             ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                            ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                           , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                          /           `'ー===' ',
                                                         ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                         i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                                                         i'LLゝi.'ー---  ー---、イ.i', i .| |
                                    ほとんど自業自得だけど      ' ,イ 7          く_/ i  | |
                                                          /   '、      u/ / ,' イ.  |
                                                         レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                                          / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                         / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ . i   |
                                                         ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                               '     i/    〉,   |


     /!_/!,.へ、ー/|/!  /!
    /!/ ./:::::::::::\::::`ヽ/ |.
   〈  /_,,..-::r7' ̄ ̄ 7`"''ー!、_
   _>''"l::-‐::'::::::::::::::::/::::::::::::::/
   :!::!:::_;: -''""  ̄ `""'''ー- 〈      李鴻章はイリ事件の頃から、新疆をロシアの明け渡していいと考えていたほど
   >'  i´`'ー.、ヽ ヽ、   `ヽ.
  / / ハ  ハ ハ_,.ィ ハ  ', ',      ロシアを信用していたが為に、密約を結んだんだ
  i イ i、!_ヽ、!::::,ィ' ̄'iヽ! ! ! |
  | i  i ;:ゝ-゙::::::: ゞ-' ´ |,ヘ | |      しかし、結局は当のロシアに裏切られ、清朝を半植民地化させる原因を作ってしまった
  | !ヘハ| ,,  _   " ! !/  |._ノ´)
   Vレ'.| !、  ヽノ   ,.イ  | /´  ,イ、     ――― この点でも、左宗棠は正しかったんだな
    | | |.`>r-=.<!7  i'"!   、ヽヽ、
   .| | |イ:::!ヽ/:::::::/ /  iヽ、`ヽヽ.ン´
   | |>、|く7、ハ::::::::! /  !ヽ、>-'´
   |. /  /ヽ/ムヽイレ'ヽ、___ン´|
   i !、_,.!:::〈/Y\〉::ヽ、/  ハ |
   ヽ/'  〉::;::::::::::::::::::::Y::! / レ'


973◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:25:12 ID:TUmUWkvU0
                                                            ,.へ
                                                        r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                         ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                        ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                       , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                      /           `'ー===' ',
                                                     ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                     i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                                                     i'LLゝi.'ーc--  ーc--、イ.i', i .| |
                     少しでも左宗棠のいうことを聞いてれば・・・      ' ,イ 7 ー-   ー-- く_/ i  | |
                                                      /   '、      u/ / ,' イ.  |
                                                     レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                                      / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                     / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ.  i   |
                                                     ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                           '     i/    〉,   |

        ,ィ1 _
        \`Vハ /´ ̄/
         >‐.H  く
       r=====┐
       Y へ.冊  _Yく
     /⌒/   `⌒\  \
    / /  _i_   i_  ヽ   .
    l从 ´ ! ハ !ハ`  ト!  i
    乂 / TT八ノT TVノli   |
      |ハ l..l.   l..ノ |  |   |      まあ、ロシアはロシアで、ここで清国を裏切ったせいで
     | 入"" .  "",|  |   |
 .    |  | `ニニi ´}. |  |   i      日露戦争では清国に中立的な立場を取らせてしまい 
     |  |/ /只ノ !  !   l
      |ハ|.__//  ∨ |ハ|  i !      結局、満州の権益を失ってしまったわけだが・・・・
.      /  || `ー‐'⌒Vル'  l |
    /   〉── --'ヘ  l l |      
.   / /l /       \ハjハノ
   レ' /          \
.     /二フ rk __   <二\
    /二フ__ \\_/ .> <二ニ.\
.    ムイ´ム`ト.\__//rヘ.___メ´
        、水イ1 ̄ ト水´フ
         Y-'ノ   Y´ ノ
         ~´    `~


974◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:25:27 ID:TUmUWkvU0
        ,.へ
      /∠へ\-─-,.へ__
      `ゝ、ニ___,.ゝr,イ∠へi
      ., '  ,. ´,   `ー--へ、
     /  / ハ\ィ ハ i i 、  ',
     /  .,' /.,.!=-!、! L!/ !  i i
    /  i ハ.!rrーt   rr-t ハ_ハ」
    /   イL_,ゝ,,`"´    `´,,i__!,.ゝ    なんだかなあ
   }><{ / | ハ、    -   人_>
   /  /  ハ_,.-、゙>r--r<i_!_」
  ,'  ,' / .i/   iヽi`T´iヘ ! i<{
 }><{ i / 〈,____,.ン .i |: i |,〉|
  ! ハ i. 〈  -、i〉 .| i: i 〉iノ<{
 }><{ }>ヽ.ハ、__ノ' ̄`T ̄ゝiイゝ
  V  ノ__ハ_,/__>   くi   ハ!
       〈      !_>  `!
        ゝ、,.____、ノ'、____,.ノ
         !、_ン´  !、_ン´



        _iヽiヽ/|、
       ゝr-'--'、イ>
      ,- r´─--─ゝ-,
     ,. ',_Lトi-i」____,,,.イ、
     ,'  ,、 ̄、 、  .',
     レゝ(-_(,(,ヽ_-ヽ`ヽ i    滅亡間際にある国家を救う英雄というものは・・・だ
      i .!━   ━ iヽノ |
      |人" _  ",i !. |     さて、締めはこの人でいこうか
      i. |`' .,-- ,イ.| |! ||
      .i ii r`yrイノ ! !ヽ, ||
      〈i !i (入)イ .| iλ)ノ
      レ〈 VV,__,.'レ',~~i
      ///   ', ', ',,
     r>'         しノヽ,
     K>-/、_,r-、_r-、_イ>イ>
    ヽゝ_L-イ~,__ー_k-´"´
      ├_ノ   ヽ,_┤


975◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:25:44 ID:TUmUWkvU0
                                                ――――――――――――――――――――――――――
                            , -―――-、   
                            /∨∨∨ \ |              咸豊帝の弟にして、同治帝の叔父
                     /  ̄\ |(ー)(ー)  |_| 
                     |     >⊂⊃     6)             西太后、東太后と共に辛酉政変を起こす
                      \_/ (  |      |
                           ⊂-― 、    ノ              しばらく清朝の実権を握り、漢人官僚の登用など
                          /   ̄ ̄ ̄ ̄ \
                         / |      /   )ヽ            近代化に貢献するが、清仏戦争で西太后に失脚させられる
                     , ―,-´` , ―ヽ ̄    /  |
                     〃 _ノ   〃_| _ /    |            日清戦争後、僅かな期間だけ復権した
                        ̄ ̄ >          |
                                                ――――――――――――――――――――――――――
               ┏───────────────────┓
                               エキ    
                 清国宮廷  愛新覚羅 奕キン 通称 恭親王
               ┗───────────────────┛


977◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:26:14 ID:TUmUWkvU0
     ,:r:'";;w弌
.     i::r", 、.f..',、  
     i:i .゙ .’t)  ゙i     .,.ィァ_     
     '、,: '、"~/ ノ= 、,_  ,:r ' ;= ュ
   ,r''"r:::;,- `" "  , .ソ" '..-r-- '    ――――――――――――――――――――――――――――――――
  ,i'   父、,_     ':,   .,i'
.. {  '''^i. ^ニi}'-- ''''^" '丁__,,r'          失脚後は庭園の造園や観劇などの趣味に没頭する
  ',...  'i,_.''r'= :----- '^i
  ゙:┬-''"        :i             詩も得意であり、楽道堂詩集や華錦吟などの数々の詩集を遺す
.   i、_ .          i
.   i:::::`=---------=''"i          ――――――――――――――――――――――――――――――――
   ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.  i:::::::::::::::::::;r、:::::::::::::::::::i
.  i:::::::::::::::::,' .',::::::::::::::::,'
  ,ィ'-----┤ ,ト-=:::::::'、
  `':------'  ゙ ---  .-'




 ―― 晩年の恭親王は、西太后と光緒帝の対立が深まる中で
      積極的に双方の間に立ち、対立を宥める役割を果たしていたという

      _____
     r' ,v^v^v^v^v^il
     l / jニニコ iニニ!.     「西太后様、光緒帝様、落ち着いて落ち着いて」
    i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi
    ヽr      >   V       「身内で喧嘩しちゃいけませんよ」
     l   !ー―‐r  l
 __,.r-‐人   `ー―'  ノ_       ∩ ⊂ゝ
ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i      |ヽ i三 |
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \    i )  ‐ノ
ヾV /              ! /.入  /   /


978◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:27:20 ID:TUmUWkvU0
  ―― 死期が近くなり、病床に伏すと、見舞いに訪れた光緒帝に向かって
       恭親王は変法運動に熱中する光緒帝をこう諭したという

                                                           .:-:―:―:―:―:-:. 、
                                                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
                                                        ./:、/\/\/\/\:.:.:.:.:.ハ
                                                        |/三≧x   x≦三ム  ∨:.:.:.i
                                                       .ィj rr―ミ     ィ―‐r、  ∨:.f ̄`ヽ
                                                      { ノ {.l:f::リ /   {.l::fr:::リ    ∨f⌒゙ }
                                                       i'    ̄ /   i   ̄ ̄     ヾ! ソ /
         「陛下・・・・・・・                                    .′   i__.l          i_.ノ
                                                      !                      |
             康有為ら小人の言を決して用いてはなりません・・・・・・」       ハ     ` ̄ ̄ ̄´           |!
                                                       ゝ     ̄          /iヽ.
                                                        〉、                 /彡 }
                                                       ./  ミx ___  一     ノ≧x
                                                    . ´ ̄ゝ                  /    `ヽ
                                                  / /     \               /       \
                                                 /  /         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´        i     ハ
                                                   /                         |    }


979◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:28:45 ID:TUmUWkvU0
                                    __
                                 ./三三三三三ハ
                                 i/ヽ' `'´ ヽ'’ヽ'’i;i       1898年、恭親王は享年67歳で病死した
                                _i{<≧トュ  ぇ≦ゝ i;_
                               i .,’ 'T;T i  'T;T  f{ハ      
                               i i   ̄ i   ̄   i/
                                {  ,  ヾ'   ,  }’          その13日後、光緒帝は『明定国是詔』を発し、百日維新を開始した
                               ハ  `  ー  ´   /
                               _.-lヽ       ノ i 、           光緒帝に、恭親王の声は届かなかったのである・・・
                            _. -‐´  `ヽ`ニ ─ ニ´ '’  ` ‐- 、
                          /        ` ̄ ̄´         ヽ     恭親王の不安は、後に的中することとなった


980◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:29:10 ID:TUmUWkvU0
        ,.へ
      /∠へ\-─-,.へ__
      `ゝ、ニ___,.ゝr,イ∠へi
      ., '  ,. ´,   `ー--へ、
     /  / ハー-ィ ハ i i 、 ',
     /  .,' /.,.!=-!、! L!Tヽ! i i
    /  i ハ.!  ━   ━ ハ_ハ」
    /   イL_,ゝ,,      ,,i__!,.ゝ      結構、重要な人だったんだね~
   }><{ / | ハ、   ___  人_>
   /  /  ハ_,.-、゙>r--r<i_!_」      
  ,'  ,' / .i/   iヽi`T´iヘ ! i<{
 }><{ i / 〈,____,.ン .i |: i |,〉|
  ! ハ i. 〈  -、i〉 .| i: i 〉iノ<{
 }><{ }>ヽ.ハ、__ノ' ̄`T ̄ゝiイゝ
  V  ノ__ハ_,/__>   くi   ハ!
       〈      !_>  `!
        ゝ、,.____、ノ'、____,.ノ
         !、_ン´  !、_ン´


                                                          ト、      /!
                                                        ト、ヘ! >へ、 _/ L/!
                                                        | !/:::::::::::\ヽ/ /`7
                                                       く!/::::::::::::::::::::::';__\//-‐ァ
                                                     r'''"´:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::`"'';- 、'´
                                                     !:::::-‐::::[|::=:::|]:::_;;:::;;;__:::;':::::::::\.
                                                     |ァ'"´ ̄`ァ‐-、´     `ヽ:::::::::/
                                                    /     /:::::::::::ヽ!   ',   ',::::/
                                               .     / .,  /  !::::::::::::!::::!_L___!  ', !'ヾ.
            恭親王は咸豊帝の代からずっと政治に携わり           / ,'  _ !-‐ !:i:::::::/!:/_」__/_`  !   ',
                                                  ,'  i '´/!/_」_ハ!::::/ '´i´ `;`7!/!    i
            同治中興の立役者でもある人物だからな             i  | /7'´;'´`i レ'   !ソ ,ノ'i:!::|     |
                                                  |  ! ハ! iソ_ノ       ̄´,.,.!::::|  i |
            西太后を裏で支えてきて、最後まで存在感を持っていた .    ', !/|::::!,.,.    '       ,':::::|  ! |
                                                   レ'ヽ!::;ハ,     r‐-、   /::::::;!  |  !
                                                     |::!:::!>,、   ` ̄   /::::::;'i   |  |.
                                                    /!::::::|/ i`ヽ、___,,. イ::::::/、!   !  |
                                                   / |:::::::!  !__,. イ`!  |::::/  `''ァ'-r‐'ー-、
                                                   ,'   '、::::|ァ'i´/  Vムイ|::/   /!:::/    ヽ.
                                                   i  / ヽ! !/、/くハ>ヘ/   ,'」::/      ':,.
                                                  /| ,イ   /:::::ヽ/八)\   /:::::;'        ヽ.


981名無しのやる夫だお:2012/04/15(日) 21:30:13 ID:aro1Bs260
何という綺麗なジャイアン


982◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:30:50 ID:TUmUWkvU0
                                                      ,.へ、__      __
                                                     __//\ |     ,.へ\
                                                     \\  ヽト,.--,./   > >
                                                      ゝ、> ヽ「7´ー-  _//、
                                                     /    ̄'ーへ    l |  ',
                                                     /   /___ ハ   `ー==┘  ',
                                                    イ / イ,t、/ ! ハ__!__ i ヽ   i
                                                    Lハ._.ハ' トj   レ'ォ=ーr、ハ  ハ   |
                                                      'Y7,, ´     ヒ_ソノ7レヘ」  |
                                                      /人   、    "/ /|/ i  |
         偉大な大老が、また一人清国から去ってしまった・・・             く,.ヘ/ヽ.、__  _,,.〈  /  ハ.  |
                                                       7 /´!7  ̄ソ/7 、/ヽ ! ! [!<{
          当時の民衆にとってはこんな気持ちだったのかな               !〈 /  T  l〈    〉 |  |
                                                      }>|7 Y   |・  ヽト、.__,.ヘ! [!<{
                                                       〈 、〉  !・    !〉   〉 |
                                                      /iヽr'-、_!・___,,..rく____ /  [!<{
                                                     }>[! ,イ`ヽハ.,___〈______7  i i
                                                    // !Y  、     'ー' i  /! |
                                                   \ /    Y´  ,.へ く| / ,'

        `ヽ:::Y:::/::::::::::::::::::::';::ヽ//
         r─-'--=== 、..,,,_:|::::::i':/____
        _,,!_:::!]:::::::lコ:::::::::r-、`"'':::::::::::::::`ゝ
       /  `ヽ,.-、_;;:: -‐- 、::/〉:::::/::::::,'
      /'     /::::::::ヽ.  `ヽ.`ヽ/::::::,'
      i  ! /| ハ_;:::::::::::i   ',  ',  ',` ', ヽ
      i /::/ |/´_ ',:::::i::::ハヽ、!_ i  i  i ',     そうかもしれないな
      i i:::ハ,r;ァ-!、ハ:::|/ ! ハ  |  |  | |
       i レ|:::| ! r} |/  'ァ='-!、ハ   |  i |     また巨星が一つ墜ちた、と・・・
      ヽヘ|:::!"  ̄      !__,r!/ i,へ!  |´ |
         |从    ,       " /::::|  !  |     
          |:::::|\  r-、    .//:::;'  ,'   |     さて、「清国末期の人々」はこれで終了
       ノ|:::l:| .i`ヽ.,__ ,. イ |7:::::/ ./i  |
      /_,.|:::l:|,.ァイ´ヽ、  _ |>':::::/  / |  |     次は「蒋やる夫の学校武勇伝?」だ
      /´  ';:::ヽ:;:ヘヽ、 `ハンi:::::i`ヽ/  !  |
    /     〉::::i::ン\>7 ハ ',|:::/i` 7`ヽ!  |
    〉ン、_   レ'Y:::ゝ-'/ / | 〉:::::Y    〉 |


983◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:31:44 ID:TUmUWkvU0
                                  ,ヘ   ,へ、      ━┓
                                 く< 'ゝ-イ/ |<       ┏┛
                               , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ      ・
                              .,'  ! !  、 、 ヽ ', .',
                              i  ,'./-λル-i-イ i」 i
                               iルLi ○   ○ `Yi、 i 
       あれ?                    ノ`リ "" 、_, ""イ !ノ.i
                              /ノ:|,:ゝ、 ,____ , く_,ノ | i
        西太后と光緒帝は?          lXl レイr' /LY_ノ ./`ヽlXl
                              ノ ,.' .〈 i  |:  !i .|  i l
                             |>/ ,λ. . i: λi/|  ||><|
                             .|/ ノi/::::::v::::/ヽ|  | l
                             [_{,'ヽ::::::i:::::ヽ/|_] l
                             (_ノ/ヽ、>::i::::::::::::::::ヽ_) l

                                                   /|    ト、
                                                ト、./ //| / |
                                                | |ア"´|\/  ,!/|.   
                                              __|∠::::::::::|::::::\/ /     
                                              _lr ==‐-::、:|:;;_:::::::\`ア   
                                          ., '"´ |::[l::[l::r--、::r、::`"7ー‐'ァ   
                                         / ./   7`ヽ‐..、__::::|」:::::/:::::::/ヽ、
                                        /  /    / |:::::::::::::;!   ̄ ̄ヾ ̄   ':, 
                                        '、 .!   /|、|:::::::::::/|  /|   |:::!   ',. 
       すまん・・・手元に資料がないんだ              ヽ|  ,:'|イlハヘ::::::∧-‐ァ''7   ,ハ::|     | 
                                          |/7 jり \| ァテ‐r'、 イ::::::ハ   | 
        1話分まとめて作れる分量の逸話があるから       .|:/"  r    |ノ  リY/:::::/ |.  ,' 
                                          八        ゝ‐゚'ノ/::::/ソ /   /  
          のちほどな                         /::::/\ ` ー   ι゙゙/::::/´|/   {  
                                         ,'::::;'   |ヽ、___  , イ'::::/ /|   '、  
                                         |:::::|   , '"/{アr'」/ /|:::;:'\' '、     ヽ.
                                         '、:::! ./|:::r:'| |/  rノレ'r':::/`ヽ \    ':,
                                         ヽ| r' /:::{l::/rヘ、   ノ ノ:::/\,ハ    |
                                           Y::::::ヽム ノ \ r' r'::::/     Y   ノ


984◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:32:08 ID:TUmUWkvU0
       r:r 、       ,.ァ、
      ノ:ノ 、\    y',.べ|::|
       く::〈 〃、べ ̄`7/ ') レ
       >_Vミー-ゝ‐//-' /」
   △  //、 √¨「 `iー`_ー〈 ` .
  {>  /`光!´7,=、.__ハ,ァ ,、` ' 、 i     仕方ないね・・・
    , く_´_ィl_〈 ト_リ   ト_ソ〉_j´  !
   /`ー‐ '/| .ハ"  __'_   "/ レ |      次いってみよー!
.  /   _/、_!' ハ、 { '  ) .ィ、/ i |
 ノ   ー ' | ̄'yァr:>r iヾト┬ヽ. ハi
 ヽ .____ /   l.l|/ム レ' |!  ヽK ノヽ
   /  `7 ァy'|!  .'。   | _ ィ〈〉-‐'
 {>i}   ハ .i  l!  !。   ハ´  ' ,ヽ
  /  {. Y   l.  |    |i.|   ゝl}_<!
 l>{ヽ  ヽ ! /:[ト._↓へ _,ィ[]ヽ    ,rァ':、
 r‐ゝ'   }/::::::::::::レ::::::::::::<<Yl\  { l7、 ヽ


985◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:33:18 ID:TUmUWkvU0
  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛

         『 蒋やる夫の学校武勇伝? 』

  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛


                                       .r .._      ,.. -┐
                                       ,`‐- ヽ、__/ -‐'、
                                       ゝ-  , 'ー '- ..` -.く
                                       .フィ´      ` ーイ、
                                       /  .,ni  ヽ ヽ  l   ∩    
                ブユウデン♪               くヽ lr:::、- ‐、r::::ヽi /- ̄ 'ヽ
                                      y.l iっ::j   っ:::::jl l    j   
                  ブユウデン♪              l i,」      〃 i l 〉ヽ/ ィl
                                      ヽ_i.ヘ、 -   ,.LiH    iヘ    
                    ブユウデンデンデデデデン♪    l,/`.ァ fニ , -'fi   r' ヽ
                                         T`ヽi´`' ´  .il   / ∞ 丶
                                        ノ∞.〈  ・   li   i  ∞ ハ
                                        ,' ∞_.」 ・ _,,....''..-‐..'7  ∞  l
                                       .l  ヽ_::`ニ::´::、_::::_::」   .,  .j
                                        i ヘ、 ト、/::::::::::::::::::::ノ .ハ 7〃ノ
                                        `  ,':::::::::::, ::、:::::::ヽ..'::::ヘ
                                          l:::::::::く/:::L-,::::::::::::::ヘ
                                         .k ]::::::::::::::::ト┘:::::::::r ´ 〉
                                          i、:::::::::くヽ,i::::::::::::::::::´:7
                                          ` -,- ァ7  ヾ、-,-ァ-‐'
                                            ー.'     ー.'
   _、,、,、_
   `、r`=Y
   , ' `ー '´ヽ
   i. ,'ノノ ))) 〉   はいそこでストップ!
   | ii#゚ - ゚ノ|!   
   ||kリ,_\_リiつ    ネタが古い! そこまで!
   !k'J,、,、>、
  ´' "i,ンイノ~`


986◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:34:07 ID:TUmUWkvU0
  , へ、     />>
  >>、 ,>-――- 、>>
 <</   /    \
  />' /ー_|__|_/_|_i |
  | | l ||/    , ヽ|    えー?
  | レr| |弋ナ  , ー||'
  |,l><ly| |'''    ノ |\    だめかい?
  ヽ| | |,レ>ー´-、|ノ.\\
    V/  ||\八ノ||_>\ヽノ 
   l>/゛ '||  |:| || |ヾ ll><l
    |ヽ ヽ|_|:|__||; |、ソ 〔,l
    ゝ,レ'Jニニニニニメゝ l><l
    l>/‐'  、 / .|´  リ
.    / <\  |コ   |
.    |>  \>/|  l二|
    >--、 '  >- <
    (___ノ   ゛ー--'



            _>r-、,>'::::::::::::::::::::::::::::::::::';ヽ,/ //
           ∠_ンY7=r'─--- 、:;;__________!__ヽ//-‐ァ
              ,ハ:::::|l:::::::::r-┐:::::::::::::::::::::7::二7,/
            ,.:'" ヘ.,_!!______::::::::::::[]:::l]::::::/::::::::/、
           ,:'  ,      /  ̄ ̄"''' ー-'-‐ ''"^ ヽ.
         /  / /  / ; !:.:.:.:.:.:.:.:! ', ヽ.  、    ':,      ・・・・・・・・・・
        ,.イ   ,'  ,' 、,_!_/」,.ハ:.:.:.:.:.:.ハ _!__  ',  ':,    ',.
           |   !  ! /|/  |./ ';.:.:.:/ |.´ハ  `ハ   ',    i
         !   !  レ'r‐'ァ‐-=、 !:.:/  !/_,」_/_ !   i.   |    
          ',  ,.! ハ ヽ ! Jリ  レ'  7´ i´ Jア'ァ  ,' i   !
           V`'レ'|:.:.:!  `ー '       '、_,ン イi  ,ハ |   !    気を取り直して、ここでは蒋介石こと蒋やる夫の
             ! .|:.:.!'"'"     ,      ,.,.,. ハくタく!   |
             | .|:.:人      ___       /:| |  !   |    学生時代の様々な武勇伝を紹介していくぞ
.              .! .|:.:.:.| `: 、   ` 二フ u ,ィi:.:.:| !  :   !
          ,'  |:.:.:.|  | .>.、,    ,. イ  |:.:.:.! i  i   |
          /  ハ.:.:.!  ! /r'|、_`ニ_´  ,ィ|ヽ.|:.:.;'  |  !   ',
         ,.'‐'" ̄';.:.!イ"く /__     __/|:::::::レ'_____!_ !    ',
        /     レ' /、!::::::ヽ、   ン:::!7"´i /   `ヽ、,  i
       ,:'      、/:::;ヘ:::::::::::i-イ::::::::::|]::::::!}        ヽ. |
     rく       !/::::::ヽヘ/ムヽ!:::::::::!7::::::::i/       ':,


987◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:35:09 ID:TUmUWkvU0
                   /              |::::::::::::|
 .r────────ゞ丕ン- <´ ̄ `        /::::::::::::|
 :|:::::::::.::/   /   ´/ / ̄ ヽ \   `ヽ、  /::::::/ ̄  キリッ
 :|:::::../    //イ ′ i  |     |   l  i  、/:::::::|
 :|::::::::\  /厶| |  |   |     |  |  |  .|\..:::::\
   ̄\::::\//レノ |  ',   !      !  /  /| /  .|l__/
     |:::::, / |:| | ヽ   \ \   /l ,厶イ 厂イ   ||            武勇伝ってあれでしょ?
     \_ .| ヘ \ L ⊥\ ヽ ′'´才 Tマリ   ,' |
       |   ヽ ヘl斗 ┬        ̄` //  / |\    /l、     「俺も昔はワルだったんだ・・・」といいつつ
       ヘ   ∨ー┴ '´    i      / /  |ヽく  ,.´,iヽヽ
        \   \           _,.  / ハ   |  \/、ィ"ニヽヽ     酔っぱらったオッサンがドヤ顔して
、   / `   | \   \     ー ニ´     , ′|  | ',   `ニ.´-_-ヽ:l、
:.\/ \    l  ` ー一        /  |  l   ',   \/'" ̄ ̄     絡んでくる時に話すしょーもない内容!
  \ ヾ\  |    |  `   .,_  _ /|   l   ,′  ',    \
:::::::::::\ // ヽ    l、__/       丶__/ /     ',   ヽ  \
:::::::::::::://    \  ∨ />|       / //_∠―<ヽ   ヽ   \
:::> ' ∠       :\ \\\       / /ヘ |:::::::l    \\  ヽ   \      /l、
::|┌―――- 、\   l|:::::|}    \___/    {|:::::::l      ヽ ヽ  ヽ.   \   ,.´,iヽヽ
|l            l|:::::.|}  ./ ̄ l!○ ̄ヽ  {|:::::::|l       丶. ..ー 、 ヽ   \ /、ィ"ニヽヽ
∧ヽ          l|:::::::!_,,/     |!     `ヽ.,_!:::::::|l         >   \ ヽ   \`ニ.´-_-ヽ:l、
 ヘ \         l|::::::::::>      |!o      く:::::::|l     /,-―¬ /   ヽ.   \/'" ̄ ̄



    iヽ、∧  ,ヘノヽ、
<⌒ヽi  ゝi/へi `yイ>    
  `ヽ Y_/--──--ヽ__    まあ、そういう類の話に入るかな・・・?
  '/\ L ロ | - | ロ 」 /
  く  ,,-ゝ-───--' ヽ    毛沢東や孫文のソレと同様、かなりこういう話は誇張・創作されていて
   Y´〈/ノト,__,λ 〉,_, イノ〉
   i i rノ ─  ─ tノイ     どこまで本当か分からず、テンポも悪くなるから本編では省いたが、
    | :| !|.,u   _  "ノ |
    | ,| ||i.`:、--:;.´i| i |     有名な話なのもあって、せっかくだからここで紹介しようと思う
   i r'ヽi',/ くヽ`イ>ヽヽ!


988◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:35:50 ID:TUmUWkvU0
─━ 紅レン(月へんに僉)将軍の活躍 ━─


  ―― 時は1904年、蒋やる夫が18歳の時に在学していた鳳麓学堂で、とある事件が起きた

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ     キーン コーン
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ    カーン コーン
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|    |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |        |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  |  [鳳麓学堂]


989◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:37:13 ID:TUmUWkvU0
 :.:.:|:.:.:.:.:/:./:/ |:.:/  |:..:.:.:.:/ ___   ヘ.:.:.:ヘ.:.:.:|.:.:.:.:',\.:.ヽ
 :.:.:|:.:.:.:.|.:.:,ィ==T':7   l:.:.:.:/'´  ̄ `㍉、 ヘ.:.:.:ヘ:.:.ト、:.:.:.', .\!
 ..:.:|.:.:.:.:l:.:/    レ′    |.:./   ___  ヽ.ヘ.:.:.ヘ:.:|::\.:.:.:',
 :.:.:|:.:/レ' ,ィエ幵卞、    レ′ 〃,r=二ミz、 ヘ.:.:.:l:.l::::::l\.:.',     
 :.:.:l∧  〃 ん:::7 ,ハ        ん::( ハ. ㌔ ∧:.:l::「l:::|. \!
 .:.:l  〉 〈i. |ト、:::しノi        |ト、::::::j:i|  i〉lハ ヘ.:l:| ト、!       え? 近代化に役立ちそうな
 ∨ 〈∧.  弋入;;ソり _      ゞ'ュ匕り   l イ ,ヘl:|ノ
  \ ,ハ   ゞー‐'f´  ヾ-r' ̄ヽ  ̄´   /  /j,!       西洋の新式教育をしろだって?
    廴ハ       ゞ__ノ . 廴__ノ      /ーイ
      \                  ∠ 
        > 、     tュ    _ ィ ´
         _≧ト 、   , < ト、
    , ‐一=: : //.|  ̄  _ / ト、
   /: : : : : : : /: :/  | _, r -<    /: : 「ヽ、
.  //: : : : : / : : イ ,代         ,イ: : : | : : \
   ┏───────────┓
      鳳麓学堂 儒学講師
   ┗───────────┛


                             ____
                           /⌒  ⌒\         そうだお!
                       (ヽ /( ●)  (●)\   /)
                       (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))     もう今までの古典重視の教育はやめて
                      /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
                     (___     `ー'´   ____ )    実用的な西洋の学問をやるべきだお!
                           |        /
                           |       /
                           |   r  /
                           ヽ  ヽ/
                            >__ノ;:::......

    ───────────────────────────────────
        鳳麓学堂は地域でも有名な儒学講師が集まる学校であり

        熱心な儒学教育が行われていたが

        新しい西洋の学問を求める学生達にとっては、それが不満だったのだ
    ───────────────────────────────────


990◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:37:44 ID:TUmUWkvU0
                                                      , ' ., '  / , ! `ト-ュ二 ‐'--丶_  ',', 丶     つ
                                                    ,.'  /  .//テl  ! ヽ  ̄i iー ┬` l i ヽヽ
                                           .         / 〃  // 〃.!   ト、ヽヘ  i,ヽ  l   i !  i ヽ   つ
             そんなことはないよ                          ,.' .//  /メ‐ ナ  ! │ ヾ¬─トヾ.、 i   i ト  ! ヽ
                                                  /.,ィ,.,'  〃  _   ',  !  `、 `、 ! ',丶!.  i l !  |  `,
               孔子の教えは、普遍的な価値があるんだ  .        ,'./ i7!  ,´ ,イ外ミ  ', ! ´,チ┬ヽ  '., i  | | l  ト、  ',
                                                 i,' |!.|   ,' i/ !´ !    i |  ,!ー'  ト、  ', l  l !. i | !.  !
                 そんな訳の分からない西洋かぶれの学問より       i|.l  ,' .i |! l_    ',i  i    j i  'i|   リi ! li ト、 i
                                                    !| ハ ,! ヽr' ヽ‐-、,r‐ 、, !、 /  i!  l!. l--、i |i.i | ヽ!
                   ずっと価値があるよ                     | ,' i  丶.ノ   ゝ ノ  ー'      i. ,!、i } | i!  !
                                                    il  i、                   !,'丿' /| !──‐ュ
                                                     !  \   マ' ¬、      U   '´! _,.イ    二三. _
                                                         丶     丿        ,ィ´:ア/     、-─ '´
                                                          \        , ‐'´ レ'T´     ヾ‐ 、
                                                            丶 _,.. - '´     ヒ─-、   r、 ヽ
                                                               /i       ア   ヽト、 i  ` `
                                                           ┌‐:ァ'´ i !   ,. ‐'´   , -`ー=┐
                                                           ノ く   「! ,. '´,. -─ '´        !、


          ____
        / ⌒  ⌒\       今の時代に孔子の教えなんて学んでも
      / (● ) (●)、
     /::::::::⌒ (__人__)⌒\       屁のつっぱりにもなんねーお!
     |      |r┬-|   |
     \       `ー'´  / (ヽ       
      >        <  ( i)))       儒学で大砲が撃てるのかお?wwww 
     γ´          ,ヽ/ / 
     / /、:::..  、      _./    戦艦が造れるのかお?wwwwできやしねーおwwwww
   / ノ .):::..       |
  l∪ノ /   ,      / 
  UJ' i   |     |
      ヽ_,ヽ__,  |
        ヽ..:::\   ヽ
        ノ::: ノ  ,ノ
       (___(_.._ヽ
               .


991◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:38:26 ID:TUmUWkvU0
                                             ,ィ
                                            〃
                                           /,' r、__                  /
                                           ント!  丶   ̄ヽ‐- 、              /ニ
                                         //ハ| 、_ 、ヽ、丶 ヽ  ヽ             /ニ
                                        /// /ィ トー、ニュ、_`, `i 丶ヽ        /ニ7
                                       /,ィ .i 〃 ',. トヽ, ヽヽ. ', ',',  `ト,\     /ニ7
                                   .   〃7 j i,' __ ', l!ヽ丶‐- 、_', !ト、 !. '、ヾ    /ニ7
                                      / !ソ| |'´ ,..、ヘ \ュヾ,`、ヽ ! .i! ミトヽ    /ニ7
                        ぐぬぬ・・・     .   '  i,'l.! ト,i f:i! `!  化ト,ヽ丶├ ト, ト!    /ニ7
                                        |! lト ト|!ヽィ‐、__r ,ヽ-'   リノ.ノ‐' 'マ.  /ニ7
                                         ! ', キ"" '  ` '""" u ヶi7   ,>/.ニ7'
                                            \ 「'´ヽ   /|7、i    ン .ニ7'
                                              丶-',.ィ' ´ / !ハ.ト、.ソ'´ 7/
                                                / ! /   / \/二 ./
                                              /! /ヽ、  /    \./
                                           , ' ´  |!/j_,ヘ /      丶、
                                         ,.イi      // !  ′       ン,
                                   .     / ∥     /  :|         / ヘ



             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ    ほら、なんとか言ってみろお!
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )     反論すらできねーのかお?
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \


992◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:38:55 ID:TUmUWkvU0
                                                             /  / ∠ '´∠ -───=ュ 、
                                                            ,イ′ / /‐ ' ´  ,  = ≡二 ̄
                                                           // /., '´ ' ´  _, 三-、 二ニュ _ ィ
                                                           i{ r'‐ ' _二フ,  <-、 ̄ 二丶  // -ァ
                                                           ヽ」 r三=三ニ ミ 、 丶三三二 ン ' ∠__
                                                            ,' ,ハ ヽヾ ¬弐= 、ミ、 、 丶≡マヘ     <
                                                           ,' i| ト、ヾヽ、イ}ハ ` `丶丶ぅリi}}     ,ム
                  じゅ・・儒学を・・・孔子をバカにするなんて                | |i iト ァ、、  ゞり 〃    '´フ リ r─ ァ'´ `ヾ丶、
                                                           !.|!l ヾ,{もヾソ )        ‐'  冫 ,/     ヽ \
                    ゆ、許しません!                  .           ,ヘ.l l! i}! ロ´ ,ィて`ヽ    /   ,'/         i
                                                          ! } ∥、 '、 ヾイ´!、 !  /_  / '           i
                       あなたは騒乱分子です! 革命分子です!!       i  { _ゞ `  、``   ,.〃ヾ、マ'″              |
                                                         ,.」  jィ ___二フ   ¨ ニ∠_ /               !
                                                       rヾ、 ヽ  {、r‐-─ ' ¨´    /           ∠_/
                            _/\/\/\/|_               { 、 ヽ. l   ゞ、__      /           /
                            \          /               ∧ ゝ 〕'    __ ヽ.  /            /
                            <退校処分です!>              i. ヽ、__, -=¨´    ,  '               /
                            /          \               ヽ `ー-‐ ´    , '            / 丶、
                              ̄|/\/\/\/ ̄                 丶--、 _, ィァ'               /     丶、



       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \   やる夫の正論に反論できないとなったら、今度は実力行使かお!?
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/


993◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:39:29 ID:TUmUWkvU0
      ____
    /:::::::::  u\   
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu     まったく性根の腐った教師共だお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |       頭の中身が化石で出来ているんじゃねーかお!?
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /




        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     ならこっちにも策があるお!
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i 
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


                                            ,ィ
                                           〃
                                          /,' r、__                  /
                                          ント!  丶   ̄ヽ‐- 、              /ニ
                                        //ハ| 、_ 、ヽ、丶 ヽ  ヽ             /ニ
                                       /// /ィ トー、ニュ、_`, `i 丶ヽ        /ニ7
                                      /,ィ .i 〃 ',. トヽ, ヽヽ. ', ',',  `ト,\     /ニ7
                                  .   〃7 j i,' __ ', l!ヽ丶‐- 、_', !ト、 !. '、ヾ    /ニ7
                                     / !ソ| |'´ ,..、ヘ \ュヾ,`、ヽ ! .i! ミトヽ    /ニ7
                                  .   '  i,'l.! ト,i f:i! `!  化ト,ヽ丶├ ト, ト!    /ニ7
             な、何をするつもりなんです・・・?      |! lト ト|!ヽィ‐、__r ,ヽ-'   リノ.ノ‐' 'マ.  /ニ7
                                        ! ', キ"" '  ` '""" u ヶi7   ,>/.ニ7'
                                           \ 「'´ヽ   /|7、i    ン .ニ7'
                                             丶-',.ィ' ´ / !ハ.ト、.ソ'´ 7/
                                               / ! /   / \/二 ./
                                             /! /ヽ、  /    \./
                                          , ' ´  |!/j_,ヘ /      丶、
                                        ,.イi      // !  ′       ン,
                                  .     / ∥     /  :|         / ヘ


994◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:41:11 ID:TUmUWkvU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::... ..丶
:::::::.... ...\                    |\     /\     / |   //  /
:::.' ──-.. \                 _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
:::::::... ⌒__丶 \               \                     /
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ              ∠   学 園 闘 争 だお!    >
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ             /_                 _ \
:::::::::::...    ヽ   .ヽ             ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶             //   |/     \/     \|
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                            f,} イ {  r.、       パヽ
   「西洋式の教育をしろーーー!!!!」                ノ    ヽノ }       .} `´
                                           ヽ      /        ‘.   .{
__                                         _>=ミ、 _ノ        ヽ_, ィ
_   `ヽ                              _r- 、     / ̄ ̄`ヽ   _     __ >イ´:
_>    \    「退学処分を取り消せーーー!」     ヾ'  {   ./::::::::::::::::::::/  __>:.:.`ー' ̄< ヽ::::::
ヽ    _⊥                         __  >^\ /:::::::::::::::::/  ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ァヽ::
 `ーイ/ ̄`ヽ   r-、          __r、    , <:.:.:.:.:ヽ \:::::::7::::::::::::::::::/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ
    く:::::::::::::::::‘.__ 厂Yヒァ-- 、 とア\ ヽ___>x ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}.  ヽ/::::::::::::::::::/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
ー-、ハ:::::::::::::::::::V:.ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ > ⌒ヽ  Y ヽ!ハ:.:.:.:.:.:.:.:./   _/::::::::::::::::::::ヽ  Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
:.:.:.:.:.} /ヽ:::::::::::::::::V/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::::::::}'´¨`ヽ ヽ ヘ:.:.:.:,、イ><::V::::::::::::::::::::く   ハヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
┌───────────────────────────┐:::::::::::ヽ  }::}' \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./V /
│ こうして、学生達は教育方針の見直しを学堂に求めて団結   │::::::::::::::::`<ニヽ ヽ:.:.:.:.:.:./イ /:::::
└───────────────────────────┘:::::::::::::::::::::::::::::::` ̄^゙V^'^ヽイ:::::::::::
>:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:ハイ::::r^ヘ::{ー- }:::::::::::::/:.:.:/ヽ_:.:.:.:.:.:/!:.:ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>へ:.:.:hイ ././ヽ_L=<_|___!::::::::_ノ:.:.:/>-=^ ̄ゝ._}:.:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::>< }}   ヽ|  /./   \  ヽ   }_:::/:.:.:.:./⌒ヾx    ヾヘ:.!ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::><{ り  .L======_/    .....┌─────────────────────────┐
>< ||:::::::::V  .}!          , ー 、  .│  学堂中の学生を巻き込んだ抗議運動までに発展した .....│
:::}リ  |}::::::::::ヽ_ハ       ./:::::::::::|`ー└─────────────────────────┘
../   .|}ー--イ  〈`ー-~---く::::::::::::::|   :|  |  \  /::::::ヽ  x===く  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


995◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:41:32 ID:TUmUWkvU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ○  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          //\ 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       _.//  | 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       / .//  .|. 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       __/  //   |. 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         __/      //    |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         /        .//\   ./ ̄ ̄ ̄ \      「絶対に学堂側に要求を飲ませるんだお!」
::::::::::::::::::::::              \       (∃i  ヽ /  \   / \/| 
    /|                |      //\ \/  (●)  (●)  \/9 
.   //´                |     //  \ | ::::::: (__人__)  :::::: ..|∃i   オー!!
   // ___     ヘ       /     ` __/ ̄\\    ` ⌒´   / /⌒ヽ
.  //∧__\ _/  \      | _/ ̄ ̄     \      \. /// /――‐⊃
 //( ´A` )/. ∧__/      |/            |      | |/ // |´∀`)_
|⌒j/     ̄\( ´Д`) ̄ /9                〉    / ./ / |      \
| |      |\ /    \//                /     \E ) \    |ヽ \_
| | |     |. /    __ //i                 |   _   \.   |    | \| \
\_/|.    |.(  (  ( \ノ ノ      .∧_∧.       |   / \   \ ../  ) /  (E\.\

──────────────────────────────────────────────
   蒋やる夫は、いつも学生達の先頭に立って抗議活動をしていた

   この頃のやる夫は、いつも赤ら顔であったため

   同級生からは赤い頬の指導者という意味の、紅レン将軍という異名を付けられたという

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


997◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:43:20 ID:TUmUWkvU0
                                                           ■ ■
                                                           ■ ■
                                               /l           ▼ ▼
                                       l`、     ,l':,l                      │  \\
                                       'l \.    l'::,l┌--、..,,__.       ● ●     ─┼─┐
                                     _ l   ヽ   l:::l/:::::::::::`、_:::::::`ー-、_            │  │
                                     \, ̄ _,,.-'":::::::l::ll:::l\::::::::::ヽ:::::::::ヽ::::ヽ           │  │
                                      _,,.-'´,-'´'´:::/''''''l::::l`、`、:::::::::::\:::::ヽ:::::ヽ
                                     -'-,/::::/::::::/   'l::::l. `、`\:::::::::丶::::::丶:::l        │     
                                    /ィ::/l'::::::/`‐‐- l:::l  ヽ\'``丶lヽ:::::::l::lヽ   ,     │
      うわあ・・・おおごとになっちゃった・・・        .//イ/::::/ ,:'⌒ヽ  .l::l     ,:'⌒ヽ`ヽ::::::::`l、' //    │     
                                    //:イ:::/  ヽ__ノ   .ll      ヽ__ノ  ''l:::::::l'  ./     │ 
          わかった、退学処分は撤回するよ!     //__l::l _,,;-z_,,.    '    ‐Z_,,-t‐  l))l:l ζ  /   │
                                    / [ [l:l     ,,.-‐''"´ ̄`ヽ、   l_i  lノ丿 l´./ ̄  │
                                      丶、ll     l´       `l    ノ   ./ ̄/  │
                                       ,○丶、   l        l   _ィ´  / ̄/
                                     ○´     丶、  ヽ、___,,.=''" _,,.''  / ̄/    \   /
                                            ∠`` ‐-----‐ '"´;ヽ  / ̄/        /


 ―― こうして、闘争の結果、やる夫らは、指導者達の退学処分の撤回要求を
      学堂当局にのませることに成功したのであった

                                 ,.へ
     ___                             ム  i
    「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
    ト ノ                           iニ(()
    i  {              ____           |  ヽ
    i  i           /__,  , ‐-\           i   }
    |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
    ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
    i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
   . ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
      \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
        ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
          `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
        / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
        | 答 |      白 紙 撤 回        │|
        \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


998◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:43:51 ID:TUmUWkvU0
                                                     ,.へ
                                                 r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                 ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                 ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                               , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                              /           `'ー===' ',
                                              ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                              i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                                              i'LLゝi.'ー---  ー---、イ.i', i .| |
                                              ' ,イ 7          く_/ i  | |
              たしかに、「昔の俺はワルだった」系の話ね      /   '、      u/ / ,' イ.  |
                                              レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                               / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                              / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ . i   |
                                             ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                   '     i/    〉,   |


            _>r-、,>'::::::::::::::::::::::::::::::::::';ヽ,/ //
           ∠_ンY7=r'─--- 、:;;__________!__ヽ//-‐ァ
              ,ハ:::::|l:::::::::r-┐:::::::::::::::::::::7::二7,/
            ,.:'" ヘ.,_!!______::::::::::::[]:::l]::::::/::::::::/、
           ,:'  ,      /  ̄ ̄"''' ー-'-‐ ''"^ ヽ.
         /  / /  / ; !:.:.:.:.:.:.:.:! ', ヽ.  、    ':,
        ,.イ   ,'  ,' 、,_!_/」,.ハ:.:.:.:.:.:.ハ _!__  ',  ':,    ',.
           |   !  ! /|/  |./ ';.:.:.:/ |.´ハ  `ハ   ',    i
         !   !  レ'r‐'ァ‐-=、 !:.:/  !/_,」_/_ !   i.   |    どこまで真実かは分からない
          ',  ,.! ハ ヽ ! Jリ  レ'  7´ i´ Jア'ァ  ,' i   !
           V`'レ'|:.:.:!  `ー '       '、_,ン イi  ,ハ |   !     この頃の蒋やる夫に関しては、あまり文献がないし
             ! .|:.:.!'"'"     ,      ,.,.,. ハくタく!   |
             | .|:.:人      ___       /:| |  !   |      1950年代から台湾で起きた「造神運動」で、極度に美化・神格化されたからな
.              .! .|:.:.:.| `: 、   ` 二フ u ,ィi:.:.:| !  :   !
          ,'  |:.:.:.|  | .>.、,    ,. イ  |:.:.:.! i  i   |      ただ、次に紹介する武勇伝はどうも嘘らしいことが判明している
          /  ハ.:.:.!  ! /r'|、_`ニ_´  ,ィ|ヽ.|:.:.;'  |  !   ',
         ,.'‐'" ̄';.:.!イ"く /__     __/|:::::::レ'_____!_ !    ',
        /     レ' /、!::::::ヽ、   ン:::!7"´i /   `ヽ、,  i
       ,:'      、/:::;ヘ:::::::::::i-イ::::::::::|]::::::!}        ヽ. |
     rく       !/::::::ヽヘ/ムヽ!:::::::::!7::::::::i/       ':,


999◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:44:07 ID:TUmUWkvU0
   ─━ やる夫、弁髪を落とす ━─


 ┏─────────────────┓
    通国陸軍速世学堂(通称保定学校)
 ┗─────────────────┛
                              ,.ィ=t.、 i! i! i!. ,.ィ=t.、
                         | | | |_i!i=i!i=i!i_| | | |
                         | | | | |!l>=<l l | | | |
                         | | | | |<:○:>| | | | |        ┌───────────────────┐
                         | | | | |!l:TT:l!| | | | |        │ それは、やる夫の入学当初の話である  ....│
                         | | | | |!| | | |i| | | | |        └───────────────────┘
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
            i‐┬┬┬┬┬┬┬┬:| | | | |!| | | |i| | | | |
            |‐┼┼┼┼┼┼┼┼:| | | Eヱ夲オヨ | | |
.         ___|‐┼┼┼┼┼┼┼┼:| | | | |_i_从i_|_| | | |
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼lニニニ二:| | | | | |!| |i| | | | | |二ニニニl
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼`△     | | | | |_|!|_|i|_| | | | |    △´
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼‐| |_.il._.i!_.| | | | |_|!|_|i|_| | | | |_.i!_.il_.| |
        |E| lニニニ二二二二| | |i| |i| i| | | | | |!| |i| | | | | | |i| |i| | |二二二二ニニニl
 lニニニニニ二△    △.    | |_|i|_|i|_i| | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |     .△    △二ニニニ
 r┤.i! i! r=i   | |_i!_i!_| |_i!_i!_.i!_| |_|i|_|i|_i! | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |_.i!_i!_i!_| |_i!_i!_| |  .r=i. !
 | .|_|i|_l|_| |_i!_ .| | i! i! | | || || ||..| | |i| |i| |r=ffli==、r==t==jj=i| ̄|| |i| | |..|| || || | | l| l| | |. _i!_| |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| |_|i|_|i|_|. |l l|  |.l  l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l| l| | |. _l|_| |_|
 | .| |i| l| | | || |.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_|. |l l|  |.l.,.、l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l| l| l木木木. |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| |. |l l| /.:: \ |l l|  || |i| | |..|| || || | | l| l.z木木木木.|
 | .|_|i|_l| | |_||_|.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_|. |l l|〃.::::::::::::ハ.|l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l|z木木木木木
 | .| |i| l| | | || |.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| |. |l l|{{::::::::::::: : }}|l l|  || |i| | |..||_||_||_| |_林林林林林林
森森森森森森森森森二二二二二二二二L._|l_l|{{::::::::::::: : }}|l_l|_二二二l森森森森森森森|i|森森森
森森森森森森森森森森森森森森森森   .;    ,,,     .:':'        ,:,:,:,:,:,:,:,:,:,.... ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙


1000◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:44:26 ID:TUmUWkvU0
                                 r―==二 ̄`ヽ
                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|
>::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      .        ____
                     ..          /        \
                           / ⌒  ⌒    \
                          / (●)  (●)    \
                          |     (__人__)       |
                          \   `⌒´    /
                          / ゝ         ィ'ヽ
                         /                 \
                        /   ィ          r   \
                        |   `||           |ヽ  ヽ
                        /⌒ヾ|          | |,  |
                       ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                           |          |
                            l    Y´     /
                            ヽ,   (     ,/
                             ヾ  |   |
                              ≒;|   |   キュムキュム
                              (.("_`゙_)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


5◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:50:30 ID:TUmUWkvU0


     \ヽ   | l  //                  \ヽ  | l  //
       . こ   . な                       :  ス
   二ニ : の   : ん  -‐               二ニ   :  ゴ   -‐
    -‐ ! 人   ? だ  ニ二               -‐  :  イ  ニ二
        は                            !
     //   | l  ヽ\                  //  l |  ヽ\
        _,r~~~~.、
        r' _,r~~~~、ヽ                       _--、, -z._
       { ノ  u `ニニ´ ヽ.)       _,-ーvーz_       >::::::::::::::::::<
.      { L_ r=== u.==、l′     イ ,、,、,、,、,、 ヽ      /::::::::;:::ハ:::、:::::ヾ
       {r=i| r 。=  。=、 |       | l--、 v,.-ヽ|      イ:::ィ/K u >ヘト:::|
      {|L||ij `ニ7  lニ´v|       1|⊂・ ・⊃|,l      .h:「こ・j=「・う]:n
      {`ァ| r─' L_」 ー、|     {f|L ∪ v」|f)     |f||: ̄,」 L ̄:||j.|
    _/{/ :| |(二二ニ二)|.       `|.⊂ニつ l´       ヽl ‘‐u‐’v:レ'
-‐'''"´::|:::::ト、 ヽ_ , , , ,一, , _人        ,ゝ、.二. イヽ_      _/l.ヾ二二フ∧
:::::::::::::::|::::::| \  ̄`¨フ丁 |:::: \-‐''"´|: :|、.__,.|: :|: `>ー''"´|: :|\.二./|: :「`'''ー- .、
::::::::::::: |:::::│  \__/ |:::::|::::::::::: \ : |,.へ.  /へ|:/| : : : : :│: |.\  /| :│: : : : : l:ヽ.
::::::::::::::|::::::::|    ,.イ:ヽ. ,|::::::|::::::::::::::::::〉、 : : ヽ/: : : /: :|: : : : : :|: : l   X.  |: : |: : : : : :|: ハ
:::::::::::: |::::::: |ヽ/ 〉:〈.∨|:::::::|:::::::::::::::/::::| : : : :|゚: : :;ハ : :|: : : : : ;>:|/〉〈\|:<; : : : : :|/: : l



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  /
               ┃/  /
               ┃  /
         ___   ┗━━
       /  、 ,  \
.       /  -   -   \
    /    ′`      \          \  丶       i.   |      /     ./       /
    |             |   /⌒)       \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \            / / /         \  ヽ    i  |     /   /     /
        >        </ /                                       -‐
     γ´             /        __                               --
.     / /、:::..  、      /             二    弁 髪 を ……            = 二
   / / ):::..       |            ̄                               ̄
.  / / /   ,      /             -‐       し て い な い !!!     ‐-
. `一'   i   |     |                                      ヽ      \
      ヽ_,ヽ__,  |              /                    丶     \
.       /  / \   ヽ            /   /    /      |   i,      丶     \
      /  /   ノ  ,ノ
.     /  /   (___/   キュムキュム
      {  /
      ゝ-´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:51:42 ID:TUmUWkvU0
     /⌒ ⌒ \.   |,_|,_|,_|'、
    ( ー) ( ●) / ̄ヽ|,_|,_|,_|,_|    (ふふふ、皆の注目がやる夫に集まってるお!)
  /⌒(__人__)⌒::::; 6ヽ|'人_|,_|,_|
  |     ー'     ヾ,__ノ    ( ,|     (思い切って、イメチェンしたかいがあったお!)
  \           / `´ ゛'  ノ
              ゝ_人 '' 、 
                \_/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     「あいつ革命党なのか・・・?」
                                 「恐ろしい・・・」          「なんて無謀な・・・」
      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ    (これでやる夫の保定学校デビューも)
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
  \ \    )┬-|   / /> ) ))  (成功間違いなしだお!)
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │


7◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:52:11 ID:TUmUWkvU0
        _      ,ィ1 _
        \`Vハ /´ ̄/
         >‐.H  く
       r=====┐
       Y へ.冊  _Yく
     /⌒/   `⌒\  \
    / /  _i_   i_  ヽ   .    このように、わざと革命派であると知らしめるため
    l从 ´ ! ハ !ハ`  ト!  i
     乂 / TT八ノT TVノli   |    蒋介石は保定学校の入学時から弁髪を降ろして、風を切って歩いていたと
     |ハ l..l.   l..ノ |  |   |
     | 入"" .  "",|  |   |    蒋介石秘録や伝記には書かれている
     |  | `ニニi ´}. |  |   i
     |  |/ /只ノ !  !   l    
     |ハ|.__//  ∨ |ハ|  i !    どうも、これは嘘らしいんだ
.      /  || `ー‐'⌒Vル'  l |
    /   〉── --'ヘ  l l |
.   / /l /       \ハjハノ
   レ' /          \
.     /二フ rk __   <二\
    /二フ__ \\_/ .> <二ニ.\
.    ムイ´ム`ト.\__//rヘ.___メ´
        、水イ1 ̄ ト水´フ
         Y-'ノ   Y´ ノ
         ~´    `~

                                                     ,.へ
                                                 r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                  ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                 ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                               /           `'ー===' ',
                                              ,' / ,-+ 、,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                              i ,'. ', r;ヽ.i__,/L-〈ー- ! ',  i  i
                                              i'LLゝi ' ヒノ   r;=-;、イ. i', i .| .|
            そんなに、弁髪してるかどうかって大事なの?       ' ,イ.イ"   .    ヒンi く_/ i  |
                                               /  .'、  、   ""/ / ,' イ   |
                                              レ、_イ__ヽ、    ., " , '  / i .  |
                                               / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                              / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ i   |
                                              ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                    '     i/    〉,   |


8◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:52:51 ID:TUmUWkvU0
       /!_/!,.へ、ー/|/!  /!
      /!/ ./:::::::::::\::::`ヽ/ |
     .〈  /_,,..-::r7' ̄ ̄ 7`"''ー!、_
     _>''"l::-‐::'::::::::::::::::/::::::::::::::/    
      !::!:::_;: -''""  ̄ `""'''ー- 〈
      >'  i´`'ー.、ヽ ヽ、   `ヽ.      弁髪は満州族男子の伝統で、清朝のシンボルでもあるからな
.     / / ハ  ハ ハ_,.ィ ハ  ', ',
      i イ i、!_ヽ、| ,ィ' ̄'iヽ! ! ! |       清国政府は、清国の全ての男児に弁髪を強制して、守らなければ罰した程だ
.     | i  i ;:=-   ゞ-' ´ |,ヘ | |
.     | !ヘハ| ,,  _    " ! !/  |._ノ´)     当時、弁髪を降ろすというのは、清国への反乱や満州族への抵抗を意味した
      Vレ'.| !、  ヽ ̄ノ  ,.イ  | /´  ,イ、
.        | | |.`>r-=.<!7  i'"!   、ヽヽ、    太平天国の乱の民衆も、乱に参加してからは弁髪を降ろしたというぐらいさ
     ,.、 | | |イ:::!ヽ/:::::::/ /  iヽ、`ヽヽ.ン´
     | | | |>、|く7、ハ::::::::! /  !ヽ、>-'´
   ,.イとヽ|. /  /ヽ/ムヽイレ'ヽ、___ン´|
   l  ノ` i !、_,.!:::〈/Y\〉::ヽ、/  ハ |
   `'く  ヽ'  〉::;::::::::::::::::::::Y::! / レ' 


                                                                  ,ヘ   ,へ、
                                                                 く< 'ゝ-イ/ |<
                                                               , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
                                                              .,'  ! !  、 、 ヽ ', .',
                                                              i  ,'./-λル-i-イ i」 i
                                                              iルLi ○   ○ `Yi、 i
                             なるほど・・・                          ノ`リ "" 、_, ""イ !ノ.i
                                                              /ノ:|,:ゝ、 ,____ , く_,ノ | i
                               じゃあ、なぜ嘘だと分かったんだい?        lXl レイr' /LY_ノ ./`ヽlXl
                                                              ノ ,.' .〈 i  |:  !i .|  i l
                                                             |>/ ,λ. . i: λi/|  ||><|
                                                             .|/ ノi/::::::v::::/ヽ|  | l
                                                             [_{,'ヽ::::::i:::::ヽ/|_] l
                                                             (_ノ/ヽ、>::i::::::::::::::::ヽ_) l


10◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:53:45 ID:TUmUWkvU0
    iヽ、∧  ,ヘノヽ、
<⌒ヽi  ゝi/へi `yイ>
  `ヽ Y_/--──--ヽ__   清国政府国営の軍学校で、弁髪を切ったまま在学なんて
  '/\ L ロ | - | ロ 」 /
  く  ,,-ゝ-───--' ヽ   できるわけないだろ・・・・・・常識的に考えて・・・
   Y´〈/ノト,__,λ 〉,_, イノ〉
   i i rノ ─  ─ tノイ    校則で弁髪を降ろすのは処罰の対象となっていたし、それで日本留学の政府推薦など不可能さ
    | :| !|.,u   _  "ノ |
    | ,| ||i.`:、--:;.´i| i |     しかも、在学中、弁髪をしている蒋介石の集団写真も発見されて嘘だと判明してしまった
   i r'ヽi',/ くヽ`イ>ヽヽ!



                                                                   ,.へ
                                                               r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                                ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                               ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                              , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                             /           `'ー===' ',
                                                            ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                            i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                                                            i'LLゝi.'ー---  ー---、イ.i', i .| |
                             たしかに、言われてみたらそりゃそうだ        ' ,イ 7          く_/ i  | |
                                                             /   '、      u/ / ,' イ.  |
                                                            レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                                             / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                            / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ . i   |
                                                            ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                                  '     i/    〉,   |


11◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:55:29 ID:TUmUWkvU0
    iヽ、∧  ,ヘノヽ、
<⌒ヽi  ゝi/へi `yイ>
  `ヽ Y_/--──--ヽ__
  '/\ L ロ | - | ロ 」 /
  く  ,,-ゝ-───--' ヽ
   Y´〈/ノト,__,λ 〉,_, イノ〉
   i i rノ ─  ─ tノイ    もし、入学時から弁髪を降ろしていたら
    | :| !|.,u   _  "ノ |
    | ,| ||i.`:、--:;.´i| i |    即刻処罰の対象になっていただろう
   i r'ヽi',/ くヽ`イ>ヽヽ!


        _iヽiヽ/|、
       ゝr-'--'、イ>
      ,- r´─--─ゝ-,
     ,. ',_Lトi-i」____,,,.イ、
     ,'  ,、 ̄、 、  .',    そういう訳で、あまりこういう話は信用できないんだな・・・・
     レゝ(-_(,(,ヽ_-ヽ`ヽ i
      i .!━   ━ iヽノ |   では、次のエピソードへいこう
      |人" _  ",i !. |
      i. |`' .,-- ,イ.| |! ||   これも保定学校時代のもので
      .i ii r`yrイノ ! !ヽ, ||
      〈i !i (入)イ .| iλ)ノ   なんでも台湾の小学校の教科書にも載っている有名な話らしい
      レ〈 VV,__,.'レ',~~i
      ///   ', ', ',,
     r>'         しノヽ,
     K>-/、_,r-、_r-、_イ>イ>
    ヽゝ_L-イ~,__ー_k-´"´
      ├_ノ   ヽ,_┤


12◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:56:08 ID:TUmUWkvU0
 ┏──────────┓
    保定学校 講義中
 ┗──────────┛


┌────────────┐
│ それは、蒋やる夫が   ....│
└────────────┘
────────────────────────────────────────────
  .__l|l____l|l____l|l____l|l____l|l____l|l___
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          |
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | ┌
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | │ < これから衛生学の講義を始める
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          |
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | └      起立! 令!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| _       |
      ィ´ ̄ /l      / ̄ /l    l ̄  、   l\  ` 、 ___|
     |l ̄ ̄l|        |l ̄ ̄l|     ! ̄ ̄l|  ...! .|l ̄ ___
   ̄ ̄ ̄/l      / ̄ ̄ /!      .| ̄ ̄ ̄ 、     l\   ` 、
              .|l ̄ ̄ ̄l|       |l ̄ ̄ ̄l|       .|  |l ̄ ̄ ̄
              .|      !       .!       |      .!  !!   _
         / ̄ ̄ ̄ヽ           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        |\
────────────────────────────────────────────
                 ┌──────────────────────────┐
                 │ 日本の軍医教官から衛生学の講義を受けている最中に   │
                 │                                     ...│
                 │ 起きた出来事であった                        .│
                 └──────────────────────────┘


13◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:57:21 ID:TUmUWkvU0
┌────────────────────┐
│              /)              │      ┌──────────┐
│             ///)      ,....,     │      │ 衛生学の講義中に  │
│           /,.=゙''"/  ,...          .│      └──────────┘
│     /     i f ,.r='"-‐'つ         ......│
│    /      /   _,.-‐'‐            .│
│      /   ,i   ,二ニ⊃           ....│
│     /    ノ    il゙フ               .│
│        ,イ「ト、  ,!,!|               │               ┌─────────────────────┐
│       / iトヾヽ_/ィ"               .│               │ 日本人の講師が一掴みの土塊を持ってきた  ...│
└────────────────────┘               └─────────────────────┘

                                 
                                    ___
                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ヾ
                                /´\::;     /\
                                ∧   >―-へ〈  .:::',
                        / ̄ ̄ ̄ ̄ /::.;  :.;"`7    \:.:/: ̄ ̄ ̄ ̄\
                        /   : : : : ∧      /       \|: : : :     \
                       /    : : : :  .::>、  -<: : : : : : : ___」_./>:         \
                      /                                    \
                      l二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二二l


14◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:58:41 ID:TUmUWkvU0
┌────────────────────────┐
│ そして、このような内容の例え話をしたというのである   │
└────────────────────────┘
               ____. __
             .,.‐´     '',,`',:::::::`‐、
           ./::::::::'゙゙,     ';'`、,;;:::::;;;;;\
           /:::::::::::::;;'゙´       `、 ;彡;;;;;:::\
          .{::::::::::::::::`::::',ッ'';;'';'';';';;;`、彡彡;';;;;;;i
            i';::::::::::::; .:::;:,_____、,__,::; ;::i
          ;‐,'-,;__;..::'::|゙          i::;; ;::i
          /::::`'‐,r':; ,::;;;}‐──────‐}: :, ;;゙i
          .i゙;::::` .::;´:::: ::::} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:';; .:゙i
          .゙i::::: ,::: .::::: _,;;l゙____,..、____|:;, '' ,;;i.      いいか、この一塊の土は、約1立方インチの大きさだ
        .i゙:::`::::;;;`..;` ::|;;;;;`‐゜ー';;;;; i;`‐゜‐';l:;'::';,,゙i  
        ,-゙:: ::;',:::::゙゙'゙ _;;;}         l::::::  i:::::; Y'       この中には約四億個の微生物もの寄生していると
      .∠;;:`.::;`::::: ;;;;''゙::|          l:::::: i:;' ;;, ゙i
  ._、゙ィ;;::::`:::';::''`;;;;:: ,;|,.    、 ゙ィ,,,__}::: i:::;' ;;i'`         言われている・・・
 ̄ ̄   ';;;;'''',,,'::::::::'::::;':::}:`、    ̄ニニ¨ /; ノー'´\
     ゙,,_ッ;;:::::::::.::;`:;;;;}::::::`、     '''  /:; ;i`、   \
        '''' ッ:;;;; .:;;''`:i  :::::::\,,   _/:::;i` i .`、    \
          ッ'''::::. ':::::::i   ::::::::::: ̄''';;ト' ゙  |  `、



                                    ____
                                  / _ノ ヽ_\
                            .     / (ー)  (ー)\    (なにかと思ったら、単なる例え話かお)
                               l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
                               ヽ   L   |r┬-|    |
                                ゝ  ノ  `ー‐'    /
                               /   /         \
                             /   /            \
                            . /    /         -一'''''''ー-、.
                            人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


15◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 21:59:54 ID:TUmUWkvU0
;;..;;;; /;:;;;./;;;;/;;;;;mヾヾl|//;;:;:;:;、;;;:;;ヾ;;;ヽ.、;; :ヽ
;;;;;;;/;; ;;;/;;;;///,'        ヾ;;;;;ヾ;;;;l.|;; .;;ハ
:::::/;;; ;; i;;;;;.i;|l.|;l            `i;;l;;;;l::l;;;i、;;;l
;;; l;;;_,,ェョ;;;;;;l,l|'l:l--―――― ---ノノ!;;;リ;l::::j、 ト
;;;;lニ-ーf;;;;;;l|l・リ"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゛''/〃〃;l,,l::::ヾ;l     そういえば
;;;;l;;; ;;;;. j;;;;;j;,' /    ..:  .    l|{;;〃!: ト、!.:.ヾ!
;;;.j;; ;;;. j';;;;//' .....-.....;;;;.  ::::- .{l 巛.{;; i| .::: :: `i     お前ら中国の人口も、ちょうど四億人だったなァ
.;;;};;;;;;;;:::::::,r・こ―、;;;;;;ゞ {.,r・こー、:::::l;;; : :.;;;; ; j
;;ノ;;;; :::::/;;;;――‐;;;;:;;,.. i; l:;;;;;;―‐::::::::l;;;;;.; ,:;' ;:;'      
.;.;';;;;;;;;ノ"""""´´  ::..   l      :::l;;;;.;;.;;.; ;;'      つまり、四億個の微生物が
;; ;;;;;;f          ,i、 i、     :l;;;;;;.;.;.. l       
; ;:;;;;;l ...   ...   ゝ 〃/´、,      l;;;;;, .;;;. .ハ       この一塊の土の中に寄生しているのと
;;;;;; ;;;l:::::'  ",,    '';;.;;;;:''      ,';;;; ,'':.: ; ; ;!       
;;;;;; ;;;l;;;'   ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ッ   .j;;;;;;;.;.:::;:. ; l         同じみたいなもんだなァ・・・ヘヘッ
;;;; ;;;;;;l;       ̄ ̄`´ ̄ ̄   /;;;;;;;; ;;; ; ;./
;;..;;;;;;;ノ :.   ...::::::"リ"''""":.....  /;;;;;;; ;; ; ;;;/
;;:;;;;;;;;l ヘ ::...   :.:.: .:     :.: ,';;;;;;;;;.: : ;;;イ
;;;;:;;;;;;l:.::.ヽ :.:..   :         ,'::::::: ,;;,; ,;; l
;; ;;;;;;;l.::::.:::::`.ヾ.、   .......::::::.. /;;;; ;;;;; : :: :::l
;;;;;;;;ノ:::.::.:.:.:.:.: : :`ー-=≡三=‐',;;;;;;;;;; :.:; :: :.::l
彡'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;::"__,彡;;;; ;;;; ,;;.;; ; ;;.l




      / ̄ ̄ ̄\  スッ
     / ─   ─ i⌒i
   /  <○>  <○.| 〈ヾ           ..┌────────────────┐
   |    (__人__) / .フ |               │ これを聞いていた蒋やる夫は・・・  .│
    \    ` ⌒ /  |/            └────────────────┘
    /     ./  ノ
   / /\    /   |
 _| ̄ ̄ \  /.  ノ__
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    \
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||


16◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:00:25 ID:TUmUWkvU0
      / ̄ ̄ ̄\
     / ::\:::/:::: \
   /  <●>::::::<●> |ヾ
   |    (__人__)  || |
    \   ` ⌒´   |||´
    /          ||||  バチーン!!
   / /\   / ̄\ ||||      .'  , ..
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \从// ・;`.∴ '
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__) < ,:;・,‘            ┌──────────┐
  ||\             \ .   ’ .' , ..        │ 憤然と席を蹴った  ...│
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  ̄                 └──────────┘
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||



                                           ,j从//;;;;,'             }ll|,| |l|;l|,l| ゙゙}}lll||l|;ィll|ッッl|l|l|l| 
                                           j从ll|| ;;;;|、,,         jlリl| |l|ll|从;;;;;;;、 - ''"´,jl|;;;;;;l| 
                                           リ从从;;;;;',  `''''' ー― ---l||;;;;lリl|l|l|''" ̄,, 、-ー'''"ヾヾll|| 
                                           { l|ii 从 |;;| `゙''ー =ミ ,,,,, _l||;;;;;;;l|ll|-|''"´ll\ヾlリリ;;;;l|ヽlj 
                                           ヽ ソ从l|;;;l       ...:::::::|;;;;;;イl||从ヾヾヾヾ゙゙゙ |l||ll|/l|l| 
                                           /ノ彡リ;;;;;;'ー,、 ,,、,,  ''"""´ ヽ、;;从从ヾヾ゙'ー、ヾミ≧;;〈〈
                                          /ノ,,ノノ从||:ミミ弖ミ:ッ''ー-::::__:::;;;;;;ミミ゙lwミミミミヽ`'ーミ;;;;}{、
                                          イイイノノ从;;',゙::::::::,' ''""゙ヽ`'''''''"´彡  |ll|゙'ーwW;;;;;;;;ヾヾ}リ;;l
              なんだぁ?  貴様?               ' 、l|lV/ノノ ;;', :::::,'           l|ll||ll| |;;;;;;;;;;ヽ、l|ii|リ|リ
                                            ラ;;;;l/ ; ;;', :::,'   -、:::...      lリl;|ll|从;;;;;;;;;;;;;;;Yl|〈〈〈
                黙って俺様の講義が聞けないのかァ?      |ll|l/;;;;/;;', (",,、-:ァ''       l.|l;;;;;;ヽヾヾll|;;;;;;;;イ|从ll|
                                             ヽl||;;;/ ;;;', :゙´、∠____,,,ノ   |l|lヽ;;;;;;\\リ、;;;;;;ノミllリ
                                              l|;l||| ;;;;;', `゙゙'""""´´      |l|;;|lll、ミミミ゙\イll(llミl|<、
                                              , ''、ll;;;;;;;;;;', :`:::""´´     ゝ;;;;;;;\、、ヽヽ、゙ヽミ ミーミ、
                                             , " イ ; ;;;;;;;;l イ       ,、 彡ツ;;;;;;;;;;ヽミヾヽ\ヽヽヽヽ\
                                            イ /|lヽ;;;;;;;;;'、、::..   ,、-'":::"///〉〉lll|;;;;;;;llヽl|;;;)|l;;;;)l|〉ヽ))
                                             | /  乂々/ミ`゙ー― '´:::::::'" /イ//从l|ll|;;;;;;;;;;;;;リl|イjj;;ノ }}リ;;;;/|〉、,
                                            /ノ  //" レ゙゙゙〈::::ll|:::::::::::"  l|l|;;l从|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;|リ((ll|l|ノ忽ヽ/  ゙゙l


17◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:00:55 ID:TUmUWkvU0



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  
    /: : :             \  
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \         
: : : : : : : :.._        _      \ 
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |      教官・・・・あなたが、この土の塊に寄生する微生物を
: : : : : : ´"''",       "''"´       l  
: : : : : : . . (    j    )       /         中国人に例えるならば・・・
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\     
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \   
: : : : . : : . : : .                   \


18◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:01:06 ID:TUmUWkvU0
                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                               /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                               / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
                               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
                .                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
                               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                               \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
                               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
                              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
                              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
                           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
                           | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
                           |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
                          ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
                    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
                \   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
                  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
                   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
                .      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
                       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
                 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
                          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
                         ∧ `i、 ||  |i   i ||'"    /
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ /::.;  .ヽ||           i|' ̄ ̄\
                .              i'ヽ、      ,,.r''"!i:     \
                /    : : : :  .::>、 ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......       \
               /                                    \
               l二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二二l


19◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:01:41 ID:TUmUWkvU0
                              ,. -─────────‐- .、
                             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
                           /                     \      日本人の人口は五千万人だお?
                         /                        \
                   _   /   / / ̄\\       // ̄\\   \     だったら、この八分の一の土塊に寄生する微生物も
           /''''~ヽ.   /  ヾ/    |  |    | |      | |    | |     \
           /,___, r`i、 {'ー-' /.|      \ \_//       \\_//      \     ”日本人”ということになるのかお?
     /~' - ._  ヽ,__,,/  'i >tー' |   ../ ̄ ̄\ /    |    \ / ̄ ̄\..    \
     }   ,i  \.  |    'i  |   |    :::::        |      |      |       :::::      ヽ
    /ー' /、  丶'ノ   ,;  .:.:   |          |      |      |              |
    `- '  >,  ,' ノし': :ヽ      'i          \__/\__/                 |
  / ̄~''-ー'   ((,イ: :  :: :V)    |          |       |                |
  .{   i      、ゝ: :   : ::ノ} ,, ,; ,; ...'!、        |r─‐┬──、|                |
  ヽJ_ノ`-, #. .:ノ ヽ: :: :  : :: :/ "   / `'''' -ー,    .. |/   |    |              /
      ).:.:  ,; .; ゝ;:; :;从;ノ _,,;    .:"  ,   .}      \      /              /
       !、.”:;,;:,:,.,:;:;,;:,:,.;:;;:,.ο:.: ,; .;,.. -!、  .{        ̄ ̄ ̄ ̄             /
       /ヽ、   ー--― ..,,,....-=ニ',    >ー'
      /    ρ         /'


20◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:02:09 ID:TUmUWkvU0
从从iii:ノ  ////了;;;;;;;ミ));/ /彡ミミ::;;-ー―" __/ヽヽ
:::::::::リイ  i::/ / / /;;;;;;;;;;;iiiii)/ , /´〉,、     | ̄|rヘ.从;;;)) |
//;;;/:|  ノ:ノz''"// ,,.l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
i;;;;i;;;;リ /;;;、-''了  / ,、 二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
iii||;;;;i   ,、-ー'i|  ".../__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
リ|ii|/ 「"、リt i|ii|i  ノ '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
リリ/ /、,リノ;;|''|;;|ー-|/----レ------ ーリ;;;|''||ii从リ,、;;;;/ /从从       `ー-、__,|     ''
:::::|  |ノノ人ソ''|リ+::、::,,_o;:;:'、o;) ,,、-ー|;;|i|'"iii|从从;| /ヽヽミミミ
:::::|/彡ノ リ ノ ノ ー--、 ̄ ̄ ̄ノ:::::::::t;;tヽヽ、;;ミミ;レ"ヽ、ミ三''ン;;
彡"从从ノ ノノ    ヽ~ j::::( r'  `ヽミ、,,,、='}~'-、、ミ三シ<":
彡彡イ/);;;~"'''ミz;;;;;;;;;;__iz-ノ人t-;;=ニ、ニ,-ーヲ;;;;;;;;;;;;;) ̄ 、;;;;:::::::::
>''"//;;;;;;;;;;;;;;`'ー`=´-''rミ:ァ了彡:~'''''.i''ア'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ 、'ー、::::       きさま・・・
;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;'''''  """:(ミミi|:::j:::彡::::''"  '''"  ::;;;;;i|ミトトミ ::::::::::::
;;;;;;;;;/|;i|;;;;;;;::::::     .:::::(ミ i :|:/リ::::、       ::;;;;;从~'-、ー、、、、r'"
;;;;;;/ |t;;;;;;;;;;)::::::::: . :::::::::i'⌒ :j :}:::''"ヽ:::::     .:ノイ;;リ;;;|从::::::::::::::::::         きさまは、革命党員か・・・?
;;;;/从i);;;;;;;t'、:::::::: :::::::::::'ー:、( )'"~´     .:イ/;;;;|i|i||从ヽヽヽ;;ヽ
ノノノノ;;;;;;;;;;;;t';:::::::::: ,::::::::::~''ー、;;;/        .:::/::|;;; || i 从:::;;;;;;;;;;;;;
 从;;;;;;;;;;;;|;;;;;;'、:::::::: ..ヽ.ー__ニ三三'''=ー"   .ノ::::|;;;|i||ii t从;;;;;;;;;;;;;;
リ;;;;;;;;从;;;;j::::::::::ヽ:::::: .::::~ 、" ̄ ̄ ̄"::::   .r'::::::リ;;r、(((ヽ't;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;ノ ;;;;;;;|、::::::::::::ヽ: ..:::;;、 '' ~~""ヽ、 :::; '::::::::/;;/从ヽヽヽヽ;;;;;;;;;;
;;;;;;/イリ;;;;;;i、_::::::::::::::::ヽ::::(       /::::::::::i;;;;从ii|ヽ)))从);;;;;;;i|
;;;( (i|;;;;;;ヽ、,,,::::::::::::::::ヽ;;:::''''''''''''''ヽ/:::::::::::::::t;;;;i|从ii|;;;))''ノノ、;;;;;;




                   /:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /: : : :              \
               /: : : : : :                 \       やる夫は、ただあなたの例え方が適切かと聞いているだけだお
              /: : : : : : : :..                \
             .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l         関係のない話はしないでほしいですお
             | : : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
             .l : : : : : : : ´"''",       "''"´       l
              \: : : : : : . . (    j    )       /
               \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
               _ノ>'´小、    `ー―'´,),. /\イ
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \


21◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:03:46 ID:TUmUWkvU0
            ノ.:ノ.:::::::::::::::⌒ヽY.::::::::::::.`ヽ::.ヽ
              〃〃.::::::〃〃⌒ヾVx≦、::.`ヽ:::::::ハ
            〃〃:〃.::::::{::{       }:::::ノ:}:::::::::}      _/\/\/\/|_
            {{={{::::{{:::{:::八{二二二ニニミ/:ノ}.:::::::ハ      \          /
             {{:::{{ 〃八(__,ノ__ ,    〃:::X/.::ノ:} } }      <  貴様ァ!   >
  ― -- =ミ   八八{:::{.::::::て 。ユノ八≧=‐-v'.::〃ノノノ      /          \
.          `Y:: ハハ:Y:::::::厂 ̄ ̄{ {`ニ゚ニ:::::::::::〃/         ̄|/\/\/\/ ̄
.         ノ.: } :}:从::::/  .:::::r_、_}〉::..  `Y::::八{
       /.::: ノ ノ.::::}}::{  、___ヽノ___,  ,::::::{ { ハ-,‐―――      こんな侮辱には耐えられん!! 総弁に訴えて、貴様を処罰させてやる!!!
      〃.::: 〃〃.:::八{  トーーー-一'  /.:::::}} }::::} l
`ヽ.     {{::〃〃.::::::::/.:::ハ  K´   }/ /.::::::ノノノ:::{ l             その舐めたツラを二度とできないようにな!
  i   〃::{{:::{::::::::::i:{八{∧  `=‐--=′/{:::::〃〃.:ノ l
  li  _从::从八{:::::从 {  ヽ.::::( ̄   .イ }::::} } 八/⌒ヽ/⌒ヽ. _
 ⌒Y´ ' }ハ |i ヽ(ヽ ヽ!   ヽ=--=彳  ノ从八ノ' |_  .イ  /   \
 、_丿      |i    \\______/ /    し' ノ |し'丿/     `ヽ
 、__|      |i       {\ ー-      /|    | ̄  `T  |_  /
   ハ、    |i_     {  「厂 ̄「厂 ̄「{  ノ  __|_   ノヽ. し_ノ/
    \ / }ト ..    {i__|{__l{__|{/   (   `Y       / 、/



                    ,, -──- 、._
                 .-"´         \.
                :/    _ノ    ヽ、_ ヽ.:
                :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:    まるで悪役の捨て台詞のようだおwwwwww
               :|       (__人__)    |:
               :l        )  (      l:    やれるもんならやってみろお!wwww
               :` 、       `ー'     /:
                :, -‐ (_).        /
                :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
                   :ヽ   :i |:
                   :/  :⊂ノ|:


22◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:04:26 ID:TUmUWkvU0
            __ .____
          , ‐´:::::::,`',,''     `‐、
         /;;;;;:::::;;, /';'     ,゙゙'::::::::\
       /:::;;;;;ミミ; /      `゙';;:::::::::::ヽ
       /;;;;;';ミミミツ/;;;';';'';'';;''ヾ,'::::`::::::::::::::::}
      /:; ;::,__、,_____,:;:::. ;::::::::::::;'i        ┌───────────────────────────┐
      i::; ;;::i          ゙|::'::. ;__;,-',‐;        │ すぐさま、日本人の教官は総弁の趙理泰に処罰を訴えたが .....│
      /;; ,: :{──────‐‐{;;;::, ;:ヽ‐'´::::ヽ    .... ..└───────────────────────────┘
     /:. ;;':{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:::: ::::`;::. `::::;゙i
     i;;, '' ,;:|____,..、____゙l;;,_ :::::. :::, :::::i゙         
      /,,;'::';:l;`‐゜‐';i ;;;;;`ー゜‐';;;;;|:: `; `;;;::::`:::゙i      「蒋やる夫という男が授業中に、私と祖国を侮辱したであります!」
      'Y ;:::::゙i  ::::::l        {;;;_ ゙'゙゙:::::,';:: ::゙-,   
.      / ,;; ';:゙i ::::::l         |::゙'';;;;.:.::::`;::.`::;;ゝ
      `'i;; ';:::゙i :::{__,,,ゞ ,    ,|;, ::;;;;`''::;':::`::::;;ゞ、_
.     _,‐´`ー!、 ;゙i, ¨ニニ ̄   ,‐':{:::';::::'::::::::',,,'''';;;;'    ̄ ̄
.   /   /`i; ;::゙、 '''    _,‐'::::::{;;;;:`;::.:::::::::;;ヾ_,,゙
  /    / / `i;:::゙;,_  ,,/:::::::  /`'';;:. ;;;;:ヾ ''''
       /  |  ゙ ソ;;''' ̄:::::::::::   i゙::::::' .::::'''ヾ


23◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:04:40 ID:TUmUWkvU0
,, ii、   i;;  |;'   ;;;','','|i  ;;;;  /ヽ":ヽ/;;;;・,’・,’/・,’
ii  'ii、  ';;,’',;|;'・',' |;;','''|i ;;;; ',';',';リ|:::::/;;;,・,・,’//,、-'
ii、',''・ヽ,.’';;;,’, |;;',.’',''|i','',|i ;;;;;'・,’',';/','/;;;;ヽー)ヽ―'"
,'iii、'・,’ヽ',';;;',,’|;;,.'・,’i|.'・,|i ;;;ii~'ー、/',/;;;;;;;;、)
  iii、'・,.’ヽ;;;;t.|;;',';',';'|.|.'・,|i;;;丸ミ"ヽ/;"','・ヽ    う
ヽ ;ヽ'・,、i,,从ii|;;ヽr-| |;','〉;;;;井ミミイ/ ,、-'"ノ
;iiiヽ ヽ };;;t(();;;;)ノ | |;≧iiii;ヽ从||-从从ヽ     わ
' iiiヽ;; ''(;;;;;;)~)从⌒~'ー、~'ー、;;;_,、-'"~~'ツ )
 'iiii i〉~'-、;;;;tヒ从从~''ー 、~';;;;;ノ;;;,,ヾ~~'''〈     ら
、ミ、シ ;;;;;;;メ彡-、レ フ ,r",、-'"''ヽ゚、)彡リソ;;;;)
ミ','て iii、;、''iiァ-、r、";;;;;r",,、-ーー、 ヽ彡'",,ノ     ば
・'了"i、i人;;V''゚'"t)t';;;;;、-ー''彡彡~''ー ''"/,、z-、
,':,'((ii|ii|ii、;;;"'t、,,/,r''"彡彡'彡"、',、-'":/'"ノ彡)_
,':,':;了リ|;;;;''';;;;;;ヽ" 't;r'~'ー-'"彡''"彡::/: j川ソ/'i      _,,,
,':'"( Yit、ii、;;ii;;;;;ヽ'、 ミ三ii彡";;;;"::::::iq, |;;;;;;,/. i| __,/  /i
/  リ;;;;iレ|i、;;ii;;;;;;;;;;ェ;、~"'、~,、-'"/ノノノ |;;;j  |ji"ツ,、-'//|r" リ
,':’r"、r-;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ `~'ミ";;;;rー''ノ-ir-ノ~;;|  |、-'" ,/:|  || /
/"ヽ'"~'-、;;)、;;;;rii;;;;ノ ̄::'"''-ii、~,、'"r":::::;;|   ,,、- '"ニ| r' |/";;;;
 /":::::    ´`" ´" ''"  ''"":::i;;;/ ,、-'"   ii ;;;;/.|ii|/ /|ツ    ┌───────────────────┐
ーー-、、,,::::::::::        :::'''"~',r'" ,、-'|.  ノ ;;|  |;;;;;;;;i ;|. |"  ........│ むしろ、趙理泰は蒋やる夫に同情を示し  .│
::''"   ~''' 、;;;;;........::      /j  /;;;;;;;;|. /三|  |;;;r".| |. //|i   │                          ......│
"      ,};;;;;;;;;:::::................../::://;;;ri三|. iへ;|  r';;;|  | レ''|  |ン  ..│ 軽い譴責処分で済ませたのであった    ..│
~'-、  ::/ノ~'-、;;:::::::::::::;;/::(::::::::/. |',,' | |ン;;|/;;;;;;| /彡;;|. r'彡 ....└───────────────────┘
  ::~'-、-'";;;;iiiii||"~~~~~:::::::::::::(;;;;;|.  |',' | 〉,r"";;;;;;;;;;|/;;;;''",,|/",,、-
;;;;;;、-'"iii";;;;ii ~''ー 、   ::r-ー-';;;;;;|  |',';;;;| /、、,ノ",、 'Y'' ,,,,,,、-''" ,、=
''",ノii;"::iiiiii'・',;;"ii','::,':~'i,r、 i~iiii;;;;;;;;|. /;;;;;;;;|i:::,,、'/::>z'/~リ/ ,,、-'"
.:/ii '・',iiii'・';;; iii'・,・,,':"´ ヽ,jiiiiii;;;;;;;;|/;;;;;;;;:::,、':/:>";//. リ/ "
"/'・',;;;"/','::;;;iii,',・,iii",iii,/;;;;{ii ;i;i;(ヽ;ii;;;;;;;;//::/::::/;; / ヽ/|||ii|
" ;;;''・'/','::;;;; iii・,''"・iii/ii;; {ii(ii;;r" `´~::ノ /-ァ''ヽ-、'i: |i''ii iii
             /i;;ノ;;'";i;(  i::::r"ir" ソ /=///'-、iit iiii || |i ii
                 ""'' " | \イi|| ////""~'ー-iiiii| tt,,iii,,,tt
                        `" """   :::::::::~'ー、―''ー―'
                                    ~'-、~'''ー-


24◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:05:20 ID:TUmUWkvU0
         モコ      ,ヘ   ,へ、
                く< 'ゝ-イ/ |<   ,ヘ,  ))
               , '!`ヽy)_,,==イ!  / /
              .,'  ! !  、 、 ヽ ',/ /.     モコ
      ((  ,ヘ,  i  ,'./-λル-i-イ i/ 人_
          '、 '、‐iルLi ○   ○ `'λ,;ケ-ネ        おお、結構、男らしい話じゃない!
           >、ソフモコ""r-‐‐┐""イ`´゛-イ
          <-、ソ,/ノ:|,:ゝ,ヽ、__,ノ_ノ,」/', ,,,.‐'         これは本当だろうね?
          `-r'_,.,__i.r' /LY_ノ ./`  /
               !〈 i   |:  !i-- イ ',
     モコ       ノ iλ. . i: λi |j i',/ヽ
              }>]ノi/:::::v:::::/ヽ:),-:' ;   モコ
             }><{,'ヽ/:::i:::::ヽ/:ヽ i<{

                                                          _      ,ィ1 _
                                                         \`Vハ /´ ̄/
                                                           >‐.H  く
                                                        r=====┐
                                                         Y へ.冊  _Yく
                                                      /⌒/   `⌒\  \
                                                     / /  _i_   i_  ヽ   .
                                                     l从 ´ ! ハ !ハ`  ト!  i
             チョウリタイ                                    乂 / TT八ノT TVノli   |
        うーむ、趙理泰の理解のある態度も                         |ハ l..l.   l..ノ |  |   |
                                                       | 入"" .  "",|  |   |
         日本留学受験の特例許可から考えて史実のように思えるが・・・          |  | `ニニi ´}. |  |   i
                                                       |  |/ /只ノ !  !   l
          ・・・わからんな                                    |ハ|.__//  ∨ |ハ|  i !
                                                  .      /  || `ー‐'⌒Vル'  l |
                                                      /   〉── --'ヘ  l l |
                                                  .   / /l /       \ハjハノ
                                                     レ' /          \


25◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:07:53 ID:TUmUWkvU0
        ,.へ
      /∠へ\-─-,.へ__
      `ゝ、ニ___,.ゝr,イ∠へi
      ., '  ,. ´,   `ー--へ、
     /  / ハ  ィ ハ i i 、 ',    なんだい
     /  .,' /.,.!ー-!、! L!-‐ ! i i
    /  i ハ.!rrーt   rr-tハ_ハ」      さっきから、そればっかじゃないか
    /   イL_,ゝ,,`"´   `´,,i__!,.ゝ
   }><{ rー;へハ、    ,   人,.へ,,,....
   /   ,!ノ  ;ヾ,>r--r<ィ'ヽ, '、,,.ノ
  ,'   〈  ノ  iヽi`T´iヘ !  ヽ.,_ ゝ
 }><{ i  ゙ ''ー-ィ´  i |: i |.i--"
  ! ハ i.    !  .| i: i |.i<{
 }><{ }>ヽ.ハ iン' ̄`T ̄ゝi ゝ
  V  ノ__ハ_,/__>   くi   ハ!
       〈      !_>  `!
        ゝ、,.____、ノ'、____,.ノ
         !、_ン´  !、_ン´


               ,  -‐====‐ 、
                /. : : : : : : : : : : : : :\
              / : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                /: : : : : : : : : : : : :::::; : : : : : :ハ
            /: : : .: : :::/ : : ィ. .:::j:.:'; : : : : :l     偉人の伝記なんてそういうものばかりさ
              / : : : : ;::::/l. : ::::;/:::::::;':::::|: : |:: : |
          /: : : /.::'::ノ ヽ;ノV:::::::;/;:;:;ノ: :/::: : !     伝説や、伝え話、武勇伝ってのは、多かれ少なかれ
         ./: : : :/.:::::/ーf--テ `レ′ー乂rサ;: : |
         i: : : : 'j::::';/  ゞ='    ‐f--テイ;::: ;′    真実と反していたり、伝わっているのは脚色ばかりなんてザラだ
         |: : : : :|:::;'   ' '    丶 ゞ=' j'::: :i
         i : : : : レ′、  ― 、_    ' ' /::'j : |      それよりも、注目すべき点は、そういう話が受け入れられた土壌なんだ
        .;' : :」,-‐ナ-、:>  _´_,. イ:'ゝ'´ :/
         i: :/   |::::::い 、 しく广ヽ:i'⌒ `y                   ト、  ,ィ
        |/    i::::::.!、 \ ./  ヌ::;|   !              _,  | .ヽ / .|
        l   _/::::::::::::`:.、ハ/::::::::';   i              ヽ ヽ|  ヽ|  |
        弋_√r‐`y'⌒l:::::〈.<>〉:::::::::::i←、 ノ              l  ヽ  .| ,/  ̄フ
         |: : とし(_/⌒ヽ;:jル'::::::::;r´ゞ 〈              \ .`'i'´゙レ'' ̄`丶、
            i : : l\ / r'´`、  \/   ノ  !               /. ̄''丁''!ー-‐'´..
         ! : : \T<    ゛、/  ,√´  /           l─‐ー!ニニニニ !- ‐  ゙̄了
            |: : : : :}::::\       ん   ./             ─‐r‐─--─┼‐‐t ̄
          j: : : : /::::::::::::::ー::::'´::::::`ー.'ハ                 !.      |.  │
                                        `ー-──‐' ゛ ´


26◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:08:53 ID:TUmUWkvU0
   .                  / ̄\
                    〈      〉
                        /
          ,. ― 、          |           __
         /    ヽ    ,.へ  O  ,.ヘ     /    \
         l     /    r'"/Lヽ、_,.// \    l       |
         ヽ     |     >、___二,!-!、二../             /
              ヽ  /           ヽ      / ̄
               O// /  ,.イ  ヽ ヽ ヽ';     /
                イ/ l lィ ト、ム  ム斗}  }|          ドジョウ・・・?
                ∨l从! ○ l ノ ○ リ  ||   ○
           /⌒〉   レl{ /       l  ||       / ̄\  いきなりなんの話だ?
           ヽ \   | .|人   △   u/ ,ノ|           |
              O  |  _ >,r--r<レ'  .|        _/     日本の総理大臣か?
                 | 「 ||./ム レ'|「´ヽ |      /
                 | /  ||  |。  ||  i |      ○
                 |〈__||  |。  ||__.> |
                i>| i  ||  |。  ||   i |<i


        _iヽiヽ/|、
       ゝr-'--'、イ>
      ,- r´─--─ゝ-,     つまり、この武勇伝は、こういう含蓄を含んでいるとも考えられる
     ,. ',_Lトi-i」____,,,.イ、
     ,'  ,、 ̄、 、  .',    蒋やる夫の直情的で頑固だが、若者の頃から愛国的で革新的だったという宣伝
     レゝ(-_(,(,ヽ_-ヽ`ヽ i
      i .!「ヒ!  ヒ,iアiヽノ |    当時の、列強国となった日本人の、中国蔑視と尊大さに対する怒り
      |人" _  ",i !. |
      i. |`' .,-- ,イ.| |! ||    中国が人口では優っているのに、八分の一の日本に負けているという憤慨
      .i ii r`yrイノ ! !ヽ, ||
      〈i !i (入)イ .| iλ)ノ    そういう土壌あって、こういう武勇伝が受け入れてきた・・・
      レ〈 VV,__,.'レ',~~i
      ///   ', ', ',,     
     r>'         しノヽ,   ――ー こういう風にも考えられるのさ
     K>-/、_,r-、_r-、_イ>イ>
    ヽゝ_L-イ~,__ー_k-´"´
      ├_ノ   ヽ,_┤


27◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:10:08 ID:TUmUWkvU0
                                                                  ,.へ
                                                              r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                               ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                              ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                             , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                            /           `'ー===' ',
                                                           ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                           i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                          うーん、わかったような、                   i'LLゝi.'ー---  ー---、イ.i', i .| |
                                                           ' ,イ 7          く_/ i  | |
                           むしろわからなくなったような気分になったよ      /   '、      u/ / ,' イ.  |
                                                           レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                                            / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                           / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ . i   |
                                                           ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                                 '     i/    〉,   |




   _、,、,、_     ま、信じるなり、信じないなりは個人の自由だろう
   `、r`=Y
   , ' `ー '´ヽ    じゃー、蒋やる夫の武勇伝はここまでだ
   i. ,'ノノ ))) 〉
   | ii ゚ - ゚ノ|.!    以後の武勇伝や美談についても、本編の進行と合わせてちょくちょく紹介してこうと思う
   ||kリ,_\_リiつ
   !k'J,、,、>、   次は、「中華思想はどこからきたのか」(そしてどうなったのか)を講義しよう
  ´'"i,ンイノ~`


28◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:11:26 ID:TUmUWkvU0
  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛

      『 中華思想はどこからきたのか 』

  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛


          r-r、           ,.-ァ、
          |:::|`\         // |:::|
         ノ::/ \,ヘ、.     /::/ \|:::|
        く:::〈 // 、,べ  ̄ ̄`7/ /〉  |/
         .>ヽ/、__   _ゝ-、//__Y  /」
  /\    //〉^ヽ、二_,.ト-'、___!、_____/:::|`ヽ.
    ̄    / /-'、 / __ i  i  __   ヾ..  ',
   [>  /`ヽ! ィ7´/ ´/_ハ.  ハ  !_ ` ',  i   i
     r/ ノー'ソ| i/ァi´'ヽ|_,/ |ア!゛'`!ヽ  ,ゝ  ',     中華思想ってアレでしょ?
    ノ`ヽ、__イ-、|_,ハ〈 ト_,リ     ト__ソノレ、」、   i
    / `''ー--' ノ'|  ハ"´   ,    `"/ |ノ   |     中国は世界の中心にして、文明の中心だーッ!
  /      ./、 !ノ .ハ、   rァ‐‐、   く/  !  i |
  i´    、_/、_!く_/_」/>.、 、___ノ,.イ'`ヽ./   ハ |     中国の科学力は世界一ィィィィィッ!!!!
 ノ    -‐'  |  ̄`'yアr'<`二i´ヽト-r‐-'、  i /| 
 ヽ._      /     !/ / /ム |  / |',  `ヽ!'/      中国以外はまるでゴミのようだ! ってやつ!
   `''ァー-'、'.___  .// |/ /  |/ | |    |〈 ノヽ.
    /   /  `/Y     ,'o     Y  _,.イ 〈〉-‐'
 [>|]   ハ  i ,!     !_      ハ'"  ', ヽ、
   〉   | ヽ、 Y `'r - ''|o`   イi i     ヽ. |〉<]
 [>/|    ',  Y rイ|   |     | ハ.      '"`'ー- 、


30◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:12:16 ID:TUmUWkvU0
                       _>r-、,>'::::::::::::::::::::::::::::::::::';ヽ,/ //
                      ∠_ンY7=r'─--- 、:;;__________!__ヽ//-‐ァ
                         ,ハ:::::|l:::::::::r-┐:::::::::::::::::::::7::二7,/
                       ,.:'" ヘ.,_!!______::::::::::::[]:::l]::::::/::::::::/、
                     ,:'  ,      /  ̄ ̄"''' ー-'-‐ ''"^ ヽ.
                    /  / /  / ; !:.:.:.:.:.:.:.:! ', ヽ.  、    ':,
                   ,.イ   ,'  ,' 、,_!_/」,.ハ:.:.:.:.:.:.ハ _!__  ',  ':,    ',.
                    |   !  ! /|/  |./ ';.:.:.:/ |.´ハ  `ハ   ',    i
                    !   !  レ'r‐'ァ‐-=、 !:.:/  !/_,」_/_ !   i.   |     ま、まあ・・・だいたい合ってる・・・かな?
                    ',  ,.! ハ ヽ ! Jリ  レ'  7´ i´ Jア'ァ  ,' i   !
                    V`'レ'|:.:.:!  `ー '       '、_,ン イi  ,ハ |   !     今回は、以前からコメントで指摘もあった
                      ! .|:.:.!'"'"     ,      ,.,.,. ハくタく!   |
                      | .|:.:人      ___       /:| |  !   |     中華思想について補足と解説を加えたいと思う
           .              .! .|:.:.:.| `: 、   ` 二フ u ,ィi:.:.:| !  :   !
                     ,'  |:.:.:.|  | .>.、,    ,. イ  |:.:.:.! i  i   |     とはいえ、中華思想自体の定義が曖昧で、私の持つ参考文献に依った説明だから
                     /  ハ.:.:.!  ! /r'|、_`ニ_´  ,ィ|ヽ.|:.:.;'  |  !   ',
                    ,.'‐'" ̄';.:.!イ"く /__     __/|:::::::レ'_____!_ !    ',     この講義の内容が全て正しいとはいい切れないけどな
                  /     レ' /、!::::::ヽ、   ン:::!7"´i /   `ヽ、,  i
                 ,:'      、/:::;ヘ:::::::::::i-イ::::::::::|]::::::!}        ヽ. |
                rく       !/::::::ヽヘ/ムヽ!:::::::::!7::::::::i/       ':,


       iヽ、
     ____」____ゝ'´/':\ /|
     ヽ. _/___/___::\/
      <Y---r二二二二ハ.フ
       ,.L__:::::|::::i::::L-」::l::7>
     /     ̄' 'ー---─' `ヽ.
    ./   ,.      ⌒ヽ.     ',                      カイ
   ,'  / / ‐/- i:::::::::::i   `ヽ!    中華思想とは、中華秩序や華夷秩序などとも呼ばれる
    i   i  !/ア!-;!、ハ:::::::ハ-!、.i . i
   |  ハ .! ! !__r! ' レ' ァ!‐;!、i i |    中国こそが世界の中心であり、中国の外は野蛮な民族が住んでいるという
   |  i レ' ! "    ,   !.rハ/レ'ヽ!
   |  ! .|ハ、   、..__   "/:::| .|       伝統的な中国人の世界観のことだ
    | ./i  |::::!>、._  _,,.. イ .|::::| |  ,.、    __
   .| ./ !,..-|::::|'´/ヽ二ン`7ー、|:::|. | i !,,.-''" ノ
   |/ /  .|::::|〈 イ::::V:::::::::!〉:`i:::ト、! .! ヽ -=ニ__
  .!r〈_   !,ヘ!:::ヽヘハ::::;イノ:::::;ヽ! ヽ,!   !  ‐--,'
  !.ゝr、__r、i::::::::::::/ ハ Y::::::::::i  r/ ヽ   ー,--'
  !/  、/ヽ;::::::〈  ハ ',:::::;イ、_ /!   7`  ̄
  .〈    ヽ、/:::::::::ヽ/Vヽ、〉::::! !`ー,ヽ-'
  .レ\ ,.イ`ヽ:::::::::::::ハ::::::::::::ハ、 |ノ


31◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:14:20 ID:TUmUWkvU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                            丿: : J__r: : : : : :
                             ホクテキ            r-‐´: : : : :r‐、: : : : : :
                           『 北 狄 』          } : : : : : : : { }: : : : : :
                                      _r' ̄∨ヽ  く: : : : : : :.丿 }: : : : : :トウイ
                                  `ー-'フ: : `,  }: : : : : ノ ノ: : : 『 東 夷 ・ 倭 』
                  セイジュウ                  r'´: : : : し'´ ,、ニ二_,-´: : : : : : : :
                『 西 戎 』              \: : : : : : : },,{ ○ : : : : : : :
                           『 中 国 』  <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ――――――――――――――――――――――――――
ヽ                                    }: : : : : : :o: : : : : : : : : : : : :
: :ソ                                   丿: : : : : :°: : : : : : : : : : : : :    その世界観は古代中国の孔子にまで遡ると言われる
: :`ーイ                                 ノ: ∩: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :                            シテキ イテキ
: : : : :|             r‐--‐、                   ,- - '´: : ∪: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :   伝統的に中国人は、中国周辺の民族を四夷や夷狄という
: : : : :|          ,r'´~ : : : : : ヽ         r'´`ヽ'´~: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : :: ',    r-‐'´ : : : : : : : : : : )          { : : ⊂⊃: : : : : : : :{`}: : : : : : : : : : : : : : : : : : :    動物のけものへんを用いた言葉で表すことで
: : : : : |   ,ノ : : : : : : : : : : : : : `‐´ヽ      `ヽ. : : : : : : : : : : { .{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : :: ',  ノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : |       ナンバン : : : : : : : ヾ二ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :    中国以外の地域を蛮族の住む土地として蔑視してきた
: : : : : : し'´∧ : : : : : : : : : : : :o : : : : | r'´`ヽ 『 南 蛮 』: : : : : : : :o し': : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : し': : : : : : : : : : : : : : : : : :{. {: : : : `レ'~: : : : : : : : : : : : : : : : : :r'~~~}: : : : : : : : : : : : :  ――――――――――――――――――――――――――
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :o : : : `ヽヽ: : : : : : : : : : : : : : : : r-、: : : : : し'´´: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ`ヽ : \ヽ、: : : : : : : : : : :r‐´   ソ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ ヽ: : :'., ヽ: : : : : : : :r‐´   く: : : __: : : :o : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ `ー、`ー': : : : :r-'´     丿r´r―'´: : : : : : :ィ二~ヽ_ノ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


32◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:14:44 ID:TUmUWkvU0
        ,.へ
      /∠へ\-─-,.へ__
      `ゝ、ニ___,.ゝr,イ∠へi
      ., '  ,. ´,   `ー--へ、
     / #/ ハ\ィ ハ i i 、 ',
     /  .,' /.,.!=-!、! L!/ ! i i   日本のことを、東夷や倭、倭寇と呼ぶのも
    /  i ハ.! ト. }   イT ハ_ハ」   
    /   イL_,ゝ,,`"´  └',,i__!,.ゝ   その一つなんだって?
   }><{ / | ハ、   )‐-  人_>
   /  /  ハ_,.-、゙>r--r<i_!_」     腹立つよね!
  ,'  ,' / .i/   iヽi`T´iヘ ! i<{
 }><{ i / 〈,____,.ン .i |: i |,〉|
  ! ハ i. 〈  -、i〉 .| i: i 〉iノ<{
 }><{ }>ヽ.ハ、__ノ' ̄`T ̄ゝiイゝ
  V  ノ__ハ_,/__>   くi   ハ!
       〈      !_>  `!
        ゝ、,.____、ノ'、____,.ノ
         !、_ン´  !、_ン´



   _、,、,、_
   `、r`=Y     このように繁栄を誇り、大きな勢力を有した文明や民族が
   , ' `ー '´ヽ
   i. ,'ノノ ))) 〉   周辺民族を蔑視する現象は、他の文明でも見られる
   | ii ゚ - ゚ノ|.!  
   ||kリ,_\_リiつ   例えば、古代ギリシャのヘレネスとバルバロイ
   !k'J,、,、>、
  ´'"i,ンイノ~`    ローマ人の呼ぶゲルマンみたいにな


33◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:16:01 ID:TUmUWkvU0
        _iヽiヽ/|、
       ゝr-'--'、イ>
      ,- r´─--─ゝ-,
     ,. ',_Lトi-i」____,,,.イ、
     ,'  ,、 ̄、 、  .',    だが、中国の中華思想は、近代まで変わらず持ち続けられ
     レゝ(-_(,(,ヽ_-ヽ`ヽ i
      i .!━   ━ iヽノ |    中国が周辺の遊牧民族に占領されても
      |人" _  ",i !. |
      i. |`' .,-- ,イ.| |! ||    なおも変わらず中華思想は消えなかった
      .i ii r`yrイノ ! !ヽ, ||
      〈i !i (入)イ .| iλ)ノ    
      レ〈 VV,__,.'レ',~~i
      ///   ', ', ',,     元も清も外来民族の王朝だったが
     r>'         しノヽ,
     K>-/、_,r-、_r-、_イ>イ>   やはり外交や内政は中華思想に基づいて行われ続けた
    ヽゝ_L-イ~,__ー_k-´"´
      ├_ノ   ヽ,_┤


        _      ,ィ1 _
        \`Vハ /´ ̄/
         >‐.H  く
       r=====┐
       Y へ.冊  _Yく
     /⌒/   `⌒\  \
    / /  _i_   i_  ヽ   .
    l从 ´ ! ハ !ハ`  ト!  i
     乂 / TT八ノT TVノli   |  ところが、近代に入ると
     |ハ l..l.   l..ノ |  |   |
     | 入"" .  "",|  |   |   西洋諸国の台頭と、東洋への進出が始まり
     |  | `ニニi ´}. |  |   i
     |  |/ /只ノ !  !   l   中華思想自体が脅かされるようになる
     |ハ|.__//  ∨ |ハ|  i !
.      /  || `ー‐'⌒Vル'  l |
    /   〉── --'ヘ  l l |
.   / /l /       \ハjハノ
   レ' /          \
.     /二フ rk __   <二\
    /二フ__ \\_/ .> <二ニ.\
.    ムイ´ム`ト.\__//rヘ.___メ´
        、水イ1 ̄ ト水´フ
         Y-'ノ   Y´ ノ
         ~´    `~


34◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:16:50 ID:TUmUWkvU0
                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶      西夷を倒せぇぇぇぇぇい!!!!
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }      
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ     ... ┌──────────────────────────┐
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',  .... .....│  そのきっかけは、道光帝のアヘン戦争敗北からだった ........│
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {                 ...└──────────────────────────┘
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

                                                   /    /:::::::::ハ     `ヽ   \
                                                 /,     /::::::::::::::i      \ `/
                                                ./ ./   /  !::::::::::::::::!      ヽ Y
                                                / ./   ァ=、/|::::::ハ - ハ- 、    ', .}
                                               ノ /   〈 iノ i |:::/ ァ‐‐‐‐、  ',   i |
   アヘン戦争で、道光帝は、清朝への礼を尽くさなかったとして        ̄ i   ,'.弋ソ レ'   iノ  i 〉  Y } |
                                                 !ハ i .,,      弋_ソ   } .| |
   英国に対し、懲罰戦争のような形で宣戦布告をしたが              / レ ハ        ,, ノ_  イノ |
                                                 | |:::::|ヽ   r 、   /::::/ レ' ヘ/!
   結局は力の差を思い知らされ、敗北してしまった                 ', .|:::::| i >、,_ _,,. イ::::/     \
                                             r==========!,ヘ r く / イ:::/ 7        \
                                             ',        ',イ\くイ/::::/ァ'"´ `ヽ   ヽ  ',
                                              ',  歴史書  ',:::::::::只//:Y    \  ヽ !
                                              ',        ',::// jl:::::::/      ',   i !
                                               ',        ',_ / :ll:::::〈       〉   /
                                               ',      と´___ `ヽ|::::::::ゝ    .イハヘ/
                                                ',____________r'、`  ', \::: /ソ'"´'' /


35◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:17:38 ID:TUmUWkvU0
        `ヽ:::Y:::/::::::::::::::::::::';::ヽ//
         r─-'--=== 、..,,,_:|::::::i':/____
        _,,!_:::!]:::::::lコ:::::::::r-、`"'':::::::::::::::`ゝ
       /  `ヽ,.-、_;;:: -‐- 、::/〉:::::/::::::,'
      /'     /::::::::ヽ.  `ヽ.`ヽ/::::::,'
      i  ! /| ハ_;:::::::::::i   ',  ',  ',` ', ヽ     敗戦後、結ばされた南京条約では、
      i /::/ |/´_ ',:::::i::::ハヽ、!_ i  i  i ',
      i i:::ハ,r;ァ-!、ハ:::|/ ! ハ  |  |  | |    「中国と英国は平等である」という声明を発表させられる
       i レ|:::| ! r} |/  'ァ='-!、ハ   |  i |
      ヽヘ|:::!"  ̄      !__,r!/ i,へ!  |´ |    ここから、清国の中華思想は、まずは外圧を理由に揺らぎ始めたんだ
         |从    ,       " /::::|  !  |
          |:::::|\  r-、    .//:::;'  ,'   |
       ノ|:::l:| .i`ヽ.,__ ,. イ |7:::::/ ./i  |
      /_,.|:::l:|,.ァイ´ヽ、  _ |>':::::/  / |  |
      /´  ';:::ヽ:;:ヘヽ、 `ハンi:::::i`ヽ/  !  |
    /     〉::::i::ン\>7 ハ ',|:::/i` 7`ヽ!  |
    〉ン、_   レ'Y:::ゝ-'/ / | 〉:::::Y    〉 |
                                                       ,.へ
                                                   r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                   ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                   ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                 , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                /           `'ー===' ',
                                                ,' / ,-+ 、,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                i ,'. ', r;ヽ.i__,/L-〈ー- ! ',  i  i
                    ほうほう、やっぱり外圧からなのか       i'LLゝi ' ヒノ   r;=-;、イ. i', i .| .|
                                                ' ,イ.イ"   .    ヒンi く_/ i  | .|
                                                /  .'、  、   ""/ / ,' イ   |
                                                レ、_イ__ヽ、    ., " , '  / i .  |
                                                 / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ i   |
                                               ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                     '     i/    〉,   |


36◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:18:17 ID:TUmUWkvU0
     /!_/!,.へ、ー/|/!  /!
    /!/ ./:::::::::::\::::`ヽ/ |.
   〈  /_,,..-::r7' ̄ ̄ 7`"''ー!、_    
   _>''"l::-‐::'::::::::::::::::/::::::::::::::/
   :!::!:::_;: -''""  ̄ `""'''ー- 〈      引き続き、アロー号戦争、第二次アヘン戦争の天津条約では
   >'  i´`'ー.、ヽ ヽ、   `ヽ.
  / / ハ  ハ ハ_,.ィ ハ  ', ',     今度は「西洋人は蛮夷と称してはならない」という条約まで結ばされる
  i イ i、!_ヽ、!::::,ィ' ̄'iヽ! ! ! |
  | i  i ;:ゝ-゙::::::: ゞ-' ´ |,ヘ | |     いい加減、西洋諸国側も蛮夷扱いに我慢できなかったんだろうな
  | !ヘハ| ,,  _   " ! !/  |._ノ´)
   Vレ'.| !、  ヽノ   ,.イ  | /´  ,イ、 
    | | |.`>r-=.<!7  i'"!   、ヽヽ、
   .| | |イ:::!ヽ/:::::::/ /  iヽ、`ヽヽ.ン´
   | |>、|く7、ハ::::::::! /  !ヽ、>-'´
   |. /  /ヽ/ムヽイレ'ヽ、___ン´|

                                                             ,.へ
                                                         r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                          ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                         ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                        , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                       /           `'ー===' ',
                                                      ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
              それまでは、皇帝に謁見する度に外交官が              i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                                                      i'LLゝi.'ー---  ー---、イ.i', i .| |
                ※何度も礼を要求されたりしたんだっけ・・・            ' ,イ 7          く_/ i  | |
                                                       /   '、      u/ / ,' イ.  |
                  プライドの高い西洋人ならなおさら腹立ったろうね       レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                                       / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                      / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ . i   |
                                                      ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                            '     i/    〉,   |
   サンキキュウコウトウ
 ※三跪九叩頭の礼のこと、皇帝の前で額を頭に何度もうちつける礼儀作法


37◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:20:23 ID:TUmUWkvU0
                    |\1 |_/ , -≠─ァ
                   \ \f_Y´__/
                       >+ <
              _「二二「二二}ト、
              \______/ゝ
              , - ヘ_____/ ̄}、
              /              \
            /                    \
             ,′  /_| i     ∧ !   ヽ   ハ
             ! l ,ハ「∨}、  / ナメ、| i  |   l    また、1861年には、西洋諸国の要求で、今の日本では外務省にあたる
              ト、!∧rf心  ∨ r=テミx| ノ   |     ソウリカッコクジムガモン
            >´くr弋リ、_r==tり l //1  |    総理各国事務衙門を作らされている
             /-┐ヽゝ--'、   ー─'Nイ  l    !
          l  {7了>、 r_、   __/∧  !  |    それまで、中国と他の国々は対等ではないという考えから
          l   ノ |  ` r─ ´l /   l 1   !
         /j  「 !_|__ イ     !}  / ノ、  ト、    外交は全て欽差大臣に一任されてたので
        /, ´  /:::| |∨!   7:l  7 ̄`丶  ! ∧
       / /   /:::::,| |f{| /Y/ /::/::::::::|   ∧  これは今までの清朝の伝統からしても、大きな変化だったと言うべきだろうな
    ,  ′ /   /::::/::| |ゞ1´Zソi /::,'::::::::::::::l     ∧
   ∧   ,′ /:: /::: | |_(__)、_ 7 /:::::!:::::::::::::::\ ト、 1∧
  ∧  /  ∧::::|:::::::\:|、 1| \/´:::::::/:::::::::::::::::::::〉 l ト、丶
  / 、  /    /7´\:::7  ノ ∨ ヘ,\::::>、__/,! 1 '. \\
  |!| l   _/    /:::::|/:::::::::\| ̄:::/{{__ノ 、_}} /1 l  '.  \ 、
  | ! l、 ̄      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::1  |   |  /  |  l   1 '.

         ,、___
   _ , -、i//
   i|_`>´‐ ` ヽ
    i !ノノノ))))   ここまで平等や対等という考えすらなかったんだ・・・
    |,iハ ゚ ー.゚ノハ
  i>/|<^i´:_i_〉
  i>/,ノ`'´::Y::´〉
  (,((i`i_ブi_フ´


38◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:21:01 ID:TUmUWkvU0
              ,.i!/=ニ―'''´~~`'''-、
               /  "'''-.. ̄ ̄  `ヽ、
           / _,..-=ニ´"'-ミ、-=,,,,,、-''''´
           〉=‐´‐-'´ :::::::::"'- 、 >  ヽ.
            <i :::::::::::,、: :ヽ、:::::::、 :: `' =、ニ
         ,.r'´| :::::::::::|、ヽ ヽヽ、',:::::::::::',''ヽ ‐-
       / :::: i!、:::::::::::| 〉<>―、i!、:::::::::i :: ヽ
.         ,':::::::i ::i!ヽ、 ::|'.,-i!' ):::::i| ',:::::::,'.:::::::::',、    更には、今までの清国では考えられない運動も起きた
       i,:::::::::i、i'´__ヽ、|.i. ヽ __,..ノ |',: / :::::::::::',ヽ 
       i>、 ::|',.i´i ヽ ` ` '´   |.∨ ::::::::::: ヽヽ、   これが洋務運動だな
      / ヽ | ヽヽソ,        i:::::::::i :::::::::::::ヽ ヽ、    チュウタイセイヨウ
          ` .|i!.  、=‐ ヽ  /ッ :::: | ::::::::::::: ヾ、 ヽ    中体西洋という縛りはあったものの
           i ヽ、 ヽ   ノ   ,':::::::.i、 :::: ', :::: ヽヽ
             i,i.:::::::i!''i- ...,, -'7:::::::::',ヽ:::::::i! ::::: ヽヽ      世界の中心、文明の中心の中国が
          ノ i:::::::::i | ,-ソ.)i _,.i:::::::::::i', "'iッi、:::::::::ヽ',
           ノ :: ;r=ン=ソン ,,.',::::::::::',ヽァ'  `ヽ::::::::ヽ      他国に学べという運動が起きた時点で
           ,./-''ァ'i!ン'__,,.. ァ三=ヽ、 :: ',ヽ、   l::::::::::iヽ
.         ,r'´  .,.i'´ λ、==''     `ヽ. .!    i!:::::::.i! ::',      非常に画期的だったんだ
         /   //:i'''iヽ ヽヽ.       i!ノ      .',: :/' :::: ',
.         ',. ,r'/ ,'. l. |   'i. i'       ノ',..、--   ,i// ::: i ::',
.          >' .i   /´i   λi    .ノ=ソノヾヽ,.-'ン ノ :::: ,'i ::i!
      , -'ァi/ヘ  /_,,..',  ,'''ヽ' ‐-'''´   ヽヽ>ヽン´:::::::::,' i! :l
   , -'" ./ ' |..', /    ', ,'..-‐‐、.__  ヾ、 i.リ iリ,. ::::::::: / .lリ
.      ,':::::::7iヾi‐--‐''∨      ヽ iヽ',.i レ''´::i::::::::::/  .i!
      l :: / .i :: 'i,  -ッ'―  '''''''''´ ,iリ ,i i.',i :: i!/i ::: /   ノ
       l /   | :::: ヽ /'ヽ      / 'ノ.i j i /i! i .ノ   ./
      ソ   i! ::_,../i!  ヽ      ノ  /  i、  レ'   ./
        _,. -'''´  /i!     , -'"   /    iヽ   /
    , -''´      ,'::i!   -'''"    /    .l ヽ
  ,-'´       /::::i!          /      .i ヽ


39◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:21:49 ID:TUmUWkvU0
              ,ヘ   ,へ、
             く< 'ゝ-イ/ |<
            , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
           .,'  ! !  、 、 ヽ ', .',
           i  ,'./-λル-i-イ i」 i   最初に紹介した、洋務運動の官僚達や
           iルLi ○   ○ `Yi、 i 
           ノ`リ "" 、_, ""イ !ノ.i    恭親王らの業績だね
          /ノ:|,:ゝ、 ,____ , く_,ノ | i
          lXl レイr' /LY_ノ ./`ヽlXl
           ノ ,.' .〈 i  |:  !i .|  i l
          |>/ ,λ. . i: λi/|  ||><|
           .|/ ノi/::::::v::::/ヽ|  | l
          [_{,'ヽ::::::i:::::ヽ/|_] l
          (_ノ/ヽ、>::i::::::::::::::::ヽ_) l



  ./    ハ   i |::::::::::::::',   ヽ.   ',.  i
 /   /ヽ、!,___,!イ:::::::::::::::|'´ ̄i`ヽ  i.   |     しかし、こうやって
 i  /|  ,.!-─-、';:::::::::::::,',!-'─!、ハ.  |  |
/|  /::i ア i´`i  ヽ::::::::/ i´`i  ヽ!  |  |      北洋洋軍や北洋水師を有し西洋兵器を揃えた清国は
 レ':::::|,ハ  ト__j   ヽ/   ト__j  ノ|ヽ.|  |
  |::::::ハ ヽ-          ‐ ' |::::::|   |       東夷を討伐せんと日本と開戦するが
i.  |::::::|::', ""     '    ゛゛  |::::::|   |
|.  |::::::| .ヘ,             ,.イ|::::::| i  |        結果は大敗北・・・
  /|::::::|  |>.、    ^    ,.イ .| |::::::| |  |
 / |::::::|  !  i`>.、.,_,,.. <i  | |.|::::::|. |  |
  .|::::::| !,,..イ::::ヽ、  /::::::i>、.,_|::::::|. |  |


40◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:22:03 ID:TUmUWkvU0
    iヽ、∧  ,ヘノヽ、
<⌒ヽi  ゝi/へi `yイ>
  `ヽ Y_/--──--ヽ__
  '/\ L ロ | - | ロ 」 /     清国は西洋人どころか、おなじアジアの国で、中国より未開の民族だったはずの
  く  ,,-ゝ-───--' ヽ
   Y´〈/ノト,__,λ 〉,_, イノ〉    日本にでさえ大敗北を喫してしまった・・・
   i i rノ ─  ─ tノイ
    | :| !|.,u   _  "ノ |    ここまできたら中華思想も有名無実だな
    | ,| ||i.`:、--:;.´i| i |
   i r'ヽi',/ くヽ`イ>ヽヽ!   



                                ,ヘ   ,へ、
                               く< 'ゝ-イ/ <
                              , '´`ヽy)_,,==イ、
                             ,'  , ,  、 、 ヽ ',
                             i ,'./-λル-i-イ i .i 
                             iルLi'´`.  '⌒'ト.-i |
                             .レ〈人. ー  "ノイ| . |     さすがにね
                              |,:レr`T ";く_/,」 |
                              i.r' /LY_ノ ./`ヽ, ',
                              !〈 i   |:  !i-=イ イ
                              ノ iλ . i: λi  ', i',/ヽ
                             }>]ノi/ ̄v ̄/ヽrーヽ),-:'
                            }><{,'ヽ/ i  ヽ/し,_ノ i<{


41◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:22:39 ID:TUmUWkvU0
    _、,、,、_
    `、r`=Y
    , ' `ー '´ヽ   ちなみに、中国人の中華思想を変えたのは戦争だけでなく
    i. ,'ノノ ))) 〉
    | ii ゚ - ゚ノ|.!   西洋の宣教師達や、西洋の文物も啓蒙に一役かったと言われているぞ
    |i(つ旦O
    |と__)_)




    ,-へ,  , ヘ
    ,ヽ_,_i=/__,」
   ,'   `ー' ヽ 
   i <〈」iノハル.!〉
   i L>゚ ー゚ノiゝ   宣教師や西洋の文物?
  i>i ir^i `T´i'i |
  .i>i !>^i`''´'iイ|
   i.ル'ヽr_,ィ_ァ'レ'


42◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:26:09 ID:TUmUWkvU0
       /!_/!,.へ、ー/|/!  /!
      /!/ ./:::::::::::\::::`ヽ/ |
     .〈  /_,,..-::r7' ̄ ̄ 7`"''ー!、_  
     _>''"l::-‐::'::::::::::::::::/::::::::::::::/    なんでも、近代に入って清国に入国した宣教師達はその中華思想に驚き
      !::!:::_;: -''""  ̄ `""'''ー- 〈
      >'  i´`'ー.、ヽ ヽ、   `ヽ.   地球儀や西洋の書物を持ち込んだりして
.     / / ハ  ハ ハ_,.ィ ハ  ', ',
      i イ i、!_ヽ、| ,ィ' ̄'iヽ! ! ! |    地球は丸く、中国が地球や世界の中心ではなく
.     | i  i ;:=-   ゞ-' ´ |,ヘ | |
.     | !ヘハ| ,,  _    " ! !/  |._ノ´)   「万国」が「平等」であるという概念を頑張って教えたらしい
      Vレ'.| !、  ヽ ̄ノ  ,.イ  | /´  ,イ、
.        | | |.`>r-=.<!7  i'"!   、ヽヽ、    
     ,.、 | | |イ:::!ヽ/:::::::/ /  iヽ、`ヽヽ.ン´
     | | | |>、|く7、ハ::::::::! /  !ヽ、>-'´    そのかいあってか、清国末期になってやっと万国といった概念が広まり
   ,.イとヽ|. /  /ヽ/ムヽイレ'ヽ、___ン´|
   l  ノ` i !、_,.!:::〈/Y\〉::ヽ、/  ハ |    康有為らが、海外の新聞を紹介する新聞に、『万国公報』とつけるほど普及したんだ
   `'く  ヽ'  〉::;::::::::::::::::::::Y::! / レ' 




                             ____
                            _......┃......_ \
                           ,'´ .}:::::::::∠ヽ、 ヽ
          ∧∧               / 〈'::::::::::::::::{  ', ヽ
         / 清\               i_..ノ::::::::(,,゚Д゚) i < 地球儀だぞゴルァ!
        ( ; `ハ´) ムムム…       ,:::::::::(ノ::::::::::::つ /
        ( ~__))__~)             ヽ、__;;;;;;::::::/ /
        | | |  タシカニマルイアル       ∪┃∪  /
        (__)_)                ̄ ̄ ̄ ̄


43◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:27:44 ID:TUmUWkvU0
        ┌--、  ,.--┐
         >- f-fニ ̄\
       ∠ ィニニニニニヽニ´
       <::rzzェェェzzュ、:::::>
        / ..  ::   :ヽ\
      / :::ハ::: ::::i i、:、:::::ヽ.ヽ    また、西洋から新聞や雑誌、写真が翻訳・輸入されるにつれ
      //:.::/:トリ、::::::!」ヘ:ヽ-ヾY !
      iハ i!イアト \レ'アヽ\iリ::|    中国以外にも沢山の国があり、しかも中国より進んでいるという事実を
      /VN じ   弋zソ/::::|:::!
.    / .:::/{"     ""/::/:|:::|     中国人も都会にさえ行けば嫌でも知らざるをえなくなった・・・
.  / .:::/  7ー、 ` _,. ∠:ノ:ノ/::!
   V::::(    〃ニニくM/!  }:.//:.:|
   )ノ ,. -'´{ {i!◎イ{ i!{ァ=く://:..::ヽ    また、外国への留学生も増加するに伴って、中国人も世界を知り始め
    / ..::::::(_フニニ/ ハiゝ-'//三i_::..\
    ! i .rf^i´::::::::::::レ'::ノ::| |/(:::::{>勹、::..)   こうして、20世紀に入った頃には
   ノイハ::(ニi::::::::::::::::::::::::| |ヽゝ:::::/>/V
    ( >ヽ<ー、::__::! !:::::::⊿//       主に無知を原因とする伝統的な中華思想はほぼ消滅した
      V/`ーi::ト-、__ノ| |-iニイ/´
       ヾ[><]|ニニニ):! !>[><]
        ヽ_ノ`¨¨¨¨V ヽ_ノ



              ,ヘ   ,へ、
             く< 'ゝ-イ/ |<
            , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
           .,'  ! !  、 、 ヽ ', .',
           i  ,'./-λル-i-イ i」 i     めでたしめでたし、と
           iルLi ○   ○ `Yi、 i
           ノ`リ "" 、_, ""イ !ノ.i
          /ノ:|,:ゝ、 ,____ , く_,ノ | i
          lXl レイr' /LY_ノ ./`ヽlXl
           ノ ,.' .〈 i  |:  !i .|  i l
          |>/ ,λ. . i: λi/|  ||><|
           .|/ ノi/::::::v::::/ヽ|  | l
          [_{,'ヽ::::::i:::::ヽ/|_] l
          (_ノ/ヽ、>::i::::::::::::::::ヽ_) l


44◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:31:30 ID:TUmUWkvU0
  ./    ハ   i |::::::::::::::',   ヽ.   ',.  i
 /   /ヽ、!,___,!イ:::::::::::::::|'´ ̄i`ヽ  i.   |
 i  /|  ,.!-─-、';:::::::::::::,',!-'─!、ハ.  |  |
/|  /::i ア i´`i  ヽ::::::::/ i´`i  ヽ!  |  |       ま、完全にその意識が払底されたかといえば
 レ':::::|,ハ  ト__j   ヽ/   ト__j  ノ|ヽ.|  |
  |::::::ハ ヽ-          ‐ ' |::::::|   |       どうも、そうでもないみたいだけどな
i.  |::::::|::', ""     '    ゛゛  |::::::|   |
|.  |::::::| .ヘ,             ,.イ|::::::| i  |       
  /|::::::|  |>.、    ^    ,.イ .| |::::::| |  | 
 / |::::::|  !  i`>.、.,_,,.. <i  | |.|::::::|. |  |
  .|::::::| !,,..イ::::ヽ、  /::::::i>、.,_|::::::|. |  |


                                                            ,.へ
                                                        r=´>' .ヘ ',     ,.-、
                                                        ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
                                                        ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
                                                      , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
                                                     /           `'ー===' ',
                  現代中国人の大国意識や、中国文化自慢にも      ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',
                                                     i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-|l||l! ',  i  i
                   受け継がれているよね・・・                  i'LLゝi.'ー---  ー---、イ.i', i .| |
                                                     ' ,イ 7          く_/ i  | |
                    全てマイナスとはいえないけど              /   '、      u/ / ,' イ.  |
                                                     レ、_イ__ヽ、ヽつ , " , '  / i .  |
                                                      / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'   |
                                                     / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ . i   |
                                                    ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!   |
                                                          '     i/    〉,   |


45名無しのやる夫だお:2012/04/15(日) 22:32:46 ID:aro1Bs260
自虐的になって卑屈になるよりは…大国意識もって傲慢になるのもまずいけど


46◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:33:03 ID:TUmUWkvU0
                 /    /  /   / /             ハ /   /`'
             /   ,'   ,'   ,' /  i             ヽ . /
               /    i   ;    ;./ / l  .:           ',/
           /     .: !  i    i ./ ./! | ::  :       .   i
            /   .::::/l  l.   l ナメ、l ハ:::. .:     / .:: .:  l
             /   .::::/::|   |   レ/  レヽ∨::l:  / /l i ::: ::  ;
.           /    . .:/:::::l   l   ir‐==ミヽ `ソ /ナホト、.:: . ,'
         /    ..:/::::::.!   l.  l        '´ ,ィ示 レ'::i/::/      さて!
          /     /:::::::::!  l  l            ヒク ,ノ ノ::;/,ノ
.        /     /:::::::::::l   i   l           ,    /;:イ       これで本日の講義はおしまいだ
..      /   .   ./:::::::::::::l    i   !    、 __  ´    ,イ  l
        /  .: / .:::::::::::::::;    ! l     、 `   /l l i i       お疲れさん!
.      / ..::: / .:::::::/ ̄/ l .  ',  i\      ,. イ | l l/ レ
      / .::::: / .:::::/: : : i l ::.  ヽ l  `,ー .'":    i l.l  /
    ,' :::::::/::::/:_: : : : :l l ::::.   i` / /l::::::    l. l.l/
.     ;  ::::://- 、 丶、: ! ! :::::..   ! /:\.|::::: :.  l .l.l
    i   ::::/ - :、:\ \ヽ ', ::::::... '. i: : l:::::: ::: l i l
    l   ::(    ヽ: :丶 \ヽ ::::::::.. ', | : :ヽ::::::::::. l/ l


            ,=, =、_
       __   i/ヾヽ_:7_
      .,,{::{{:;>, ' '"~ ̄ 、 `ヽ、
      く::、ヽ / /  ,  i ヽ _  i!
      i;::l,ヽ、iミ/  /‐-l  |´,_ __」
        `=,' ,'i_」, - 、ーftj!1. |       拙い説明だったかもしれないけど
         /  | 代ソ   `' .i !
        / /. | }、   ー ., イ__」     ちゃんと伝わったかな?
      / [><] 7" rオ‐「/ i i
     /   /  /  (⌒)'i| /  !    本日も読んで頂き、ありがとうございました!
     /   [><]. /   /j`、 ヽ!   |
    i,   /      //`ー', `!  ,'
     \i、     アコ::::;`ーウ /
       ヽ!、  /:::::::::/>::|ノ
         `ー|>:::::::</:::::<!
          < iー-i':::::::::ノ
           ヾ   `Lニゝ


47名無しのやる夫だお:2012/04/15(日) 22:34:40 ID:aro1Bs260
乙でした
今回も面白かった


50◆o.4IC1dL2A:2012/04/15(日) 22:50:34 ID:TUmUWkvU0
           (⌒ヽ
             r'′
              ・
       _,,.. -‐ ''' "´ ̄ `"'' 、
      , '"´     ____/ヽ.__  ヽ.
     i        \  龍. /   i.
      ,ゝ.   、    |,/\| ノ_,ノ,
    .,':::::`"''::ー`ーー--─::::::''::"´:::::ヽ       この頃は、私もかなり勉強不足を自覚してきましたので
    .,':::::::;:':::::;:::::::::::i:::::::i::::::ハ::::::::::::::;::::',
   |::::::/:::::/:::/!::ハ:::::ハ:::/ ',:__:::::i:::::|     次週からは、しばらく辛亥革命の究明のため
   |:::::i::::::i::::::!,|/ _ノ .レ' .〃、_ヾ::|:::::|
   |:::::|:::::|:::::;イ   0    || (_) .||ヘ;」    参考文献漁りと図書館引きこもりの旅に出ます・・・
   .|::::::|__;ハ|::|リ'"    厂|ヾ、_ _〃::|
   .|:::::::|:::::└リ    /_|  ||イ:::|     やる夫スレも色々回って、演出とAA製作の参考にしたいですね
   |::::::::::::::::i:::〈:>,、 _____, ,.イ(⌒ヽ、
   |::::::::i::r´ ̄〈::Yヽ ---イ-、ヽヽ  ヽ
   |::::::::i/   }ンゝ  ヽ(><)、 }|  |
  .|::::::::i,    }>ヽ   -─  ヽ|  |


                    ,.. --‐‐-- .._
                 ,,.. ‐ _/\_  ー.._
                ,. '"     \ .龍 /    `ヽ
               ヾ      //\ !       }
             / :'"´ ̄ : :/l: : : : : : :  ̄`""'': ヽ
                //: / : {: : :/{:_j |: : :|: : !: : :.| : : | : ∧
            {/ イ\/!: /{∧从: : l: : }:⌒:ト、:l | / ::|
             Vハ: /:ヘ {.x‐=ミ \{∨j/_/从j:\/: |     GWに引き続き投下予定です
                イ:ハ:小       ,  ⌒ヾ_∨: /: :|
               {: : {:ハ: ゝ"  r‐-  "" レイ: : :.:|     それでは、またお会いしましょう!
              ∨〈::Y:> ,__ ー‐' __, ィ〈::Y::〉 ::|
 ̄`<ヽ ̄ヘー-、_   __,....〈::Y::〉゙r‐ァ、.,____,i7ァ-)〈::Y::〉:::|             _ -- 、
  /  )、 \  ^´   \〈::Y::〉:∨(>リ<)/::〈::Y::〉ヽ_     _, -‐ァ'ニ     \
    / }   }       |:{三}::{:::::::::`Y´::::::::: ::::{三}  /⌒ ̄´ /  / /  ヽ  ヽ、 }
,   / ̄ノ   ノ   __\∨/r┴::::::・十・/_:::::::::/{///       {   {八    }   `く
  / /_彡‐―'´ ̄ ̄´   `∨/::::::::::::・十・:::::::::::::::::レ<_      \ ヽ-ヘ     \ \
. / /                 ゝ、:;:::::::::・十・:::::::::::::::!::l    `¬ー―‐‐`ーゝ- ヘ. \\ \_)
イ_/                    l:::i:::::::::・十・::::::::::::::::}::}                 \_\_)、_)
                  l:::i:::::::::・十・:::::::::::::::j:::!
                 ヽ';::::::::・十・::::::::::::/:ノ


51名無しのやる夫だお:2012/04/15(日) 23:08:51 ID:OXnKbAAQ0

しかし、なんというか中華って忠義者ほど後世に評価高いんだな
変なところで日本と似てるな
しかし、拡大広告は昔からなのね・・・。


52名無しのやる夫だお:2012/04/16(月) 00:48:49 ID:G/nMK1qg0
国立第二小学校の卒業生が、「国旗を引き摺り下ろし校長をなぶり者にして土下座させてやったぜ」と言ってるようなもんだな。


54名無しのやる夫だお:2012/04/16(月) 03:50:29 ID:QGJYxx0A0
>>36
細かい突っ込みだけど三跪九叩頭の礼って、『皇帝の前で額を「床」に何度もうちつける礼儀作法』だよね?
額を頭に打ちつけるって皇帝にヘッドバッドかますってことになるぞw


55名無しのやる夫だお:2012/04/16(月) 11:31:26 ID:v9W2ByLg0
おつ華麗!
中華思想か。あれはまあ行きすぎとしても。
今の日本の一部(というほど少ないとは思えないけど)に見られるような、
日本・日本人をやたらと卑下する風潮を考えたら、自国・自民族に
誇りを持つのは大切である! と声を上げたくもなるけどな。

根本的な思想に始まり、邦画や邦楽、更には髪の色。あるいは国歌や国旗。
なんでもかんでも、日本のものを否定したがる
日本人を見てると情けなくなってくる。
黒髪も日の丸も綺麗だし、君が代は平和な歌。それでいいじゃないかと。
別のものを好むのは構わんが、日本のものをいちいち叩くなと言いたい。


56◆o.4IC1dL2A:2012/04/17(火) 00:25:27 ID:8j2Ub3b60
::: |::   !   ,.-;‐=:、   ...::::|
:::      : ,.:'::;ー・,.、・!   .. ::|---─-- 、.,___   
::: |::.    ,'::_/!:.:.:`";ハ   ..:::|    _,. -─'"  前スレ>>976
::: !   Σ:::_!,!`-‐ ''""´ ̄ ̄"'' 、, ̄         だからこそ、国論を二分する議論になったのでしょうね
:::   ,. :'"´:.:.:.:.:.:.:._____/ヽ,_:.:.:.:.:.:.::`ヽ.         後世からではいくらでも言えけれど、そうれでも海防派は
::: ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.  龍 フ:.:.:.:.:.:.:.:.:',        ロシアの野望を甘く見過ぎていたきらいがあります
 ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,;.: -!_/-ヽ」‐-:.、:;ノ:.:.:.i     
 !:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ'"´::::::/:::::::;、::::::';::::::':;:::::`ヾ;!      >>29
 '、:.:.:,ゝ'´7::::/!::::::;:::::::/:ハ:::::::!:::::::!:::::;:::::::ヽ.       革命家達は、その原因を清朝の悪政に求め
::: Y:::;':::;':::::;' i::::/!::: /´ `!::::ハ:::__!::::::';:::::!:::',      清朝さえ倒せば大国になれると信じてしましたが
::: .!:::|:::i:::::::!_」_/_レ'-   レ' L_ハ`i:::;ハ::::!_」      革命後、それが間違いだったと気づきます・・・
:::! .|::::L_!::::/::! ´  _,,..    ー‐''" レ'::::::!     
::: |::::::::::!/レヘ.  ̄         '"' !::/レ'   .   >>48   
::: |::::i::::::::!::!ハ''"   _,,.. -‐ 、   ,ハ:!         どの外来民族も、征服後の中国化はまのがれず
::: !::::|::::::::::Y:::!ヽ-、_ `、.___ ,ノ ,.ィ:::;ハ!      .  伝統的な中国式統治・外交・世界観を継承していきました
::: .|:::::!:::::i::::::iヽ、ヽ`::ハ.、.,___'Jイ::::Y::/:|      ... 中国大陸という立地や環境が、そうさせるのでしょうか?
::: |::::::!:::::!>-ヽ;)'ヽr‐ァ、.,____,i7ァ-)'(:::::|
::: !::::::!:::;:'    `ヽノム'、___lTン_}>く{`ヽ:!       >>51
:::.|:::::::!/       ヽ!::ヽ(>リく):::'、 ':,       岳飛にしろ、関羽にしろ、諸葛亮にしろ
:::!::::::::!  、   ノ  ハ:::::::::::ヽイ:::::::::::ヽ._>      権力から離れた立場で君子のために奮闘せんとした
:::!:::::::ハ  _r'´--'ヽホン:::::::::::::::::`メ:::::::::::::::i',     憂国の義士は中国でも人気ですね
:::';:::::!:::ヽ7!    |/:::、:::::::::::::::::::!:::::::::::::ノ ',     日本でいうところの判官贔屓もあるのでしょうか?
::: ';::::!:::::::::!   __」;:::=--‐ー''"´ `ヽ:::イ   ',      ,.'"`ヽ.       (ー(○)- _)
::: レiヘ:::::::!  ´          ,.、 i:::',  ヽ.    くl ゜ヽ:.ヽ.,_      `ー'、_ノー'
:::  ::::ヽ;::!、    _,,,. .-''"´`"''´::::`':::::ヽ._,.、 `ヽ.   `i  i:.:.:.:.:.`ヽァ     |
:::  !::. ヽへー=i'"::::::::::::::::::::::::::;:-'"´_ニ二>ァ`-‐`──-'- 、.,_:.:.;:イ   ___  |!
:::  | i  )ヘ:::::!__::::::::::::::::_;;:イ::/'::::´ヽ::::::::::`ヽ、        `ヽ.   `ヽ`ヽ||γフ


57◆o.4IC1dL2A:2012/04/17(火) 00:31:01 ID:8j2Ub3b60
         __r。ァ
         `ェェ'
 \  /  , --─-
  (⌒)  ( ,..-ー☆ -'、   春の夜長のレス返答かな
/ ̄ ̄|  i LレLハノリ」
| ||.  |  i l§゚ ワ ゚ノi! 
\__|  |i (つ旦O============
 |   |  レ と/ ※※※※※※※\
   ̄ ̄    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>>52
 革命後だからこそ現在は美談として語られてますが
 見方を変えれば・・・ですね・・・

>>54
 ああっ! ご指摘の通り間違いでございます!
 まるでどこかの肉体言語的な礼儀作法になってしまいましたw
 感謝です!

>>45 >>55
 自国の文化の優越を誇張して他国を貶めるような尊大さではなく
 かといって、自国の歴史や伝統的な優れた文化を卑下するのでもなく
 自然な、中庸で、和を以て貴しとなす感覚を持ち続けたいものですね

 コタツで座布団に座り、煎れたお茶を呑むたびに、そう思うこの頃です・・・


58名無しのやる夫だお:2012/04/17(火) 18:55:11 ID:hjXn1Cz60
>>55
ドイツと違って日本は講和条約を締結しすべて清算し終わってるんだよ、というと
道義的に日本の全てを否定し謝罪と賠償をし続ける必要があるといい出す連中がいるが
そんな関係は有史以来存在せず、純粋なレイシズム以外の何物でもない。

欧米で中韓の連中が、清算済みのことに「おかわりもう一杯」デモをやらかすと
条約蒸し返されたら自分の腹も痛む欧米のまともな筋からは、レイシストと評価されてるんだが
日本のマスコミはそういうのを一切流さない。


61名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 07:06:43 ID:e6gLtJdI0
曽国藩の「末世扶危救難之英雄、以心力勞苦為第一義」という言葉はまさに名言だけど
国家の苦難の時期には派手なパフォーマンスやアジ演説が得意なやつが台頭しがちなのも
事実なんだよな
難しいところだ


62◆o.4IC1dL2A:2012/04/29(日) 18:29:48 ID:b/9ILQdc0
          ,, --──- 、
       , '"´     ☆  ヽ,
       (  、__,,ゝ-─--ノ,_ i   貸出お願いしまーす
       'r'"´,  ,   λ   `ヽ
       .i  r L-ーレ/ i_ .- 、 _i´    ./ ̄ ̄\
       |  L/.〈ヒ_i   rj;イ i」   /      .ヽ
        !  i.'イ "" 、_ `' ! ||  .|図書館の人::::l
       i   |.(Y;ゝ.,   _,..イY〉|  |     ::::::::::l
      ,' r ´ Y〉..-t ̄tゝ〈yイ   |    :::::::::::::l 
     ./ 〈中華民国≠´[><]、 .  { u  :::::::::::::::::l  こんにちわ~…。
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/辛亥革命 ̄{  ::::::::::::::::/    
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/lゝ ::::::::::::/
    ゝ つ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄.ノ  > :::::::::ヽ 
   ̄ ̄ ゙ヽ_ソノノ--ィ ゝ-ヘゝゝノ゙  ̄/ :::::::::::::::::i ̄

やっと主要な参考文献も集まってきて、辛亥革命の全体像が掴めてきました

次回はGW中の5月2日の9時から投下しますよ~
簡単な予告も明日辺り投下予定です

>>61
国運が危うい時ほど、英雄が求められますからね
しかし、弁舌や扇動の才だけあっても、武力がなければ
淘汰されてしまうのが革命期でございます・・・



  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

Preventry  Nextentry Allarchives

東方やる夫スレ纏め&胡蝶のやる夫 ( https://touhouyaruosure.com/ ) by 人間の里の住民