東方やる夫スレ纏め&胡蝶のやる夫

やる夫スレで東方のキャラがメインで活躍している話をまとめるブログです。(東方以外もまとめる事になりました。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示

01123456789101112131415161718192021222324252627282903

◆Qkf15dT8KjJ6氏の雑談所 クラス転移ネタ 第5話「Re:ゼロから始まる性的不能生活」

※管理人よりお知らせ
今回の投下分に東方のキャラは登場しません。



758◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:26:26.74 ID:2Bf+gHLa






                               ┌────────────────────┐
                               │ 第5話   Re:ゼロから始まる性的不能生活   │
                               └────────────────────┘




.


759◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:26:46.76 ID:2Bf+gHLa






                    _____
                      ´      `                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┓
                  ′: : : :     \                ┃                                        ┃
                    : : : : : : : :      i                ┃   俺の名前はやらない夫                         ┃
                      i : : : : : : : : : :    |                 ┃                                          ┃
                     ゙<.、: : : : :_;    :、     _           ┃   異世界に来て1ヶ月が経った                  ┃
                    __トゝ.!^≦z.、: :    |:|>=≦.:、.:ニ=‐- ,       ┃   転移者だ。                             ┃
                 _,、,r':ハ: .:i ´ .; ; : : :    |i .:.:..:.:.:.:.: ..:.: ,r'⌒ヽ、     ┃                                          ┃
             ,r'/ .: .: .:(.人.___)       !l:!._、/.::.:.:/.:   ゙i    ┃   俺は自分の身で起こった事を                    ┃
              リ : : : : : : : ゙i´. `: : : :、,r': :/:|.:.: ..:.:l/: : :彳  ハ    ┃   異世界に来てから出来るだけ毎日日記を付けている。   ┃
             ノ!゙i : : : : : : :.ト-‐‐=ニ 、<: : : |: /: :、:.V . : : :_:_ 、ゝ{    ┃                                          ┃
             ,r'リ:ヘ: : : : : : ::レ^<:ヽ::ハ: : :\|i :、: :.:l.:} : :<.: : :  l     ┃   今は冒険者としてようやく安定してきたので            ┃
          /ゝ:_:_: :.\ : : : : : : :: :`ソ|: : : : :.: : . :.:.:.`l <: : :¨.:ニ:,  i     ┃   日記を読み返しながら、あの時の事を振り返ろうと思う   ┃
        _r'. .: ;: : : : .:.:.:.i : : : : : : :. : !i:.: :、:.:..:.:.:: : ::.::.::.:.>.:イ<   Y     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┛
          | |,r'ニ=‐--=≦ \: : : : : : : !l:、:> : : : .: ., .::.厶イ: : > , {
        __| | : .: -‐=ニ.: .:_、,rヘ: : : : : : ヾ.: : : : : : : :. ./ : :   <:.゙i}
      γ、 Y`ヽ : .:.゙i_>-=≦、ト:,:_:_:_:_:_:.!j: : :、-=≦`'r:ト`≦.   Y |
       iヽ.Li.メ{ i ir'γ'二 ̄'    :.゙i.: ̄ !i.: : i: ̄.:¨.:ニ=‐- !: :.i. ト、!
       lーj:| |::. .ノヘ/´ .‐―.:........:.:.:.:.::!i:..j...!i: :.:j,: : : : : : : : : :.ヽ:.゙i :,r'
 ̄ ̄ ̄ ̄`ーY ̄  ーヘーー⌒-―ー゙――ー-―――――-ー´`´ ̄ ̄ ̄




                  □
                ┌─┐
                └─┘
               ┌───┐
               └───┘
                    ┌─────┐
                  ┌┼─────┼──┐
                  │└─────┘    │
              ┌─┼─────────┼───┐
              │  └─────────┘      │
              │                        │
              └───────────────┘



.



760◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:27:06.40 ID:2Bf+gHLa



     ┌─────┐
     │ 1ヶ月前   │
     └─────┘




             〃⌒> -==-     __ _
         ∠二ミ (          {::ヽ.::} `ヽ,__
             ,.'          <¨ヽ,,〈〉.>- , .} ¨ヽ
                     `ヽー=‐.::::::{    〇 ‐<
        /                └ イヽ___ノ 、__}
         /            ヽ   ∧` <   ゝ、::::)
       ,               ハ   ∧   ィヽ   ∨ヽ
             i     i   ,'  ヽ   \' _ \    \
       l       .l      /  ー‐     ヽィ斧ァ
       |        .|     ∨    __,, \    う.ハ ',      }!         やらない夫さん・・
       l       .l    ∧   _zzzx、  ニ- _弋ソ  __彡  リ
      ノ 〃    l       ィ う 沁       、   }    |!             意識が戻られましたか?
    , ' //      i       -彡乂: ソ          从   〃
     /  /   /_ >-i|      ヽ <_          / ∧ ∧
       i  /{ ゝ 、__∧       ヽ¨ ̄    ⌒   'ゝ! \__彡゛
      ∨  弋  r,   .\      `ヽ._     /
          \リ `ヽ  >       \/  ̄
               ヽ´>=二二ニ=-,  〉
              /. : : : : : : : : :: `ヽノイ       ┏                                                   ┓
            , '. : : : : : : : : : : : : : :∧゛ヽ       ┃ 俺はギレンの演説が行われていた際は意識を失っており、             ┃
           /.: : : : : : : : : : : : : :._彡∧{<ヽ`<   ┃ テレポートが行われた時も気絶していた。                        ┃
    >. -‐: : :/.: : : : : : : : : : : :_ニ=-: : : : /〉、    ヽ   ┃ 意識を取り戻したのはテレポートも終わり、                      ┃
    ,' : : : :-==-: :` : : : : : : : : : : : : : : : : : /:/  ゝ  __ノ  ┃ 現在活動拠点にしている宿屋でクラスメイトのコッコロの声で目が覚めた。  ┃
   i{ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/. :.!  ∨___    ┗                                                   ┛
   .ゝ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:‐: : : :..}    ∨/
    .j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:‐ : : : : : :}!     ',
    ゝ: :_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : j{      〉
   _/¨    ̄  ⌒>  、 : : : : : : : : : : : :j{     ,
_ >   >  /     </∧ : : : : : : : : : : :j{    /



.


761◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:27:23.68 ID:2Bf+gHLa



     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....        ┏                                          ┓
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....      ┃  コッコロから事情を説明された時は「唖然」とした事を        ┃
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....       ┃  今でも昨日の様に思い出す。                       ┃
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....     ┃  「異世界転移」が実在した事もそうだが、                  ┃
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....       ┃  今まで日常を共に過ごしてきたクラスメイトに殺されかけた事に  ┃
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....      ┃  俺は衝撃を隠せなかった。                         ┃
.::..:...ヽ::.....   ノ         \             ┗                                          ┛
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)               でも・・・どうやって宿屋の部屋を借りれたんだ?
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}                俺達は異世界に迷い込んだだけで
  |      | | |}                    右も左も分からない状態じゃないか。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



.


762◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:27:41.96 ID:2Bf+gHLa



      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ -云テ、 .|   l  i リ          そこからは私が説明しましょう。
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  /
         / / l l /\ .l | ハ   ̄         レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !             ┏                            ┓
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´           ┃  クラスメイトの一人で                ┃
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<        ┃  痛いコスプレイヤーとして知られていた  ┃
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__         ┃  織莉子が魔法少女のコスプレをして    ┃
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧        ┃  ドヤ顔で俺に話しかけてきた。        ┃
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ      ┗                            ┛
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \





     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)               お前・・・
   | U  (___人__)                   深夜でコスプレして徘徊してた所を見つけた時は
    .|       __ノ__                    泣きながら黙っていて欲しいと懇願してたのに
    |     _/ ___\ヽ_                 遂に開き直ったのか?
     、    '-/____ヽ  |
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /



.


763◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:28:09.97 ID:2Bf+gHLa



       ._,,. == __-- ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ        \   \
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><ヽ;;;;;;;/  イ ヽ             \
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ` '  // ヽ   _,,. -‐''" l ̄ -
     {;;;;;;;;;;;;;;;;/ / / l l //l  /ハ;;ゝ ';;;;;;ヽl  l_,,. ノ_,, ''l´
      ヽ;;;;;;;;;/ / / l  l 彡イ lリl k人;;;;;;;;;;;;;;;;;;リlハ l    {l  |__
       ゝ /// / l ll lヽ    ヽヽヽ;;;;;:::::::::::::::/;;ll l   l l  /
        /// / l lヘ l ヽ ヽ   ヽヽヽ::::::::::::::::::ノ/ll    { ∧|
      __ノll l l  l  ヘ  リ  ヽ  ト:::::`ヽ =-::::/::::/l ll   l丶 {         私の黒歴史に触れるのは止めて・・
      ヘ、 l l l  ヘ  k l l ヽ }  {リ《 ̄z-z气ミ ///lノ ヘヽヽ ゝ
       ヘ/ l l ト  ヽヽ ll l  トl  ハヾ {;;0;;t  `ミ///  ∧∨:::::ヽ       本当に止めて
          ヽヘヽヘ  l  j  j / j::::::::: 弋;;ノ  /ノ   /::::ヽ:::::::::
               l l /  jノ/ /::::::::::::::`====彡/  /:::::::::::::::::::::
            _,,.  イ /  // / l     u  / /{::::::l:::::::::/
      _,,. -‐''"´    l   / / {ヘ `  ィっ  イ/  / ヽ::::::::::l
      _,,. -‐''"´ノ /   ノ { ヽ , _,> _, イ /  /  >'/イ  /
      _,,. -‐''"´/   /::::/ ヽ- < /   /{  {/  l |  /彡
          /  //   /    /  ヘ  { l  {彡/  l | /彡
        /  / /   ∧  / /  ヘ  l l  { /   l /
      ⌒/   /{ {    l {  />/    ∧ ヽl  ∨ ,,-‐´__=--ノ
      /   /       ヽヽy イ-l     ヽ  ヽ  ヽ'   /;/ノ
      {   j         /- {  丶__ _,,. ;;;;;;;;; ヽ _ _ヽ /::::::::
      l   l        /  ヽ /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    マ    /
      ハ  l       /   /ヽミヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヘ/  ヽ l /
       ヽ ヽ     /  / _,,. -‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''l /    / /
        ヽ ヽ=--'   / /     ;;;;;;;;;;;;;;;'''' ll  )  / /
          ヽ --= ' /      ヾ='   ll- ' /  /





.             ∨/////////////////////////////////////
              ∨///////////////////////////////////
            ∨/////////////////////////////////
.          / ̄ミ厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー──=ミ/ ̄ ̄
       /  //       |       | |  /       \
.       |   ㌻′ / ___j       j厶__  |:.     \
        \. /    |/   │ 廴____j´}|    `|::.   |::.
.          | |r─一′  / |i  | | |i ¦    }| |    `ー─┤::. _
.         廴]     !   |i  | | |i │    }| |\  \\j/            話を戻すとどうやら私達「転移者」は
.          / / │/, /\ | |.ハ !    ,小 | ̄丶     ∨             物語でありがちな「チート」能力を
.        /      /, /竓筏茅ミ |    / 竓筏茅ミk    |             付与されてるみたいなの。
       /,イ¦i     l | | 乂:::::ソ 八  │ 乂:::::ソ灯'  /
.       j/ |八乂__,乂____ ̄ ̄   \ |   ̄ ̄/  /               そして、それが発現すると
.        人 个=‐〃⌒ | :「`       .: ¦    ∠斗匕    /           自分の感覚で能力を理解出来る。
.       / 个=─ノ'   l | 从              从厶斗<
     〃  : |: : |: : .   乂. 个...    ー_;;‐     ..:::::::|: . │. :|               コッコロさんの場合は
      ¦   . : |: : |: : : : . .  ヽ |:::::::>....     _ 、<:::::::::::|: : :从: :八            異世界の人々に「友好的な印象を与える」
      │   ノ: : |: : / ̄\_,,从/¨¨¨7⌒爪 f^ーハ:::::::|/─∨                能力を持ってるみたい。
      人   . : : : ノ「 ̄\      ヽヽ }ー─匕7   /{:::从
       Х: : : : : :jへ  `ー─‐ } } .:}  ___  {:. /, {ー─
.         ∧: : : :/`ヽ   ̄ ̄   /⌒フ/i:i:i:ハ 厂 ̄    ー─‐
          ∧: :/  ノ ̄`ー─     八:i:i:i:i八    \
         ∨  └┐ー─      .::::>--< \
           /.     乂__/ / /´ ./   、           、─‐
.          /        / __   /  / |  /\      /、 \
         /        //⌒ヽ     │/          /    ̄))



.


764◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:28:31.40 ID:2Bf+gHLa



                     r─ ─── -  _
                    L ___ __        _
                   「ニニニニニ「 ̄「\ _   \
                       |ニニニニ=-∧ ∨ / 〉、__ \
                       |ニニニニニ=-', ∨ /ニニ7  _\
                       |ニニニニニ=- 〉   〈ニニ〈  (i:i:) 〉
                 人-=ニニニ=-//\ \ニ〉 _V∧
                rくニニニ=-rく ⌒ニ\-=\ V /⌒V∧
                {.:.:.⌒ア¨¨人 __ /ニv \-=∨ /-=ニV∧
               八.:./   . トwW㍉V : : > Vニニ/ ∨∧
             __--=ァ⌒ / /  . {/''゙゙"゙} }L:/  ⌒V   V/,
            _}_//  '  . : /イ . : {   ノ八人   ニ=-- _   v/,
             〈  /ィ :  : /. :{. : :八  {(  }:. .\        \ V/,         私がこの格好なのは普段から魔法少女のコスを
           \ 八 i  i/ . :八: .{ ) `ー- 八: .}: .\__/  ̄\〉 }/,         していた影響なのか・・・
             ⌒¨7{  {. :./ノ ヽ:.  ィぅ灯ぇⅥ . : . }八ニ==‐┘//}
                  / {八{Vィぅ㍉ )}   Vツ ノ . :} 人: .\⌒ V ⌒ヽ        「魔術師」のチートを付与されていて
            ( __ノ: 八  八 Vリ,     ⌒7 . . }、⌒\⌒ ノ// }         その能力を維持するためには
               ⌒¨ア/. :.\{ 圦        u .イ . : .} \  }\(  / 八         このコスプレ衣装を着用するのが条件みたい
                / / . : : ' :/:个: . ^   イ:/ . :/ 八: .) 八 )\(⌒
         --=/. : :' . : :/ / . 八: 「⌒「⌒ '  . :' /⌒ニ=─ ┐\丶
     '   __ / . : .{ /  /. :/: :/⌒Y^Y  { /)'     、   }、: . \\
    //⌒ア  . : :八( 「ニ=-⌒/  人人 八(     /⌒V八 \: . \\_
     {(   /  --= ⌒. 人 /-=ニ/:/「 . :\ \    {   ⌒V⌒\ . : ⌒\
.     乂  , /. :' . :/. :/ /ニ=-/ /. :|  . : 「⌒)    人     }: :} ⌒\   丶
       {( . :{. :.//「⌒  rく   , . :.|  . :人 ( __ /⌒、   :. :八   }  ' . : }
.      乂 八 乂:.人   /⌒\  . : i . く⌒\ \       {/: ハ  '  /. . : '
       //: ./ :/: /ニ=-{-=ニニ{  : 人 : . )-=ニ>、 \   \ V . : :∨ /. . : /
      / , . //. . :/. /八-=ニニ\(⌒0「-=ニニニ人⌒\  \〉. . .人 (⌒¨´
.   /   {:./  . . .//. /-=\-=ニニ>、-=乂ニニニイニ八 _ノ丶   \ : . \
.  /    V  . ./. . . '-=ニニ{>-- ⌒  _}__ イ-=/.: ∧⌒L_\ __}\. . \
./     /  . /. . . . 人-=ニ「}-=ニニニニ「」ニニ=-イ.: /.: ハ    丶 . . . }. . . . .}





     / ̄ ̄\
    /  u  ノ \               お前・・・学校にもコスプレ持ち込んでるのか
    |    .u ( ●) |                   正直引くだろ常識的に考えて・・・
.    |      (__人_)
    |      ` ⌒ノ                しかし、「魔術師」と聞くだけだと範囲が広すぎて
     |        }                イマイチチート能力が分からないな
     ヽ u      }
      ヽ     ノ
     ノ     \
    /´        ヽ



.


765◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:28:56.74 ID:2Bf+gHLa



                _
               ,. :≪__゚:,
          / ≫'"/ /;;;;;;;゚:,
         / ィッ 〉-- .〈_;;;;;;;;;::',__
         / 、 〈;;;/ /`*。 f" /:::::::::/ フ¨゙:,
.         〃  \゚:,斗‐ァ:、i! /⌒'ー' "` :、 リs。
       〃` :。,  ノ! 〃ヽ}ノ   ゚:,    `:., ̄ 》
        〃    .>’ .,:’  , -;    ト、 、   ヽ/             やらない夫、貴方「Fate」というゲームを知ってるわよね?
.      〃   {.ィ ¨"  ! /_l    l !-゚:, :}    ゚:,
       /     :}_!     !"i__{ .斗',.斗=:、! l   ト、}            その中に登場するサーヴァント「魔術師(キャスター)」
      ;!    ムイ  l  lャi"::::i!∨   l::c! i! :! / ii!              キャスターのサーヴァントはクラススキルとして
.      {!    `ー!  :,  !.ヽ:ェリ    ` " '’!/!ノ
.      ヽ._     ! l ゚:, ヽ.    __, ’ ..ィ  ト、               「陣地作成」「道具作成」この2つを所持している・・
       ¨:、  .ノ ! λ  \ ─ 匕__ ゚:,  ゚:,                  私の能力はその2つである「陣地作成」「道具作成」の強化型
         / リ   フ  /`ーァ-:《ー --ム._,ノ≧s。
        / /  /ヽr'  / :ト、_ノ ヽ 〃     `ヽ.         自らに有利な環境を作り上げ
     `ー -''"   >‐fヽ.  ∧ .リ!  ゚:, く:v’ヽ _    :} ゚:,          その環境を利用して仲間の特性にあった道具を作る事が出来るみたい
    / .>'’_,ノ/    ゚:,/  v l `" ヽ`*, 、   >ュ .〃
   / ./ ./ / く /       ./」;!    : ゚:,vvv'"、  ヽ.
.  〈    V  /  /`vvvvvvvvv’ /    }._/  i!ノ! }`ー:,‐-
   ゚:,      ト、 ;! ヽ  i!   \"`ー─ '’ :}  i! l/  ‘:,
   L、     ヽ!  )ノvヽ    ≫:、‐一' i" ̄`ト、     ζ
     L、      ,. :<. ` :。.〃  :>、_.リ-s。. i!::::》、 ζ
        L、   /i!   /  \  /  ヽ. ,.斗i!::/  ㍉
.        L、/::::::i!   /      `ト、   i!",ノ:::〃     %、
       /  l:::::::!           ¨ ヽ゚:,リ::::::::〃    %  ゚:,
      ,:’    ゚:,:::::,          ,. :≪::::〃    %   ゚:,
     〃     ゚:,::// ̄ ̄ /_,. :≪:::::>''’ ゚vv:'’      .%ヽ
      / L、    //    /:::::::::::::>''’     ゚:,     .%  ゚:,





                     l'""二二二二二ニ‐- .._
                     l'/////∧ ∨/////>、\
                          l//////∧ ∨/>'"´ ,.l r ヽ
                         l'//////>  ゙´ ,. </∧``ヾ
                    ,. ''⌒ヽ'" ,.、 , 、 ∨////// /ヽヽ
               r―‐/      ,.`   ` `,.-‐V//// ///〉ヽ
                l /   / /     ,'  ヽ ヽ― 〈.///  ヽ
                /   ./   /   .!   l      .  ヾ/    ヽ
              <ヽ  /   /   .l   l     !   !  i \_   ヽ          最も、この能力に気づいたのはさっきだから
.                ヽ.〈r.、  ,イ′   !   l    l.   !  l  ヽ`l.  l!             「陣地作成」お試しでやってる途中で
             / ヽ,.ヘ./ '⌒ー-十'´⌒ー-、__ l.   !  !  ヽ.   l!
             ´ ヽ  ノ/  ; l   { ー‐- ゙、 ⌒l_  l  ゙、   ヽ  l!          「道具作成」においては未知の部分が多いから
               ∨'"i ./ .l! !, ヾ、 √下;;刈  l!、ー-',_ゞ "〉´  l!          まだなんとも言えないけどね。
                   >!.i! {ゝ! .)ヽ   ー"リ.! lノ   l ヽl./    l!、
            _ -―  ̄  ヾ、 ヽ' .ノ、      'ノ '  !   !⌒ l   rゝj          そしてこの衣装を着る事で
       ,. ´ _,. -,.‐  ,. - イ 冫./  、  '  .イ ,′ l .i  乂. !  〃 }!           この世界の魔術を一通り使えるので
      / ィ'" '" ,. '"    /.ィ.{ .,'、 ,>,、-.<'/, 人} l ヽ  `ー</ノ ;l!         まさにキャスターの強化型ね。
.     / /.'" ,..//  ,.  {.' ( ゙、._` ヽ ! `li ´!{.!Y└-- ――¬、 'ヽ、/!`ヽ
    //  ///'   /   `,.__,....ニゞゝ‐-、.ィィ'"<ー- .._ i-、   丶、  、
     リ′ ,.' /,.'/  / /   人},.、-‐ .i.:....::ノ;´l.  \  <. /ヽ  ヽ. ヽ. ヽヽ ',
   / {、/ ,.' ./ /     /!   ! リ‐ ヽ ノ` ´ / l.  r'ヽ /ノ,'    l  } i ト、;ノ
   ,   / / / /     ' i l   l. /  ./ ,'  /.l  l.ヽ/`ヽ '      .! ,' } .l \
.   ,  / ' ,' ,'    ,  ! ',  /   /   ! / ,'   l 、           , /  ソ   \
  i ,' ' .,  i  l!  ,  、 、{ ,/    ,.' /   ト. 、 、         / {      /!. \
  l ! .l  ,  .!   l !  ,   、 { /'    / /   !_', 、 、    /  丶.    /,' -―-
.  ! l .l. ; /l  .! l.  、 ヽl/    /      l L', 、 丶  、 '     `  ´
.   、 ! .!  l.   l ゙、 ヽ ,.l,.ヽ           l. L',  、 \. ヽ           ヽ
   ヽ,! l   、  、 ゝ,. '"  /`ー- 、      l. /L',  、  \l  、 \
.  / ! .l     、 ,.ゝ'   ,. '」┘ .〉   ヽ-‐ ⌒ ' / └、 ヽ   ` 、  .._  、     l
. /   、.!   /    /┘::!  / O         l  ./L.、  \    l    ヽ ヽ    ;
'      `  /    /l`::::::::::l /         O l  /、 'l\   、  .!     } ゙.   /
       /    /l `:::::::::::;└,'            l  /  ̄l_、   `ヽ     ,'  ;   '
        /     /l`,.> '"  ,' O            .l  '   /::::::l\    }   /   /



.


766◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:29:21.35 ID:2Bf+gHLa



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)             そんな便利なチート能力があるなら
          |     (__人__)                この異世界でも安心して生きていけるな!
        |      ` ⌒´ノ                どうせなら冒険者にでもなるか?
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |





                        -=-
                      〃.::::::::::.`ヽ
                     V.:::::::::::::::::::::::::ヽ_
                     i{:::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /      圦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                /   /    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                 /      `::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ′           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
           〃 ,'    ,'  !     ハ  〃\__:::::::::::::::::::::::::::ノ
.            /∥ }    il  i!    / ∨ゝ-=彡i!{¨`ヽ::≧ ゛
          /.∥ ハ〃⌒\_}   ,'   ∨ }   l iヾ_ノ   V/            男の子というのは「冒険譚」が本当に好きなんだね。
         ,' ∥ /.: ィf灯x,_  ゝ-┘-''"`ヽi!   il |li}     .V/
         { , /.:.:.:.} { 刈    ‐-   .i!  il |ill     V/               てっきり、やる夫君に話を合わせて
            ゝ .; .:.:.:;  乂ツ ,    ィ斧劣ミx  i|i. liil    }', }!              「なろう系」を語ってたと思ったが、
          i| l:.:.:从          乂ツ i|  {|i |i!'    // /               君も十分好きなんだね。
          .从.:.:.:.:ヽ              ノ  /i|!    ///
            ゝ:.:N:.〉、 ーっ   u .イ,  /      , '
              〃ヽ>-  -=≦ ./ / /} /
              /::://}`ヽi^/   .//|/ 〃                     ┏                          ┓
             ,:::,'::{ 〉:::(/⌒ヽ,    `<                    ┃ 俺が目覚めた事に気づいたのか、   ┃
            ./::/:::/=-^\:::::/     。<ヽ__                 ┃ ライネスと愛歌が部屋を訪れた。    ┃
            /::::/.::::/::::}::::}i _ _ /.::::=-ミ::.ヽ               ┗                          ┛
          , '::::::::〉=-,'/|:::!:::::}:::::::::::::/.::::::::::::::::::〉
         .ノ::::::::::/.( _):::::;_/.:::::}:::::::::〃.:::::::::::::::::::/
        ,':::=ミ:::::{::::::/.::::( )=≦:::.://.:::::::::::::::::/
       ∥:::::::∠⌒ 、::::!:::〃.:::}:::::/ :::::::::::::::::: /
        ∥.:::/.:::: ̄::ヽ::::!:::ゝ=彡`.::::::::::::::::::::::::/
      ∥.〃.::::::::::::::::::::Y.:::::::::j.:_`:::::::::::::::::::::: ′
       >〈::::::ヽ:::::::::::::::∧⌒二つ.:::::::::::::::/
        ≧-\.::::::::::::::〉ー-つ.:::::::::::::/.:/
          〉.::ヽ.::::::::/.:::::::::`ヽ:.:./:::/
         .〈:::::::∧:::::::::::::::::::::::/.:::::/{
          ヾ:::::∧::::::::::::.::<::::::::::,':::!






         /  ー-ミ                \
         /         `ヽ、             ヽ
      /              \           \
     ./i  \      \ \  ヽ  \         ミー--‐ノ
      / { {  \\  _\ ヽ   :::.  \          <
        い ト  Y'" ̄ } _ヽ}\}::    \         \          冒険者も悪くは無いと思うけど・・・
    j     ゙、\}/シ"斤気”  丿\      \:... \::... :::...\)
    {    {\\ " 乂ジ     \      ヽ::.... ヽ::}廴:::ヽヽ          全員が目覚めた所で
       |、 \__  ̄   '"         \    \::::. }ノ  )⌒)ノ          少し話し合いたい事があるの
     八l l\癶ヽ              ∧ ヽ ヽ   ヽ}/                   良いかな?
      \ 个:.ソ     _          /  Y^Y }\ }ト}
       | {{ ::::\ く   }       /r~J/:}ノ  )ノー- __
         い゙、\:::.... \ノ      _つ} //: }     { {⌒Y
       人:::::\\:::\     イ (   / : : : /     _ノ  ̄〉:
          \.{^i\ r 、::::ーく 廴f⌒ {/ : : : : /       (γ⌒: : :         ┏                           ┓
            いヽ| ト}⌒f^\乂 / : ノ / /        トミ气: : :          ┃  愛歌は全員が揃ったのを確かめた後   ┃
         __ .∧ V| | _)  }: :O : / /        丿  }: : :        ┃  ポツポツと現状を語りだした。         ┃
         弋\ ∧ V| | ( / j /\ : /       〔 (⌒''": : :         ┗                           ┛
        ./ )\ヽ_.} ヾ ∨ /   {  |  ∨        个⌒ヽ: : :
      / // ∧   .::. \    l j|| /     __   丿: : :
       /__ノ⌒ ┘ {:.    } / ̄ \     /: : : : : :  ̄: : : : :
     /└‐⌒\ ヾ      V     )ー<: : : { / : : : : : : : : : :
    }      ∧     /⌒        Y : }: : : : : : : : : : :
  ~/      /\     { __       |rく\: : : : : : : : : :
   {    ー<|  _>ー<: : : : : : `~、_  /: : \: : : : : : : : :





.


767◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:29:49.93 ID:2Bf+gHLa



               /                 \
           /                       ヽ
             /      /                 、
             /  /  / |      ヽ    l      l
         j//   /  / .| |   |  l い           l            コッコロちゃんのチートスキルで
         |//    ;   | l  |  |}|   |     l               宿屋の人を始めみんな親切だからね。
          /イ| ::| ::| |  ||| j||| l l    |::::.  |  l
         | 从lT辷ト|  j| l-―|- L| ノ |    |::::l  |  ll            やらない夫君が寝てる間に
         |:/ __)xzミヽ ノjノノノ‐jノノノ`ト/j    |::::j: l|::八           色々と情報収集をしてみたんだ。
           /  .::|Y~{i介    云宍笏ミ< j    j::::: | :::: } \
         ./  .:::::l ゝ`''’      乂゚ンノ⌒  .: .:::::::: ハ j::jノ            結果だけを見ると他愛のない話が多かったけど
          .::::八   .::、     ` '''"  /  .:::∥::///"             私達みたいに「異世界」から転移というのは
         jl|::/::::::>、  、       / .::::::/::://                   全く事例が無い訳じゃなくて、
         {{ |:::jィ{/   \  ー ''’    / /::::/: /                     それはこの世界の住人もある程度は認識してるみたい
          八ト;;{     \_... -‐ / /:::://
              /⌒ ー--‐辷r-f^//// 人
           /           个Vシ"   /.  \
               \   {ノ{ _彡       \
         /|         ト  ∥ ̄ _,,,,        `''<
          f{:::::|   |_  }j} ∥ /ア⌒ー--  '''"    ヽ
        }ヘ:::|   l=ミx\〈廴∥_ノ/              、
       ノ ヘ|   |⌒Y))ソ)f∥ミf",,x=‐_   {       l_
       \   ̄ ̄\⌒/Y}ンノヘ三三ニミx、 .:::、       |ヽ⌒ヽ





              -====-
      >=ミ               <
      /   <                 マ
   >=ミ〈  {                     .寸
  /   ヽ .リ               <       /ヽ <,
  ∨ ⌒ヽ                      /  i!   `ヽ
   /    /          `ヽ        `ヽ  }!  `ヽ¨
                              寸    ヽ           「定期的」という訳ではないですが
  ,′  /      ヽ           マ       マ   `ヽ
 .,        V    .∧、          ヽ       ヽ 、 }!               魔王の力が強まると
 i{       .V    ∧\  /     `ヽxイ         V从__            その討伐する使命を持つ人間
 i{     {    ヽ     \ 〃< ___   ィ斥≧ ヽ      }!               「勇者」を召喚するそうです。
  ,    ∧    .ト      \    斧う;;;)刃ヽ ∨    i!
  .,   .∧   } ヽ     > , 〃 乂__ソ  ヽ ∨    .リ               本来の転移者は・・・ですが
 .∧        /  \      >  _   ^  ∧}!     ;
  .∧    ∧  }    -=< __ .>⌒ ̄      从   ,'
    〉     ヽ_j  ,≦う斧;;ヽ  ,     u  .∧ .   /――   <
  / ノ     ヽ`ノヽ,,. .乂_ソ          /l: :∧ (        `ヽ
 /イ ∧       ヾ:`ヽ            /  ./ .|:∧ ゝ  >        マ
    ../ ∧   ≧=- > ゝ           .://  .} }                     ┏                                ┓
    / ∧       ヽ )  ≧=-    -=彡/   /./             }!   ┃ コッコロはため息混じりに              ┃
     ./ ≫   __    Y::::::::::::::: j{∧∨  〉 〈. _/<                      ┃ 何やら納得の行かない苦笑いを浮かべる。  ┃
            つ }!:::::::::::::::::j{  > ヽ' __  ._/\\     `ヽ       |!   ┗                                ┛
           -= 彡:::::::::::::::::::::j{ / /  〃  `.ヽ. \\     }      l!
             i{::::::::::::::::::::::::::j{' /  Y      〉  \\    i!      l




.


768◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:30:12.45 ID:2Bf+gHLa



        / ̄ ̄\
     /   _ノ   \
     |   ( ●)(●)
.     |     (__人__)                    含むところがある言い方だな・・
      |      ` ⌒´)
        |         }
      ヽ         }
        >       ノ
     /         \  /て⊃
     |  ィ     |\  `´ ゞ _三}
.     |  |      |   \__/.





                         / ̄ 丶
                           / ̄ ̄\\
                       /::::::::::   ::\\
           ___        /::::::::::::  ::::::::\\
              / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
          /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
           ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
           /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
          ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉            この世界ね・・・・
            { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
            \/ /   |l    N    r}/  \ ` 、/ l l                むしろ魔王側が滅亡寸前で
          / / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ} ヽ  l                  ここ50年で一番平和な時代らしいわ。
        / |/| / { N  ヽ  〉=- /イ ̄ 兀ア   ∧.l|
        \_|_ヘ{ 八 {テ示 丿/坊抃、 }  }∠     i ||                つまり、勇者なんて必要ないの
.          _,.斗  \ ゝ-Vソ/   Vソ //}   j   l`ヽ、 | ||
_    -‐  ´       ノ /イ {       //  /   l{_ ソ}||
      ,. ´      r一个: .   一  /} /´  八  ア  ||
     /  ´    / ,ゝ  く  ≧=ァ /ハ( _{  ヾ \/、ト、
-=≦/ /  /   〃 {∧ rーヘr→、/人{_, 、   >┐}   ヽ_/ \
. / /  /    {{   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  >ァ/ノ八  〃 |.|  \
  /  /   /     _,. 斗/  ア{ /}ア/   厂(   V/  |」   \
.   /   〃    /´  // / /レ′ `´   /   \ L{_j       ヽ
 /       {{     八 /   /   { 、      /       ≧=-     _,.斗‐=ァ



.


769◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:30:34.27 ID:2Bf+gHLa



                    _  -‐=- _
                /.: : : : : : : : : : : : ヽ
              , 〈: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           > ´   `ヽ: : : : : : : : : : : : : : ム
           ´        ` < : : : : : : : : : >…、
         /    i{      i    ヽ` 《⌒ヽrV゛  }!
        ./             ト      .ヽ__ノハ.`ー┘
       / i  '   〉    .| ` ノ     `¨ }i ヽ
       ,'  i!  〉  ∧   i / ` <,.」   .}i ヾ:、
      .′ :i{  ∧   ヽ , ┘       マ   :i:i  マ:、           それでいて普段の召喚は勇者パーティとして
      l  ∧  , 〉.,> ´      ,ィzzzミマ   }:i   マ>             多くても5人前後・・・基本は勇者一人を召喚して
      i   .∧ > ´―‐´     〃んハ 》   .}::   }                残りは現地人でパーティを組むのが基本らしい。
      i    「  ,ィzzzミ     弋:ツ  ;  ./.:」  リ
      .}    ', 《  う:り          }:      从                つまり、私たちはイレギュラーな存在なんだ。
        ト,    i:>, ` ` ~   丶    u 厂 }!   ,′
      ;{ ,   マ.ム        _   、    イ: : :∧ /
       、マ    ≧〉、         ,ィ::{:ノイ  )/
        ゝ.   ∨{⌒>::..._ _ ‐う-゙┐   ´    _
           \ ∨^YY> _、-‐┐<´ {   __> ´: :}!
            _`ヽ_ .」   ´ ̄_`ヽ、  `¨  .′: : : : i
          「.: : :,ム   _}   .ア´ }!>‐′‐=┐ ,': }: : : : :i
.            i: : : : :ム 「i   i、ノ_ヽ ´ ニニニ; ノ : :i: : : : :i
           ,: : : : マ:ゝi}    i=V=.}=‐ニニ〈 : : : :}: : ⌒゛:〉
          }: :/: : : :}   ム=〉‐^ヽニニニ }: : :..:}: : : : :.,'
         〃./: : :_}__/  // ハ==\ニニ.j : : : i : : : : {
        ∧: : : :/:.〈:/   ; ==/:X:∨===`¨: : : :∧.: : : : 〉





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)                 でもまあ、イレギュラーな事は「なろう系」でも良くある話だし
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}                  そこまで深く考える必要は・・・
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



.


770◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:31:06.12 ID:2Bf+gHLa



                       . . -──-. .
                    . : : : : : : : : : ''"~⌒`丶、
                  /: : : : : : :/: : : :\: \: : :\
                  ': /: : : :/: : : : : : : : ヽ: : : : : :.\
                //: : / /: : : : /: : : : : i : : : ∨: : :<\
               ///: : /: : : : /: : : /: /|: :|i: : :i: : : : \
                ///: : : :/: : : : //: : /: /. |: 八 八: : : }:「
                /⌒7´ : /: : /: : : : //∧/: /  |/ xfて) : /:八           やらない夫君の意見は間違ってはいない。
              /: : :/: : /イ: : :/:{,xfて^`    {ツ {: : \__,
              ,′.:/: : : : :八.:{ { 乂ツ      、   }: : : <⌒            イレギュラーは物語に付き物だね。
               | : イ: : : :i { |\: :\           八: : : )
               |{ :| : : : |: :ヽ|: /\: : :.    r  7  /: : \´               だが、少し考えて欲しいの
              .乂人: : 八: 从{ヘヽ\ i ..,,____/(⌒⌒^             ギレン君のチート能力の詳細ははっきりと
                     ヽ(  ><\ \_}リ~'7フ   ヽ                     分からないけど、あの場にいる異世界人を
                  /   \::::::イ:::::://     人ヘ                  全員狂信させて、私達クラスメイトを殺そうとした。
                   /        \___/ (   /  .∨)
                 ′    ----          { }  }_)^\
       /⌒>──「|                 /}}/  ノ }  )
   厂⌒ソ::::/:::::::::厂/|    ,            ///}ー<厂 ̄ ̄}
   { /::::::::::::::::::/{_/  |     {        / )////}/ヘ:::::::::::::::::::厂)
/⌒}/::::::::::::::::::/::::{_{  |__/⌒ ̄厂}⌒{ ./   /\::::::::::::::::/イ
_____,/::::::::::::: /:::::::::::(人       /厂:::/ハ    /::::::::` ̄ ̄^´::: }\
:::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::{_\___/_ノ::::::/__,ノ  ./丶 ::::::::::::::::::::::::: }  )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄{    /   }`丶、::::::::::::::八 (__
:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ :::::::::::::::::: {ー‐<´ ̄ ̄{::::::::::\::::::::::::::::\ハ
:::::::::::: : /::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::: {   }___,ノ::::::::::::::::\:::::::::::::: ∨)
::::::::::::::{ ::::::::::::::: {::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::: {____乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}(
:::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄::::::::::::~"''~、、:::::::::::::::::::::::::::::::::::: }_)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::厂}





                               .  - ─  .._
                              ´ ´    `  、 マ
                          ,' i  . _    ヽ ':,
                           ,'  :!     \` .、' , /, 、マ          コッコロちゃんの能力
                        i    : /, ', _ 、<ヽ、,.、j ;!j           異世界人から友好的に見られる
                        /,    {、 /, ゜抖-`~`'沁{k' 、           これも十分チートだよ。
                          /,   ヤ;_  ‘尖_),.    `‘:\マ_ ,
                           ',  : { ヘ  ':,、   _ ' ム:::、'.~        織莉子さんの強化型キャスター能力
                        }. ;! `ーヽ 、  マ__ _.:{、jー'`           これもチート能力だよね。
                        ノ,:. :. ',`(rか)ー - 、)__, .、
                          ´‘、{冬ゝァ`` '    /シ^`マ           でもそれって、クラスメイト全員が
                            _ノ´ ,.   , ..ィノ´: : :!:           何らかのチート能力を付与されてると思わない?
                        γァ~´  ,r'}_ _ r' ζ:,': : : : : ', :',
                      {`r-、_ _,イ劣-'、~_,イ: :{ : : : : : : } :',
                     `'´ゝ-、':.}^{ヽxヤ.: { : :.\,: : : : :', :',
                         }:/,: マ,イヘ',.: ', : : : :ヤ: : : : ':, :.
                            i!: :./,:.マ,イヘ,.: W: : : :i : : : : :`、i
                            l: : : :/,:.マイヘ,.:{: : : : :{_: : : : : :':,マ
                           ノ: : : : :/.:}>イ_!.:!: : : : : `i: : : : : :・、:.、
                        {:. : : : 7{.:j>イ_}.:.}: : : : : :/,: : : : : : :ヽ 、マ
                       /´: : :,/*,)  .ィ_,*`*-、_: : /,: : : : : : : ', `、:.、
                   ァ. .``'j : :,r*'´゚~.:`´: : : :`:ゝ*_,`マ7: : : : : : : :W ':,: .
                 ..斗'-.::'':''´ ̄. , .: ´. : : : : : : : : : : :`*.7: : : : : : : : }   ’: ':,
             > . :´ . : : : : : : : : :, :´.: . : : : : : : : : : : : : : : :,': : : : : : : : :{    ':,: .ヽ
   ,斗.、- ..ノ~`マ. : : : : : : : : : : : : :/_> マ: : : : :> マ: : : : :j: : : : : : : : : j,、_,   j: : :_':,_
  V::::::::_ヤ.. ヽ._r'`Y ⌒ヽ: : : :r ⌒7_,..入.. 、 j-、γ _  ,`,: : : : }: : :,斗 ─ '     `´  マ
  /´  :{    > ´ ヽ{´~_ゝ' ~`'{.._ ノ斗..、〈, 7 Y'  `:! ゝr 寸:./   , '´  ` :'      ',
. {`..、  .ゝ、 (⌒.、 イ jk/´:: `´>マ j:/j ' } ` ’'}i才~`ーヤ /  j:/,  ,/,.... _       :{
. 乂::::ー,丶イ`~'´ ::::)_ . : :}.イ /  j_-' ,:'   、  jヤj!  i:.ヤー,斗-‐ 、 {(:::,':::::ヽ } ア⌒ 、!  i
    ヽ:{    > ´ `ー,-' , '      ,./斗-..,、j`  ̄7   {,-' { ::,`:.、 U ヽ::::::::::),_.ノ:::::::::::イ  :!
   (:::}h、  ,r´- 、_  //   . :ア_j!:::::::::,':ノ:.   ,'     ',ゝ、ヘ :::::::ゝ -.. ^:::::::: ̄::::::::::::::'ー 、 }
    ` 、::_~:::::::::::::::ヽ' (-..-,、 . : :{'::::::::::::::::h、: :. {'⌒`:、 V ~'`ー'ヘ_::::::jr⌒ 、::::::::::::::::::::::::::::::}ノ



.


771◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:31:26.01 ID:2Bf+gHLa



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\               それは・・・まあ・・・・
 |. u. (__人__) |
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |





                     ┏━―――-
                      L  ____         <
                      |: : : : : : : : : : : .   ≧x。.  `  、
                      |: : : : : : : : : : : : .    : : :≫ .   \
                      |: : : : : : : : : : : : : .     : : : : : :≫ 、 \
                      |: : : : : : : : : : : : : : .   : : :    / rーへ、
                      |: : : : : : : : : : : : : : :       . . : : i 〔 j :〉 ヽ
                   __|:_:_:_: : : : : :     .    : : : : :圦. ∧〈 /
                    }⌒ヽ    ̄¨   、ー―ヘ     : : : : : ヽ. ∧V、
                    }   \       /__  \  . : : : : :/  ∧∨
                    }    ,人   _/       ヾ : : : : :/  //∧∨〉
                   ー=≦     _\  ̄` 、   i  ⌒ヾ   ////∧〈
                 ー=≦z一=≦/  / ̄   i    |     ∨/////∧
                 ∠ _/    , i ,!       /  .!      V///     :
                  \   i:l  /i: V_i_!_    _j ヽー┛        \!    i│       そしてこの世界の魔王は滅亡寸前・・・
                  \从  i  / 〉 ヽ     , / ≫。.        〉   |│
                     /jイ//,__i }    /ィ___i ト、 ≧=‐z-=≦∧   |│       危険なのは魔王では無く、
                     /     ハ杙汐/  /  弋歹/ヽ:i   Y   jヽ   |│       私達「召喚者」じゃない?
                     /       i  //        j!  /   ,八   彡
                  ,     ,    / / '   '         /  /    _ ノ   |│
               / /  ,/ x≦   / \    ャ  ァ   /   '=ァ、   、 \、 , |、
                 i !   / /      '    `        ィ / / /:::/   ! ヽ  Y∧j Y
                  j从  ; /j/ if  /!/j//ャ==ァ≧≦ァ j/  i //   ' ;│ ;乂_/ィ
                   ヽi    人 i j!    \ ¨´  /  人  V }   / ハ! j/ / ! ト、
                    ´  ハ! i イ/    ヽ\ノ≦   ヽ !――――< ,/  , ! \
                    /    j! l/ j!¨ ̄ ̄γ⌒ヽ    j'      ィ j/ \/_!    ヽ
              /         /     /乂_ ノ \      / i八      ̄




.


772◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:31:59.29 ID:2Bf+gHLa



                   __  _
                ,  ⌒ヽ <⌒`ヽ
              /          <
             . :′       ゝ⌒ヽ〈^〉 ., 、
               / ,′ /  ,'   < ___> ヽ_〈  ∨
           / /  / .ノ}   ト,  <,  ヽo ノ
          ./ /  / ゛ -‐!   ! 乂 _>/ ヽ )            そしてその危険性に真っ先に気付いたのが
          .j .:   ,:  ,_ l    .:丶__ヽ .{__ノ `}                恐らくはギレン君です。
        / __i{     ィ斧ぅx   .! ..__ .〉 リ ¨^ i!
          ゝ{   ト ヒリ `ヽ. 孑ぅ气  ,ィ }_V             聞く所に寄れば彼は「神託」により召喚された
       j{:   从   { :::::    、\ .ツ _彡  ノノ               「勇者」として認定されているそうです。
       ル., j(  ヽ ∧ u        ^::::~〃  / ソ
         ⌒ヽレ 、ゝ.ヽ,  (   〉   ノ   ノル′             私達を召喚した「キバヤシ教団」の関係者に
            ゛ ヽ∧ノ,`ぅ  _ ..:≦  イ (                   事情を聞いた所、やはりギレン君は近々大規模な布告を行い
        .: ⌒"'' ー  ゚~(  `ヽ ノ ヽ. ( ´                      同時に召喚されたクラスメイト全員を抹殺する指示を出すとか・・
.        /   :     〉   `  .ノ_ > ‐ ミ
                //  > <ム
           、  . //   ( ゚ )  ム
      {    :'  //.    ¨   ム   ,:   }
.    .>┤   :  //     .:    '/,
  /.:.:.:.:.:!  __ {,'//    . : :     '/, ノ   ノ
 /.:.:.:.:.:.:.:.:}>.:.:.:.ヽ、   . : : : :     '/^ \/
〃.:.:.__>.`.:.:.:.:.¨.:^ヽ〕iト., . : : : :    /^ヽ,  /
{:.:¨゛.:.:.:.:. 、:.:.:.ヽ:.:.:..マ:_> ≧,__: : x≦〃. . . ./.¨.)
⌒> ‐.:.:.:.:.:>ミ:.:.:.:.:.:.マ: ¨~  ‐<x __:/. . . . ′. '
   `ヽ:.:〃.} . . \:.:.:.:.ヽ >  < : : ,'/. . . ./. .〈
 /.:.:.:.Y. . j . . . .}.):.<ヽ:>    〉:〃. . . .j{. . . :}
〃:.:.:.:.:.:j. . .i . . . ..!.|:.:.>x _ r=ア.:,'/. . . . :′. . ノ





                   =‐   ―  <::::::::::::::::ヽ
               > `            マ:::::::::∧
            /   ./        x     寸:::::∧
           〃   /      i   | ヽ    ,__マ::::∧
           /    ,   {    |  :|  \   {{¨^∨::∧
.          /     {.   l    l  .l.    \ {{_ イゝ_,イ
         /     i    l    l  l  _/    ¨゛}{ i!V
              ∧   l >  ゛ ̄  .:  _  } .}{ |!            つまり、私達が仮にチート能力で
        , /     ヽ>゛ィzzx     ,' イ斧ミォx } }{ i!             少しでも悪目立ちしてしまうと、
        , /   i    |,〃 んハ         ぅハ 》 i! }{ iム            即座にギレンに報告され、
         ∧   |   | .|ゝ, ぅ刈      弋リ ノ '; }i},ヽム              現地人に襲撃を受ける可能性がある訳だ。
       {/ {   |   | .|   `´,.     ` ゛   } ┘ }ヽ
       {   l   l   l l               从   | )            まあ・・・コッコロや織莉子の能力があれば
        、 ∨  ',   |ゝ. U    ‐  つ  /.::  Nリ ´             襲撃される事はあっても返り討ちに出来るだろうが
          ∨  \  ;゛.:`ヽ         .イ: :,' ノ
         乂 _\N\、ヾ:: : :.∧ ≧s。 _ イ. : ://
               `~~~~ >‐‐< _{‐┐イi}
                   ゝ    ∧  {_
             〃`ヽ,. __ノ r==ミ ____>.::::└┐,. __
            /. : : : :\   ヽ::::::::::}::::}:::::::::{ /. : : : V
            , : : : }! : : : > ,  {::::::::::ゝイ:::::::::},.' : : : : : }
.           l : : : :|! : : : : : : : :〉ヾ:::| X!::`ヾ : : :v : :.:}
           l : : : :.| : : : : : : : :〈:::::: ./ ヽ::::::} : : :.} : : l
           |..: : :..:| : : : : : : : : : , ⌒ Yγ⌒ヽ : : : : : |
           | : : : :. : : : : : : : /::弋 ,.ノ:.乂  ノ: : : : : :.|



.


773◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:32:25.00 ID:2Bf+gHLa



   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )             大体の事情は把握出来た。
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ                俺の考えを言おう。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |





    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \               まず、織莉子はその「陣地構築」を徹底的に解析して
  |    ( ●)(●)                 どれくらいの影響力を持つ陣地が作れるのかを継続して欲しい。
  |     (__人__)
  |         ノ                 コッコロも「友好的になる」という能力が抽象的過ぎるから
  |     ∩ノ ⊃ }                この村の住人を使って、何処まで変化が与える事が出来るのか
  /ヽ   / _ノ }                その上限を突き詰め、効果を確定させる。
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /





            / ̄ ̄\
       f^i   / ノ  \ \
        | |  |  (●)(●)  |            俺達3人はどのような能力を持っているのか
    rr‐r ┤│  |  (__人__)   |             それを判明させないと駄目だな。
.  〈_|__|(`ヽ }  |   ` ⌒´   |
.  │ /⌒ /   |           |               能力を発現させた二人はキッカケみたいなのはあったのか?
    ヽ    |    ヽ       |
     |  │  /⌒   ー‐ ィ⌒ヽ



.


774◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:32:54.03 ID:2Bf+gHLa



                / / /    /      (\
              /  /  /    /   //  (><)|
             /      /    /   // i    }「¨ |
           __ノ     ノ    / _/⌒ |    / L 必\
         /__   /  .   Xニ=-ミ    |    /  |/Lノ
.       /  \ \ア/    |  i:灯孑T外ミ  |   |⌒  | )
       ///    \ i .|    |  |  V/iり   |   |\  |イi        私の場合はこの村に飛ばされた際に
         |      ∨|    \ \ ,.,.,    |弋外トミV.ノ八        「閃き」と言っては語弊があるかもしれませんが、
        八  ,  ( |     \(        \ ヒり 小人ノヽ
           |/|   \       \         ´  ,.,., ハ   | i        「異世界人と友好的に接触出来る」というのが
          ´ |ノ|.   \       |  「 ̄ \     八|   | i        頭に浮かびまして、実際に試してみたという形ですね。
             ⌒\  )      ト   \_,/   .イ//l  |,.´
          ___人__)\     ノ       .イ/ ノ  /
        /////////∨L___/(_,>r-=≦j     /
       /////////////[二二] \_/   (   厂 ̄
     ////////////////∧\\ノハ ,]    \ \_
    ///////////////////∧ノ\  ̄_」L      ̄ ̄
   /////////////////////∧/  ̄| | ̄\
  ////////////////////////|    厂\;  \
  /////////////////////////|    [ (i:i) }   }





               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\            私はそのコッコロさんが発現した事で、
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \            まだ意識が無かったやらない夫を運ぶ時に
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪           この世界の魔術に関する知識が流れてきて
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、           実際にやらない夫を運ぶ際に「浮遊」の魔術を使って
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  -   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\          段々と自分の知識が分かってきたという状況よ。
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,



.


775◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:33:19.27 ID:2Bf+gHLa



        /          ハ     ‐_=================_‐
                  / .∨     ‐_===========_ ‐
.      /            /   ∨       / 介,⌒¨:}}  ヤ
..     /  /   .      /     ∨      《  ./} ト, ∥   .ヤ
     ,′./   i    i  ′     丶     マz/7  ii ヾア   ヤ
.      /≧s。 _{    i i     __   \       ii  ii
.       √.∧  x≠ミh,_{ {    ' ´ ̄ ̄ ̄`< :i .ii!  iii      }      その2つが事実なら
    i √.:.:.∧〈i{ 行ハ⌒`     _,斗==‐ ,_    ! iii   iii        }      チートに関連する「出来事」があれば
    { √:.:.:.:i:.ハ ヤ うi:jリ     ゙´   仍沁}hx._」 .iii   :iii               頭の中で理解が出来るという訳だ。
     {:.:.:.:.:.i.:.:.:   ゝ′         う{;;;jソタ^ } .iii   .レ   ,' /}.′
      ;.:.:.:.:{.:.:.:}     、        `ー ´   j.Li   }  ./ / リ        例えば戦闘系のチートであれば
    ∧V.:.:..N:圦                 ′   ./  / / .ノ        実際にそういう場面に陥れば
.     ∧V:.:{ \h、   、  ___       イ    ./   イ             開花するという形か
      ∧{N    \   `ー‐‐'´   . <:{.ア  ノ}/}/)/
       \  .ハzY´ }h、      。s≦ _>'`7 ./
          /......i  {ニニ≧s ゛____      // V/
         √.....i  .}ニニニ{ニアニニニ=‐┐ ´    \
         √.......} .ノニニニ.Ⅳニニニニ.ア        .>,___
         {...........<ニニニニ/ {ニニニニ7       /...7.....ハ
         {.........Y ⌒ Y´.....L二二_{       /......./..........}





                          _
                     ,   ' ´    `ヽ=- .,
                       , '"                `ヽ
                 /                   ':,
                〃  ,.:'´         `ヽ     ::.
                /  ,:'               ';      :.
                  /  /   /    .i          i     ::,
              /  /   ,'    /!     i   |     i
                /    i :i !  / :|  i  i ト、 l       !
             /   i  LムA.、/  l ,ム;-:A〔 ! /       i |        でもそれだと
                /    l |∧|: ∨  |/  |/ リ lイ      | |
             /  , /  :ゞkf斧芸x    z斧芸ミ!   !    ! !        その場面にならないと開花しないとなると
          厶イ /   バ`乂゚ノ     乂;゚ノ |   i     ゝ        開花する前に死んでしまわないかな?
            | / !   i  i!     ,       /  / ,'   ト 、ヽ        事は一刻を争う時もあるよね?
            !′|i  ハ 八            /  / / i |  ) ノ
                 lハ | |/  > ,  ∠ニヽ , イ /イ /| ハ, | ´
                ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                      辷ヽ<フ7ソ: :.|、
                   ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                /       _   ヽl!'´               Y
                 l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                 |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |



.


776◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:33:42.37 ID:2Bf+gHLa



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 一)(●)              そこまで難しく考える必要は無いと思う
 |     (__人__)                    実際、ギレンは飛ばされた瞬間に自分の能力を使って
  |     `⌒´ノ                   周囲の人間を洗脳なり扇動をしたなら
  |   ,.<))/´二⊃
  ヽ / /  '‐、ニ⊃              キッカケ自体は些細な事で発現はすると俺は思うな。
  ヽ、l    ´ヽ〉
   ,-/    __人〉
  / ./.   /    \
  | /   /     i \
  |"  /       | >  )
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \                 ギレンについて無視は出来ないが
 |    ( ー)(ー)                 恐らくあいつは現時点では俺達を殺せるとは思っていないし
. |     (__人__)                殺せたらラッキー程度の認識だな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \




.


777◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:34:22.54 ID:2Bf+gHLa



           (ノ>┴  ─-
                厂ア( Z `'tノ\
        /       ⌒し灯 ̄\   ヽ
        ´     |      ノ廴 tう-<
      .'     |   ト  L _(  T\__)
            / |   | 十   入___ノ廴>             能力の発現に関しては理解しましたが、
        .   | 十     \   ヽ }   ヤヽイ
      | i   |/ 八     ∨ィ笊トミトア  や/\              ギレン君は躊躇なく私達の殺害を命じましたよ?
      | |   |斗t笊\  \Vい ]|/   V              教会の権力を掌握したなら、私達クラスメイトを
      | |  x狄 Vい  \__> /    ) 人|           血眼になって探し出すのでは?
     ゙くこ| \ \,,,,   `   ''''/    人 ノ
      | | ト  \__>  ノ>、 {    イ人(
      | 人L\   \ _「ア 二)ィ人   圦
     八(\Tニノ\ トミ| |  トノ  ノ\__ノ   ̄\
          厂_.ノ ノi人\ マ ノi\
           ⌒T´ ∨ハ  トミ \\       |
         |     〈「二二]) ヽ \∨__  |
         |   __ ]    「_ノ    や二二二]
          }  ノ   \二 人     」     「
          t |      , |   [ 二二二]
          (-人     /   |二二「   ,  {
         ( ̄ 「\      ノ二二|  /   }





   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )                     ギレンが俺達を最初に殺そうとしたのは
 .|       (__人)                         「まだ」チート能力に目覚めてないと考えたからだ。
  |         rつ
  .|        ((三)                        だが俺達は何らかの力によってテレポートさせられた。
  ヽ       ( <                       実際、テレポート後直ぐに、織莉子とコッコロは能力を発現させている。
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |





.     / ̄ ̄\
.   /        \
.    |  _ノ  ヽ、. .|                   となると、俺達の能力が特定出来ない以上、
.   !. (一)(ー) |                        下手に信者たちに攻撃させても返り討ちに遭うだろう
   , っ (__人__)  |
.  / ミ) `⌒´  /                      それにギレン以外全員がテレポートしたなら
.  / ノゝ     /                      ギレンは仲間の居ない状態となる・・・
  i レ'´      ヽ
  | |/|     | |




.


778◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:34:57.91 ID:2Bf+gHLa



              ,' /                  .lヽ;i;i;ヽ
     '         l  i!        i          l/;i;i;/
     l         :l  i!        .l             l;i;i/
      |        l  i!      .|        :,   !/
      |        l  i|               }   !           全員が何かしらのチート能力を持っている状態で
   ,'   |        {_ _     }        ,'   }            他に仲間の居ないギレンは自身の足場を固める必要がある・・
 /⌒ヽ}         i  /  ̄  ̄Y≧=-   _/   ,'
.〃  `ヽi!        ,斗;,__  -=ミ       /≧=-゛            だから布告こそ全国の教会に出しているが
i{     ,.〉|     i   | ゞ   う笊ミx     /. : : :} |∧           教会側も探しようがないから
..ゝ   ヽ:!     l    l   ヽ し刈リ ヽ  /{ : : : : l l l;∧              精々、目立つ奴がいたら報告を入れる程度
. : ヽ   ノ,     :l    l     乂ツ     〈シ : : : : l ' :l;i;∧
: : : :ゝ=彡     l    l           \ : : : l | l;i;i;i;〉
: : : : : : : :}     i                  7: :l l  |/
: : : : : : :.∧     ∧  ∧           /. : ::l .リ
: : :{: : : : : ∧  _/∧_∧   、       〃: : : : ' /
\リ∨N`ヽ/. : : : : : : : : :ミニヽ ゝニ ァ . : : : : : : ,'/
〆\/: ::/. : : : : : : : : : : : : : : :\ー 、〆. : : :/: : ://
: : : : \/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ ヽ///}: : :/
: : : : : /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧  )〃 /:/
: : : : ,' . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
: : :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧





                 /      /    \       \
                /     / l  l   l   \       \
               /  /  / / !l  l  |   \    \ \
                 /  /  /  ,  l l  l l  l\   \\    \ \          それにギレン君は良くも悪くも
             /  /   /   l  l !  l l  } \  ヽヽ \  いヽ Y         能力主義者な部分があるから
             /  /   l   l  l l   l|j  -‐Y   い   Y |} )}
            ∥ l  l  {   _l 十ト  ! ト{   -}メ、} ハ } } ハ }ノ\          仮に私達の報告が耳に入っても
                ∥l l  j   !  {ヽ l  \l   シう示ミx、 j} ノノ } メ、  \        使えると判断したら殺すのではなく
              { l !{  {   乂,,x云ミ、     弋::゚::ノノ" { \  \   ~ 、     「利用」しようと考えるね。
            / l l|l い  Y∥(r;゚::)  .::.   `~~"   ハ  \   \ \ \
             /  ll l トl\  ⌒ ー''~    ヽ       ノ メ、  \ ヽ ヽ }ヽ }
              {  乂乂 ! l ト、 \      __     /イ  \  ヽい } ノ )ノ
              /   /   } l|ヽ  ヽ   <   /   /  l    }ヽ  、 } ノノ
              /   l    j j }  Y い           /ヽ  }   ノ ハ  Y
             ∥ l l八  ∨ j  }ハ  }`ト ...__   / lこ"^Y }ノ / ハ ノ
          {  {{  、∨ ノ} / } j(く⌒廴 ̄r~^クノ    ⌒~'" j/
            乂从乂 ソ / /(  ノ}ノ  }⌒ヾ )7'" ̄ :|
    _        、__//人(  =彡ノ  ノ: : : : :0}-: : : 人
   /  \__x~-- 、  ̄      ̄_ノ\: : : : 癶: : : : :/ー----―- 、
_ノ  -―-<     ヽ   -‐  ̄ ̄_   \/ | \/  _ (\     \
ノ /       \  ( /        ⌒\ ト、 ̄` | '" ̄_ //⌒ \\     ヽ
/             ヽ ⌒\へ           Y トi  l|!   代 ー- _\\    Y
{           V   ヽ⌒}          气j〉 |||  〈(斧 ̄`~、  ̄  `<  l
}               V    }  ̄{         jシ彡 j|{   ⊂二二二'"⌒     \ーつ二⌒ヽ_
!            l   ノ\ ノ==ミミxトy乂辷ァ}||{ r歹rfメ/シ彡=Y          `く    `Y~"⌒
                l ヽ(  └‐气=ミヌ/ミ竺Z(= )|( =)ミ竺彡シ⌒/            \     !



.


779◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:35:15.63 ID:2Bf+gHLa



        / ̄ ̄\
      /   ⌒   \
     ( ●)( ●)    |                        理解が早くて助かるな。
     .(__人__)      .|
      l` ⌒´      |                        それで、俺達の「最終目標」を決めたいと思う。
      {          |
      {       _ |
     (ヽ、ヽ   /  )|
      | ``ー―‐'| ..ヽ|
      ゝ ノ    ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l              最終目標?
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  -   ̄ ,7  / |   ヽ、 | |
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \
      /       {{ /   / -´/  / |        / !            ヽ



.


780◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:35:43.09 ID:2Bf+gHLa



   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ                「元の世界」に戻る道を探るのか
 |    ( ●) )
 .|       (__人)                   「異世界」に移住する道を探るのかだな
  |         rつ
  .|        ((三)
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |





       __
      /   _ノ\
     /     (一)              俺はやる夫と「異世界転移」系の小説や漫画の話で盛り上がるが
      |     (__人)             当事者としての感想は「早く元の世界に帰りたい」だ。
     |          l
.      |        |                 如何にチート能力を手に入れようと
.     ヽ      ノ              それで何も知らないこの異世界で生き抜けるかどうかは別問題だと思う
      ヽ     /
      /    ヽ
      |     |
       |.       |



.


781◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:36:09.55 ID:2Bf+gHLa



                 〃⌒ Y,,...
                ,,.. ⌒ゝ ∠`ヽ
             _ ‐            ‐ _
           _ ‐               \
             /        .,' ヽ ‐- ,__ノ',/`ヽ∨/
         ,'      〃 /  乂;;;::}{:::::)_::;;〃 ヽ
         ,' /     /.. ノ,'   ,'/:::::ゝ《  ヽ  )_
        ,../     / __   l    { `ー^ 》、__ .〇  ∨/
       ,.. //  ./   ヽ l    l⌒  <::::::(   )__ ゝ           そうですね・・・
      \,'/,'  { {-zミ`ヽ l    l \  }゛¨ヽ..ノ;;:.ー ゝ
       ,,:::/ヽ{   {γ ヒリ刈x ∨   {≧ミ=‐    ト-‐ ,,=‐            家族も心配してると思いますし
     ⌒,'::::,'  ゝヽ 乂リ   \  ヒリ刈 》   }_ /:::∨/           私も元の世界に直ぐにでも帰りたいです。
        (::::{     ヾ‐     '   \`- ',, ノ    }:::::::}ヽ::}
        {     从    _ _    ¨^/    ,ノノ∨ リ
        >。  ヽ\        /      ノ
           )ヽ 》 > _  <,'  _,,. -‐
         ≦ヾ  ノ⌒}\__./ { (
          -‐.::::::〃ヽ/△∨ ノ ヽ,,..≧_..
         ,':::::::::::::,'//二. '∧ ̄     `ヽ
        /:::::::::::::::l/ { ○ } '∧         ∨/
        /::::::::::::::::l   .乂___ノ  '∧ ヽ.      l
       ./::::::::::::::::::l      /}    '∧ ::',     l
      ./:::::::::::::::::::l     /  }    '∧::/  ̄ `ヽ





                    _  -‐=- _
                /.: : : : : : : : : : : : ヽ
              , 〈: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           > ´   `ヽ: : : : : : : : : : : : : : ム
           ´        ` < : : : : : : : : : >…、
         /    i{      i    ヽ` 《⌒ヽrV゛  }!
        ./             ト      .ヽ__ノハ.`ー┘
       / i  '   〉    .| `  __   `¨ }i ヽ
       ,'  i!  〉  ∧   i '^~ ` <,.」   .}i ヾ:、
      .′ :i{  ∧   ヽ , ┘       マ   :i:i  マ:、           異世界を堪能するのも醍醐味とは思うが・・
      l  ∧  , 〉.,> ´      ,ィzzzミマ   }:i   マ>
      i   .∧ > ´       〃んハ 》   .}::   }            現代日本の便利さになれたら結局は帰りたくなる
      i    「  ィif斧ミ     弋:ツ  ;  ./.:」  リ                それが遅いか早いかの違い
      .}    ', 《  う:り          }:      从                私も帰る方法を探すのは賛成だよ。
        ト,    i:>, ` ` ~   丶      厂 }!:  ,′
      ;{ ,   マ.ム     _   ノ   .イ: : :∧ /
       、マ    ≧〉、         ,ィ::{:ノイ  )/
        ゝ.   ∨{⌒>::..._ _ ‐う-゙┐   ´    _
           \ ∨^YY> _、-‐┐<´ {   __> ´: :}!
            _`ヽ_ .」   ´ ̄_`ヽ、  `¨  .′: : : : i
          「.: : :,ム   _}   .ア´ }!>‐′‐=┐ ,': }: : : : :i
.            i: : : : :ム 「i   i、ノ_ヽ ´ ニニニ; ノ : :i: : : : :i
           ,: : : : マ:ゝi}    i=V=.}=‐ニニ〈 : : : :}: : ⌒゛:〉
          }: :/: : : :}   ム=〉‐^ヽニニニ }: : :..:}: : : : :.,'
         〃./: : :_}__/  // ハ==\ニニ.j : : : i : : : : {
        ∧: : : :/:.〈:/   ; ==/:X:∨===`¨: : : :∧.: : : : 〉



.


782◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:36:37.25 ID:2Bf+gHLa



                     r─ ─── -  _
                    L ___ __        _
                   「ニニニニニ「 ̄「\ _   \
                       |ニニニニ=-∧ ∨ / 〉、__ \
                       |ニニニニニ=-', ∨ /ニニ7  _\
                       |ニニニニニ=- 〉   〈ニニ〈  (i:i:) 〉
                 人-=ニニニ=-//\ \ニ〉 _V∧
                rくニニニ=-rく ⌒ニ\-=\ V /⌒V∧
                {.:.:.⌒ア¨¨人 __ /ニv \-=∨ /-=ニV∧
               八.:./   . トwW㍉V : : > Vニニ/ ∨∧
             __--=ァ⌒ / /  . {/''゙゙"゙} }L:/  ⌒V   V/,
            _}_//  '  . : /イ . : {   ノ八人   ニ=-- _   v/,
             〈  /ィ :  : /. :{. : :八  {(  }:. .\        \ V/,           私も賛成
           \ 八 i  i/-‐八: .{ ) ⌒ 八: .}: .\__/  ̄\〉 }/,
             ⌒¨7{  {. :./  ヽ:.  ィぅ灯ぇⅥ . : . }八ニ==‐┘//}            魔術が使えるのは嬉しいけど
                  / {八{Vィぅ㍉ )}   Vツ ノ . :} 人: .\⌒ V ⌒ヽ             実際に努力して取得した訳でもないし
            ( __ノ: 八  八 Vリ,     ⌒7 . . }、⌒\⌒ ノ// }           あぶく銭みたいな物だからね
               ⌒¨ア/. :.\{ 圦   、 ノ   イ . : .} \  }\(  / 八
                / / . : : ' :/:个: .   _ イ:/ . :/ 八: .) 八 )\(⌒             早く帰って元の生活に戻るのが一番と思うわ。
         --=/. : :' . : :/ / . 八: 「⌒「⌒ '  . :' /⌒ニ=─ ┐\丶
     '   __ / . : .{ /  /. :/: :/⌒Y^Y  { /)'     、   }、: . \\
    //⌒ア  . : :八( 「ニ=-⌒/  人人 八(     /⌒V八 \: . \\_
     {(   /  --= ⌒. 人 /-=ニ/:/「 . :\ \    {   ⌒V⌒\ . : ⌒\
.     乂  , /. :' . :/. :/ /ニ=-/ /. :|  . : 「⌒)    人     }: :} ⌒\   丶
       {( . :{. :.//「⌒  rく   , . :.|  . :人 ( __ /⌒、   :. :八   }  ' . : }
.      乂 八 乂:.人   /⌒\  . : i . く⌒\ \       {/: ハ  '  /. . : '
       //: ./ :/: /ニ=-{-=ニニ{  : 人 : . )-=ニ>、 \   \ V . : :∨ /. . : /
      / , . //. . :/. /八-=ニニ\(⌒0「-=ニニニ人⌒\  \〉. . .人 (⌒¨´
.   /   {:./  . . .//. /-=\-=ニニ>、-=乂ニニニイニ八 _ノ丶   \ : . \
.  /    V  . ./. . . '-=ニニ{>-- ⌒  _}__ イ-=/.: ∧⌒L_\ __}\. . \
./     /  . /. . . . 人-=ニ「}-=ニニニニ「」ニニ=-イ.: /.: ハ    丶 . . . }. . . . .}





                 ______
             .>" ̄        ̄゛<
           >'゜              \
         .,/                  .ム
        ム                    ム
        ム./    .λ   ヽ   ヽ    .   ム
       ム/  / i i./ |  .λ ヽ i    :.   ..ム
        レ,, ./ γ{{  | i  .i }   } .|     ::.    ム
       /ノii |.i .| .{i  .i i  i i .i   | } } i   .::: :  .ム
      ノ.| 从{|{.{iiトi{  .|ノi |ノ.Li || .|| |ノ.i    ::.::   .ム
       .レ ,;:ii、,_{、{  } |ノiノ .}ノiノレ.レ'|    ::::.:   . ム
       .ム ,;::斗俘;    _、ェエヨョュ、.i    ::::::   .λ、         私は少し楽しみたいという気持ちもあるけど・・
      .ム ...:::::. 、ヒノ      i少tノ'yナ   |::::.    .,| .\
      .ム:.. ::::::.         ` ゜ニ ' /  ..:: ,'::i:|λy/}           命を落としたら元も子もないからね
      ム :..:::',;'::..  ′       ./  .:::/:::i::ノ'"                  全員一致で「元の世界に戻る」で頑張ろうよ!
      |i{ ::.:|:./{i' \ ‘ _ノ   ./  .:::/ .ノ,′
     λ{i、:i、{     \    .〆/ / ..:://
        .゛y'⌒ ' ーー.゜ー=7´_,-「_/ノノイ|、
        ./   i    √「孑.二/ ノ::.ヽ
       . ム   .‘、 、  {=幵二  ./::::::::::::.\
       y|       iト、レ:iヽ、.〆.::::::::::::::::::.::::::゜<
      ,f::::{  .:|     i朴 ;i; yiiY"     冫   .   ヽ
     .|.{:/}:...:::|_,,,, ,,,,  ii|i ,ii; .俘             V
     .| キ::{::rュf=tェ泌;.豸;i ii豸,, ,,,,_     .{       ト<__
     .く ‘孑ナヽ、"”|i,, iiii 沁遒i\;沁、,    |       |:::i::::.. i



.


783◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:36:56.25 ID:2Bf+gHLa



        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
      (⌒)(⌒ )   |
      (__人__)     |              全員の同意が得られて良かった!
      (`⌒ ´     |
     {          |                じゃあ、まずはチート能力を全員判明させてから考えるか!
     {         ノ
  __∩  ヽ      ノ
 (ミんゝ、 /     ヽ
    \ '' /|    |
                                    ┏                                ┓
                                    ┃ こうして俺達は元の世界に帰る事を目標に  ┃
                                    ┃ この世界で活動することにした。           ┃
                                    ┗                                ┛



                  □
                ┌─┐
                └─┘
               ┌───┐
               └───┘
                    ┌─────┐
                  ┌┼─────┼──┐
                  │└─────┘    │
              ┌─┼─────────┼───┐
              │  └─────────┘      │
              │                        │
              └───────────────┘



.


784◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:37:27.77 ID:2Bf+gHLa




   ┌───────┐
   │  そして現在   │
   └───────┘





               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             | (●)(●)  |                   されど手掛かりは無し・・か
                |  (__人__)   |
         ___|__`⌒ ´   |
       , --'、         /    丿
        / ⌒ ).      /    <               ┏                                ┓
       ,′  ノ      /   /三三三三丑           ┃  俺は久しぶりに転移した当初の日記を読み直し、 ┃
       l  T´ ..___/   //      r'´ ̄ヽ      ┃  元の世界に戻る決意は変わらないが        ┃
      ヽ ノ   ./丶    //      (  ̄  l        ┃  進展が無い状況を再確認した。           ┃
         `'ー'´   |   //_____/  _.ノ        ┗                                ┛





              / ̄ ̄ \
           _,ノ ヽ、,__   \
           (●)(● )    |                あっさり解決するとは思わなかったから
             (_人___)   U  |                     それは別に良いんだけど・・・
              '、       │
       <二ニヽ        |                   他のクラスメイトの色々な噂が入ってくるな・・・・
       ./-‐   `i 、 ___,. イ
     {/´、     ',┐    \
      しrヽ    V      ヽ
        ヽ、_   ヽ   ィ  }          ┏                                          ┓
           \  \ ノ  i            ┃  ちなみに、俺達はそれぞれチート能力も発現し           ┃
                                 ┃  コッコロを除いて戦闘向きの能力だったため、              ┃
                                 ┃  コッコロに後方支援を任せ、普段は冒険者として活動している。 ┃
                                 ┗                                          ┛




.


785◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:37:54.30 ID:2Bf+gHLa



     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ                  確証は無いけどこの案件はやる夫が関わってるんじゃないのか?
   |     _,.ノ '(ゞ、_|                   アイツ裏側から操る「黒幕」的な存在好きだったし・・・
   .|    ( ー)ヽ ヽ
   .ノ| U   (___人_\\__                     ┏                                     ┓
 /  |     `⌒(⌒_   \                   ┃  俺が情報収集で集めた資料に                ┃
 {   .ヽ.       し「、    \                   ┃  魔王領と接する山賊が支配する鉱山が        ┃
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i                 ┃  数年ぶりに山賊が討伐され、                  ┃
 .|   |       |  /   /                  ┃  前町長の孫が新しい町長に就任して          ┃
                                     ┃  復興作業を推し進めているという記事があった。   ┃
                                     ┗                                     ┛




.


786◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:38:12.79 ID:2Bf+gHLa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                           /         \ニニニニニニニニニニ/
                       〈/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ニニニ /⌒¨¨´
               _______/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\  \ニニ|
         _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\   \\  \|
     _  -=ニニニニ__________ニニニニニニニニニ\__ \  〉
    ∠ニ=―. . . . . . . . . : : : : : : : : : :,≫'" ̄\_____ニニニニニ\_{_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.  /. . . . . . . . . . . : : : : : : : : : :_,, '" / /    ハ ∧ \__ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
 〈 . . . . . . . . . . . : : : : : : : : : : ⌒ア /   乂 ./ }/ j∧   \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ ̄ ̄ ̄ /
  \. . . . . . . . . . . . : : : : : : : :/  | ∧ /〈/  ィ炊ハ㍉|    \ニニニニニニニニニニニニニニニ/: : : : : . . ./
    \______,,., //    |ハ. V炊   V::ン〟厶  イ   \_______/: : : : : . . ./
          __/ . : / И ∧ ∧,,Vン      `` ∠/ .|    \ : : : : : : : : : : : : : : : : . . ./  ___
            \_. . . . . . 乂: : \|: :\{ハ`        /   |\.  `、\ : : : : : : : : . . / ̄ ̄  /   /
              ⌒ニ=―ニ 二_____/ 込、 ‐ ´    |    | ハ   `、 \___/___/   /
                        /   // 丶     イ |    |   |    |                / __
                       /    〃   { 〕Iて   八.   \/   /  \             / ̄
                  /   //  /⌒7⌒ヘ.  /\      /\    \______/     /
                 / /  / |/ /: :(: :八 ∨ \∧/\_/|/ .∧                     /_
                  |/ / /   | /\: : :\:∧| /[_]⌒\ / | | /: 人              / /
                   /∧|   ∨ニニ.\: : :\ヘ  /\  //⌒j: :/ニニ-_       ______/ /
                     |/  \. √ニニニニ\: : :∧/ ,小  |⌒}  |/ニニニニニ|           /___
                     √ニニ/ニニニ.>‐┤ヽ| | ∨/| /ニニニニiニニ         ̄ ̄ ̄   __/
                        √ニニ|ニニニニニニニ|   |  |ニ./ /△\ニ|ニ.|          / ̄ ̄
                      |ニニニ|ニニニニニニ.∧  八 |ニ | {  Σ )ニ|ニ八/(_____/
                      |ニニニ|ニニニニニニ.| \_| .|ニ人 ▽ ̄ニ.L/   \
                       /ニニニ.|ニニニニニ 八  i |  .|ニニ\____/マ⌒^
                   〈ニニニニ|ニニニニニニ.∧  i |   |ニニニニニニニ/ニニニニ∧
                   /ニニニニ|ニニニニニニニ∧ i |  |ニニニニニニ|ニニニニニ.∧



                     ┏                                        ┓
                     ┃  資料によれば地下で監禁され続けていた町長の孫は ┃
                     ┃  協力者によって助け出され、山賊を討伐し         ┃
                     ┃  祖父の跡を継いで町長に就任したという           ┃
                     ┃  そして、協力者達は引き続き「新町長」に協力し     ┃
                     ┃  復興や町の運営に助言を与えているらしい。       ┃
                     ┗                                        ┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.


787◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:38:38.90 ID:2Bf+gHLa



   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../              仮にやる夫じゃなかったとしても
  |    ` /       ``77   /                   いきなり山賊団を撃破して「協力」しているということは
.  ヽ   /          / /   /                 十中八九クラスメイトと考えて良さそうだな・・
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ





                  / ̄ ̄\
               /  ヽ、_  \
              (●)(● )   |             まあ・・・今日はこれぐらいにしておくか
              (__人__)     |
               (`⌒ ´     |                明日も早いだろうしな・・
                  {           |
               {        ノ
                ヽ     ノ          ┏                                     ┓
                ノ     ヽ             ┃  俺は異世界に来てから                       ┃
           | ̄ ̄ ̄ ̄|~|   |           ┃  一種、異常とも言える程に規則正しい生活をしていた。    ┃
          ./  |        | .|-、ノ .| ヒョイッ       ┃  早寝早起き、時間が空けば鍛錬や資料集め         ┃
        .//  (つ       .|と ” ノ            ┃  現地の情報収集、そしてチート能力を使った冒険者稼業  ┃
                                ┗                                     ┛



.


788◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:39:10.21 ID:2Bf+gHLa




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                       __
                     ´      ̄ `::. .,
           ,  ´               `: 、
           /  、∠  _               ヽ
         ,.:"  /
.         /                        ∨
       ,′                    ` 、      V
.      '     i            `ヽ    \     ヽ
..     i    |         ヾ         V   ヾ       \
      l    l    i     ト、 ト、     ∨   ',  ',   ヽ  \
       l    :| ,   ト、    | | l ヽ    ∨  l   !   ヘ   V                       __     ____
       | i   l:l   | ヽ  :| | 厂丁 T大¬   }       `¨'                   ,   ´    ,   ´ ̄        `丶、
       | l  , l!   | /|  l l/   |: /  } ハ /   i    l                        /      /              \
       | |  l |  イ  :| /     jイxtf斧汽k′ . >――-ト                      /       /
       | |  l |  |   j /     "´ゞ゚-:'゙:/:/../         `                  ,       /
 ̄ ̄ `丶、゙ハ, ! 从ハノ ィ竓气    :/:/:/:/:..゙/            `<         /     -‐/
        \......i   ≪´ゞ゚'"` 、  .:/:/:    |                <       '´   ,
         \ . ヾ  \.:/:/:/:         从.                   `丶 ̄´__,,.    ´
             \....ト、 ):/:/.. ヽ―(.   ,|  、             ヾl        \
                 ̄¨¨ニ=ー. _.     /.゙! 、 \               \
                        `r‐く__{_: /   ヽ \             \
                          ̄丶、 \ ⌒´  ` 、          \
                             \l         '^\           \                           _,.  -=≦⌒ニ=‐--
                              \   ヽ     ` 、         \         _,,.  ------‐=≦_  ―――
                              \_{         `丶、         \      イ
                               \        \         \-=ニ´                  \__
                                \―― ''¨¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄\    \―――=ニ二
                                       \                  \
                                   \                      ヽ
                          ┏                                                         ┓
                          ┃ この手の話にありがちだが                                         ┃
                          ┃ この1ヶ月女性陣全員から露骨に性的アピールを受けた事があった。             ┃
                          ┃ 彼女達も大人びては居るがやはりこの世界に対する不安からか甘えたかったのだろう。  ┃
                          ┃ 俺としても聖人では無く、普通に思春期の男子であったから                     ┃
                          ┃ 据え膳食わぬは男の恥と思いそのアピールに応えようとした・・・                     ┃
                          ┗                                                         ┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.


789◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:39:37.32 ID:2Bf+gHLa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




       _______
     /          \
   __/             \              「可愛い」と思っても全く興奮しないだろ・・・
 /.            、    |
 |.         ,(⌒(●)ヽ    |                 非常識的に考えて・・・・
 l  lヽ      )> lllllll   /
/    ヽ\   `(__,(●) / /
|      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
|     |ヽ、二⌒)、          \
                           ┏                                         ┓
                           ┃  だが、俺のチート能力が彼女たちと肉体関係を結ばせなかった   ┃
                           ┃  一種の代償行為というやつだが、俺は「性欲」を全て変換して    ┃
                           ┃  超人的な「戦士」としての能力を得ていたのだ。             ┃
                           ┗                                         ┛




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.


790◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:39:56.68 ID:2Bf+gHLa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                                          ____
                                         /    \
   ┏                                      ┓   /          !
   ┃  俺のチートスキル・・・                       ┃  |ノ ヽ、     |
   ┃  「性欲変換」と名付けたが、                     ┃   |) (●)    |
   ┃  ありとあらゆる戦闘に関わる能力が全て         ┃  (_人__)    /l‐-、
   ┃  達人級に跳ね上がるというまさにチートそのものだ。  ┃   l`⌒´   / |/:|
   ┗                                      ┛   ヽ __/-‐':::/!
                                          _>‐'::::-一'::::::::ヘ
                                         /_::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                                       /‐-、:::::::::ヽ、::::::::::::::::::::ヘ、
                 <二二>―/ヽ、           _/―::::::::::V:::::/::::::ー-:/:::ヘヽ、
                <二 ̄〈 ○/::::::::::`ー―――'`ー、-.'::::::::::::::::――∨:〉::::::::::::::/::::::::::∧:::`ー―――--、__
                 /_/\ `ー.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::_,-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\::::::::::::::::/:::::/!
                 `    \__!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-'´ヽ::::::V::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::`::::::::::::::::::|:/ ̄
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   / \:::::::::/ー- _/――――三三┘
                                       _// / \:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::―::::::::::`>
                                       l  / ノ     ̄\:::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::| ̄
                                     /´┌'´ ―--、_ ヽ:::::::::::::::::::::::::::|::::::::|
                                  ,.-‐'´  /   ヽ _    /|! ̄iー――--l:_:;!
                              , -‐'´     /  ヽ     ̄   .!|  |::::::::::::::::::::|
                             /  _, -‐―┐ V            ||  |::::::::::::::::::::|
                           ∠ -ァ'´::::::::/::::V  ∨            ', `┬―一i´
                             /:::::::::/::::::::::::∨  ヽ  "―――― .!  _|:::::::::::::!__
<三三三三三)))ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ;/:::::::::/:::::::::::::::::::::V   \ ̄ ̄ ̄ ̄   |/ZZL[l[l[l[l⊥!ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ7
                         /::::::::/::::::::::::::::::::::/ \_______/V
                        /::::::::/::::::::::::::::::::::/        \:::::::::::::::::::::ヘ
                      /::::::::/::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::::ヘ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.


791◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:40:34.78 ID:2Bf+gHLa



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                                    /∨
                                                  /二 .i}
                                                 /ニ二.'.∥
                                               /ニニ二/ /
                                              /ニニニ二/ /
                                            /ニニニニニ./ /
                                           /ニニニニニニ/ /
                       ==      _          /ニニニニニニニ/ /
    ≧s。             /    ヽ  >''゙ i{        >{ニニニニニニ二/ /
     \ .≧s。        _,,。{      .}ー.〈 ,,_i}       /,v i}ニニニニ二./ /
      i}  /ニニ≧s。  .//:::{ト、,,_, .、_,ィ' ト\i  `'<    //マ.ノニニニニニ/ /
      i}  /ニニニニ//、 / / .{:::::Y ''´ ''´ i::::}=.〉  /  //ヽ/./ニニニ二/ /
     / /ニニニニ//;;;;{二ゝム .乂 乂__i}、__ノノ:::/ノ、 ./ /.ヽヽ\{ i{ニニニニ/ /
     / /ニニニ/ ̄≧s。ミニニニヽi{_ゝ。__,。イノ ̄.i} |ヾ / /\ヽ./ニニニニ/ /
    ./ /ニニニ/ /ニニ二} / /'<i}=ニニ=./≧s。/ |/ ∥.∥\ソ /ニニ二./ /
   / /ニニニ/ /ニニ二// //ニニ≧、二/ニニ二/ ≧s。.i| i|   ./ニニ二./ /
  ./ /ニニニ/ /。,''ー-イ .//ニニニニニミ/ニニ二/  >'"´.》 __  .ヾニ二/ /  ┏                                             ┓
 . / /ニニニ/ /ニニミi,   .\、ニニニニ/ニニ二/ ./;;;;;;ノ三ゝ}.}    \ /  ┃ 俺の性欲は普通の思春期男子の100倍はあり               ┃
 / /ニニニ/ /ニニニ// ,ィ≧s。'<二/ニニ二/ ./ ∨イ,_,ィ'ミ)ヾ}.iv、ゝ。イ   ┃ クラスメイト全員をおかずにして1日20射精を達成した事もある    ┃
.∥∥ニニニ{ .i}ニ二// .//ニニニミi`</ニニ二/ ./  /≧、_,,。ノ'/ .`      ┃ まさに「オナニスト」と言っても過言ではない。                ┃
.i| i|ニニニ/i} Ⅷニ'./ .//ニニニニニi ./ニニ二/ ./ >'./  .〉、' /         ┃                                             ┃
.i| i|ニニ/./ \''´/ .//ニニニニニノ /ニニ二/ ./─‐''´>ニニニi 〕i、        ┃ 前立腺マッサージにも興味を持ち、                    ┃
..i| i|ニ/./  }ミi、__/ 乂ニニニイ /ニニニニ/ ./==≦ii、´`'''''''''''  i} ヽ        ┃ エネマグラでお尻開発も行っていたぐらいだ。               ┃
 `''<ノ  人   ̄ ̄::::::::::::::/ニニ二//::::/ ̄ ̄ゝ=======ゝ ∨     ┃                                             ┃
     >'´  ≧s。 :::::::::::/ニ二.//:::::/::{:::::::          ノ〉、    ┃ それでいて、織莉子のチートスキルである                     ┃
    i}、 .\    `i} :::::/>'´>'´====>{::::::::::     ┌'''"´  ))、   ┃ 「道具作成」により様々な強化された                      ┃
    ソ `'<`<   {ゞ´ミ>'´        `"''<:::::::::::: i}   >´ ノi}  ┃ 完全装備を施された俺はこの1ヶ月で                      ┃
    マ;;;マ,,_ ≧s。ヾ。                 ̄ ̄/>''´>''´,。ノ<┃ 世界でも数人しか居ないという「Sクラス」の冒険者になっていた。  ┃
     i}'<;;;;;;;;;;;/   ヽi}                 ≧s。,,_ノゞ'´ ∨ ┗                                             ┛
     ∨∨ ̄ヽ     {                    }i´ .∨ミi, .∨ミi∨
      `"'<乂}i,    .',                    ∧  ∨ミi .ヾミi.∨
         \ヾミ、   i}                    ∧、 ヾミi  ヾi ∨
           ∨ ∨  i|                      \      .∨





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.


792◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:41:13.91 ID:2Bf+gHLa



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)             でも、実質ハーレムパーティで皆からアピールもされているのに
  |    ノi  !   | }              俺の息子は全く反応しないだろ・・・!
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }                    性欲が全く無い分、資料集め等がスムーズに進むのが逆に悔しい・・!
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





    ______
.  / 、_ l │_|__|
  |   k j  |(__ヽ\
  |  (__ノ_,ノ__ノ  〉 \            だがな・・・!やる夫・・・・
  |   ノ´  `ヽ/)゚o |                お前も似たような状態なんだろ?
 !       /(__)  |
  ヽ    /` ⌒´  |                俺達はズッ友だ!
   i    {      ノ             アイツも俺みたいに性欲が制限されたりして
   ‘,  \    /             元の世界で一緒に童貞卒業しような!
    \       \
.       \      | i           ┏                               ┓
        |       | |             ┃  後に知る事になるが                    ┃
                             ┃  やる夫が現実世界では通報案件になる      ┃
                             ┃  子供を孕ませたと聞いた時は               ┃
                             ┃  殺意しか抱かなかった事だけは記述しておく。  ┃
                             ┗                               ┛




.


793◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:41:42.10 ID:2Bf+gHLa



                _
               ,. :≪__゚:,
          / ≫'"/ /;;;;;;;゚:,
         / ィッ 〉-- .〈_;;;;;;;;;::',__
         / 、 〈;;;/ /`*。 f" /:::::::::/ フ¨゙:,
.         〃  \゚:,斗‐ァ:、i! /⌒'ー' "` :、 リs。
       〃` :。,  ノ! 〃ヽ}ノ   ゚:,    `:., ̄ 》
        〃    .>’ .,:’  , -;    ト、 、   ヽ/
.      〃   {.ィ ¨"  ! /_l    l !-゚:, :}    ゚:,
       /     :}_!     !"i__{ .斗',.斗=:、! l   ト、}
      ;!    ムイ  l  lャi"::::i!∨   l::c! i! :! / ii!              やらない夫ー
.      {!    `ー!  :,  !.ヽ:ェリ    ` " '’!/!ノ
.      ヽ._     ! l ゚:, ヽ.    __, ’ ..ィ  ト、                     ちょっと話があるんだけど・・
       ¨:、  .ノ ! λ  \ ─ 匕__ ゚:,  ゚:,                  ああ・・・今は取り込み中だった?
         / リ   フ  /`ーァ-:《ー --ム._,ノ≧s。
        / /  /ヽr'  / :ト、_ノ ヽ 〃     `ヽ.
     `ー -''"   >‐fヽ.  ∧ .リ!  ゚:, く:v’ヽ _    :} ゚:,
    / .>'’_,ノ/    ゚:,/  v l `" ヽ`*, 、   >ュ .〃
   / ./ ./ / く /       ./」;!    : ゚:,vvv'"、  ヽ.    ┏                                             ┓
.  〈    V  /  /`vvvvvvvvv’ /    }._/  i!ノ! }`ー:,‐-    ┃  実の所、俺のチートスキルは織莉子しか知らない。           ┃
   ゚:,      ト、 ;! ヽ  i!   \"`ー─ '’ :}  i! l/  ‘:,     ┃  他の皆はあの手この手で俺を篭絡させようとしているが         ┃
   L、     ヽ!  )ノvヽ    ≫:、‐一' i" ̄`ト、     ζ     ┃  織莉子は俺の違和感に直ぐ気付き、問い詰められて答えた訳だ。 ┃
     L、      ,. :<. ` :。.〃  :>、_.リ-s。. i!::::》、 ζ     ┃                                             ┃
        L、   /i!   /  \  /  ヽ. ,.斗i!::/  ㍉      ┃  最初に話した時は中々信じて貰えなかったが             ┃
.        L、/::::::i!   /      `ト、   i!",ノ:::〃     %、    ┗                                             ┛
       /  l:::::::!           ¨ ヽ゚:,リ::::::::〃    %  ゚:,
      ,:’    ゚:,:::::,          ,. :≪::::〃    %   ゚:,
     〃     ゚:,::// ̄ ̄ /_,. :≪:::::>''’ ゚vv:'’      .%ヽ
      / L、    //    /:::::::::::::>''’     ゚:,     .%  ゚:,




.


794◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:42:02.75 ID:2Bf+gHLa



              / ̄ ̄ \
          _ノ  ヽ、_   \
          (●)(● )   |              見苦しい姿を見せてスマン
          (__人_)     |
          '、`⌒ ´   U |                   別に今は大丈夫だ
           |          |
           |        {
           ヽr`ー- -=´ <
        /⌒'' ー─,,    \
        /          ィ }
       ノ   /       | |
    /   `ヽ i:        | |
   (__.ィ´ヽ,ム、〉i        | |
      / ゝ/ / 7-、
    ヽ/ / / /'Y





                     r─ ─── -  _
                    L ___ __        _
                   「ニニニニニ「 ̄「\ _   \
                       |ニニニニ=-∧ ∨ / 〉、__ \
                       |ニニニニニ=-', ∨ /ニニ7  _\
                       |ニニニニニ=- 〉   〈ニニ〈  (i:i:) 〉
                 人-=ニニニ=-//\ \ニ〉 _V∧
                rくニニニ=-rく ⌒ニ\-=\ V /⌒V∧
                {.:.:.⌒ア¨¨人 __ /ニv \-=∨ /-=ニV∧
               八.:./   . トwW㍉V : : > Vニニ/ ∨∧
             __--=ァ⌒ / /  . {/''゙゙"゙} }L:/  ⌒V   V/,          それなら良いんだけど・・・
            _}_//  '  . : /イ . : {   ノ八人   ニ=-- _   v/,
             〈  /ィ :  : /. :{. : :八  {(  }:. .\        \ V/,           えっと、私達が冒険者として功績をあげた結果
           \ 八 i  i/ . :八: .{ ) `ー- 八: .}: .\__/  ̄\〉 }/,           色々な情報屋に顔が利くようになって・・・
             ⌒¨7{  {. :./ノ ヽ:.  ィぅ灯ぇⅥ . : . }八ニ==‐┘//}
                  / {八{Vィぅ㍉ )}   Vツ ノ . :} 人: .\⌒ V ⌒ヽ         今回、気になる情報が幾つか入ってきて
            ( __ノ: 八  八 Vリ,     ⌒7 . . }、⌒\⌒ ノ// }        報告しようと思って
               ⌒¨ア/. :.\{ 圦        u .イ . : .} \  }\(  / 八
                / / . : : ' :/:个: . ^   イ:/ . :/ 八: .) 八 )\(⌒
         --=/. : :' . : :/ / . 八: 「⌒「⌒ '  . :' /⌒ニ=─ ┐\丶
     '   __ / . : .{ /  /. :/: :/⌒Y^Y  { /)'     、   }、: . \\
    //⌒ア  . : :八( 「ニ=-⌒/  人人 八(     /⌒V八 \: . \\_
     {(   /  --= ⌒. 人 /-=ニ/:/「 . :\ \    {   ⌒V⌒\ . : ⌒\
.     乂  , /. :' . :/. :/ /ニ=-/ /. :|  . : 「⌒)    人     }: :} ⌒\   丶
       {( . :{. :.//「⌒  rく   , . :.|  . :人 ( __ /⌒、   :. :八   }  ' . : }
.      乂 八 乂:.人   /⌒\  . : i . く⌒\ \       {/: ハ  '  /. . : '
       //: ./ :/: /ニ=-{-=ニニ{  : 人 : . )-=ニ>、 \   \ V . : :∨ /. . : /
      / , . //. . :/. /八-=ニニ\(⌒0「-=ニニニ人⌒\  \〉. . .人 (⌒¨´
.   /   {:./  . . .//. /-=\-=ニニ>、-=乂ニニニイニ八 _ノ丶   \ : . \
.  /    V  . ./. . . '-=ニニ{>-- ⌒  _}__ イ-=/.: ∧⌒L_\ __}\. . \
./     /  . /. . . . 人-=ニ「}-=ニニニニ「」ニニ=-イ.: /.: ハ    丶 . . . }. . . . .}



.


795◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:42:28.65 ID:2Bf+gHLa



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |                   気になる事?
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ





              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|             要するに他のクラスメイトの動向が
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l                 この1ヶ月である程度掴めてきたの
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\          ギレン君を含む他のクラスメイトの一部もね
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ



.


796◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:43:09.31 ID:2Bf+gHLa



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)                おっ・・・冒険稼業を頑張った甲斐があったな!
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ                   それでギレンはともかく他のクラスメイト達はどうなってるんだ?
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |





                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′        ・・・・私の主観が入ってるから
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l            そこまで真剣に聞かないで欲しいんだけど・・・
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  -   ̄ ,7  / |   ヽ、 | |            ┏                            ┓
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||          ┃ 織莉子は何処か言いづらそうな・・     ┃
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\        ┃ だが、伝えなくては行けないと感じさせる  ┃
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、     ┃ 決意のような物を考えてるように見えた。 ┃
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \      ┃ 俺はこれから先ずっと後悔する事になる。 ┃
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、  ┃ 彼女の話にもっと真剣に聞いて        ┃
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \ ┃ 今後に取り組んで行けば良かったと・・・  ┃
      /       {{ /   / -´/  / |        / !             ┗                            ┛




.


797◆Qkf15dT8KjJ62023/04/13(木) 22:43:33.61 ID:2Bf+gHLa





            /      /        /|/‐=========
         /                     /     ‐=======
 、     -/         \        /        ‐=====
  \/ ̄ ̄                  /   ∨       ‐====
           /     jI斗-──<       ∨     ‐===
/ /      /     /                 ∨       ‐= /
         /   /        \         |∨.     i=/
      -=  /           |i       }|. ∨ ¦ |/
    -===|/│         /  |lハ     }|―|| |-| │
   -=====\ |      / //∧|:::::||  / 八-jI斗 | │
  -=========>   ___ //イ::::リ:::::| l  , //::才´::7   |
   ____jI斗匕       /:``≧ー、::::::|  ///:::f/仞/   /
 ̄   / /       イ:::::::jI斗r扞ミ:::|//イ:::::::逆i!'   人〈          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
.斗--/ イ      /  |::爪///{i!/}:::::::j,:::::::::::{:::::::厶イ  个=--     |    この世界は・・・
‐‐‐‐| /‐|      /  抓::::∨//≧'::::::/:::::::   ',  │   l.|‐‐‐     |    私達「転移者」の手によって滅ぶかもしれない
‐‐‐‐|[‐‐|  /  / l │ \:: ̄::::::::       /   从   从‐‐‐     ヽ____________________ 乂_
‐‐‐‐|[‐‐|       乂__、               _、 |[/‐‐‐‐‐
‐‐‐‐| ‐乂_      `ヽ    u   -  一  ‐‐ヽ|‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐==`ヽ      |\            ‐=\‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=====    |__、≧ .,_   .イ=====〉‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐====| /  /==\ 三三千‐==== /‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐===|   /===/===========/=/‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐






   他のクラスメイト編に続く




.


798隔壁内の名無しさん2023/04/13(木) 22:43:39.84 ID:83OflU8f
ある意味でやる夫と対極だなw


799隔壁内の名無しさん2023/04/13(木) 23:01:26.77 ID:83OflU8f
乙でした


800隔壁内の名無しさん2023/04/13(木) 23:16:09.68 ID:ZofvInaG
乙。というか誘惑されてる分変換される性欲が増しててさらにパワーアップしてそう


801隔壁内の名無しさん2023/04/13(木) 23:30:35.42 ID:nTPF2bk3

クラスメイト全員ということは男も?


802隔壁内の名無しさん2023/04/13(木) 23:54:17.21 ID:I3S3CbLB
乙でした。やる夫、きりたんを妊娠させたのか……いやイレイナか? 両方かもな


803隔壁内の名無しさん2023/04/14(金) 08:17:05.75 ID:ARlDwsv8
乙。
こころと翠星石ともしてそう
合流したら愛歌達も相手されてなくて可哀想だしやる夫が応えてあげてほしい


804隔壁内の名無しさん2023/04/15(土) 01:58:20.97 ID:PRUX3nxv

高校生でエネマグラ開発はやばすぎるだろwww


805隔壁内の名無しさん2023/04/16(日) 13:59:29.86 ID:cgXZbvLt
ライナーのマジカルチンポが地球人にも効けばな……



806隔壁内の名無しさん2023/04/16(日) 14:00:48.24 ID:VFMzNbiL
やる夫が抱いても、きりたんみたいなぶっ壊れにはならないんだろうな


807隔壁内の名無しさん2023/04/17(月) 07:35:05.02 ID:P4E8c2aK
>>803
聖羅だけ仲間はずれじゃないか
全員抱いてあげなきゃ


808◆Qkf15dT8KjJ62023/04/17(月) 22:30:11.76 ID:5/UMjx1W
コメントありがとうございます

>>798
やる夫チームが外道なので
良識を持たせる方向にしました

>>800
ここらへんもう少し説明を入れるとは思いますが
元々エロい事に興味津々なのでそれも強制的に変換されます
やらない夫は気付いていませんが、資料集め等
戦闘以外の事でも変換により力が発揮されています

>>801
第1話で描写した男子生徒は全員出ます(女子生徒も)
ただ、一部安価のキャラはAAの都合上等でボツになったキャラもいるので
登場しない人物が一部出るのでご了承下さい。

>>802
きりたんは妊娠してます
イレイナはノーコメント

>>803
翠星石はやる夫スレ老人会の会員の都合上
嫌というほどやる夫との絡みを見てるので
友情は成立しても性的な関係は微妙かもしれません
1ヶ月の時点ではやる夫と関係は結んでいません

こころは異世界に来る前から好意をぶつけてるので
可能性はありますが現時点ではまだ手を出してません。

>>804
それだけやらない夫は性欲に貪欲だったということで
お陰でチート能力との相性は抜群です(それが彼を苦しめていますが)

>>807
エロシーンを上手く描写出来る作者さんが羨ましい


次回は各クラスメイトルートを行い、
次次回は再びやる夫ルートに戻ります。





メスイキぷにっとエネマ[100mm]

2,365円




フィギュアエミリア アイドルVer 「Re:ゼロから始める異世界生活」 SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE 1/7 PVC製塗装済み完成品 アベマショッピング&eStream Store限定



Related Entries

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL https://touhouyaruosure.com/tb.php/15168-5f7ff569

Preventry  Nextentry Allarchives

東方やる夫スレ纏め&胡蝶のやる夫 ( https://touhouyaruosure.com/ ) by 人間の里の住民